Safari 12.0.1 (High Sierra) ソフトウェア情報交換

winXmacソフトウェアコミュニティ Mac ブラウザ Apple Inc Freeware Rate 80

Safari for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Safari 12.0.1 (High Sierra)

Mac に最適なブラウザは、Mac に付属のブラウザです。 Safari for Mac は、他のブラウザよりも高速でエネルギー効率が高いため、サイトのレスポンスが向上し、ノートパソコンのバッテリの充電時間が長くなります。内蔵されたプライバシー機能はこれまで以上に強力です。 iCloud と連携して、すべてのデバイスでシームレスにブラウズできるようにします。そしてあなたのお気に入りを見つけて共有する素晴らしい方法を提供します。すべての機能を統合し、他のブラウザは豊富な Web エクスペリエンスを提供していません。お使いの Mac 用の Safari の最新バージョンを入手してください!

バッテリーの寿命が長く、パフォーマンスが向上します
驚くほど速い JavaScript エンジンと省エネルギー技術により、Safari は Web.

をより早く、楽しく探検することができます。もっと見る
Safari は Mac 用に特別に設計されているので、すべての機能に組み込まれている強力なテクノロジーを利用しています。 Safari は現在、Netflix のネイティブサポートを提供しています。 Chrome や Firefox と比較すると、最大 2 時間のブラウジングが可能で、Netflix の動画を最大 3 時間長く見ることができます.

オンラインプライバシーとセキュリティの定義
プライバシーとセキュリティは、あなたが望むべきものではありません。彼らはあなたが期待すべき何かを再現します。そのため、あなたのプライバシーを保護し、Mac を安全に保つための機能が Safari に組み込まれているのはなぜですか?たとえば、DuckDuckGo を提供する唯一のブラウザです。— あなたを追跡していない検索エンジン。組み込みのオプションとして.

はすべてのデバイスにシームレスに収められています
Safari はすべての Mac に搭載されているだけでなく、すべての iPhone、iPad、iPod touch に搭載されています。 iCloud のおかげで、使用しているデバイスに関係なく、パスワード、ブックマーク、履歴、タブ、および読書リストは常に最新のものになります.

スポットライトの提案
Spotlight はすべての Mac に組み込まれています。スマートサーチフィールドに入力すると、Spotlight の提案には、Wikipedia、ニュースサイト、マップ、iTunes、ムービーリストなどのソースからの結果が表示されます.

Share menu
Safari を離れることなくウェブ上で何かを共有できます。 [共有] ボタンをクリックし、送信する方法を選択するだけです。メール、メッセージ、または AirDrop を使用します。 Facebook への投稿や投稿。さらに、コメントや場所を追加することもできます。シングルサインオンは Facebook や Twitter への共有を設定するので、一度ログインするだけで済みます。ダウンロード、インストール、アップデート Safari for Mac!

Shared Links
共有リンクは、ウェブ上で何が起きているかを確認する最も良い方法です。あなたが Twitter や LinkedIn でフォローしている人々からのリンクを見ることができる、Safari のサイドバーで、新しい、奇妙な、または涼しい何かを読む気分になったら、共有リンクを開きます。 1 つのストーリーから次のストーリーまでスムーズにスクロールすることができます。クリックは不要です.

Reader
読みやすいように最適化されたレイアウトでニュース記事や記事を表示します。 Reader は広告や他のアイテムに気を取られることなくテキストに集中できます.

Developers
Safari は、業界をリードするオープンソースのレンダリングエンジンである WebKit をベースに構築されています。 Web Inspector のような強力なビルトインツールが含まれており、開発者は高度な Web アプリケーションを作成できます。そして、Web 上でイノベーションを可能にするテクノロジーを引き続きサポートしていきます.

Extensions
Safari 拡張機能は、Safari に新しい機能をもたらす素晴らしい方法です。お気に入りの extensions.

注:64 ビットプロセッサが必要です.

Also Available:Safari for Windows

をダウンロードしてください

ファイルのバージョン Safari 12.0.1 (High Sierra)
ファイル名 Safari12.0.1HighSierraAuto.pkg
ファイルサイズ 77.13 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 11.0 Sierra
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Apple Inc
更新日 http://www.apple.com/safari/
更新時間 2018-11-17
ログを更新する

What's new in this version:

Web Animations:
- Implemented getTiming() and updateTiming()
- Implemented Animation.updatePlaybackRate()
- Changed to not reset pending tasks when setting a null effect
- Made document.getAnimations() return declarative animations in the correct order
- Updated the API to allow the auto composite value
- Updated the Web Animations API to remove all of the ReadOnly interfaces

Intersection Observer:
- Added support to allow cross-document intersection observing
- Fixed isIntersecting computation when 0 is not a threshold
- Updated to account for CSS zoom when computing client rects

CSS:
- Added CSS Custom Properties API Support for syntax="*" and with proper cycle handling
- Fixed container to update when the prefers-color-scheme media query changes
- Fixed CSS grid elements with justify-content:space-around that have extra whitespace
- Implemented text-underline-offset and text-decoration-thickness

WebRTC:
- Added support for sender and receiver getCapabilities
- Added onremovetrack support for RTCPeerConnection removed tracks
- Changed MediaRecorder to fire dataavailable event when all tracks are ended and stop() is called
- Fixed calling sender.replaceTrack() twice producing a new transceiver and its corresponding m= section
- Fixed sender.replaceTrack() fails with InvalidStateError if the transceiver.direction is “inactive”
- Fixed RTCTrackEvent.streams should be SameObject
- Updated to prevent revealing device IDs until the user has granted permission to capture
- Updated enumerateDevices to not expose devices that are not available to getUserMedia
- Updated to prevent prompting the user again after denying a getDisplayMedia request

Rendering:
- Fixed requestAnimationFrame causing bad location of position:fixed inside overflow:auto and iframe
- Fixed overlays with -webkit-overflow-scrolling:touch to become scrollable after added text makes it taller

Web Inspector:
- Added low-power video playback enter and exit events in Timelines and Network waterfalls
- Added support to show save and restore stack for recorded 2D Canvases
- Added missing context menu items for links in the Styles sidebar
- Added support to toggle selected properties by pressing Space or ⌘/ (Command-/) in the Styles sidebar
- Added support for multiple selection and multiple deletion of cookie records
- Created a setting for auto-recording newly created contexts in the Canvas tab
- Implemented copying and deletion of multiple properties in the Styles sidebar
- Updated to capture changes to (i.e., canvas size) that would affect the recorded context in the Canvas tab

Storage:
- Added a storage limit for IndexedDB
- Changed IndexedDB to allow storing RTCCertificate

Media:
- Fixed MediaSource.isTypeSupported('video/mp4; codecs="hvc1.1.6.L60.B0') getting improperly rejected

Payment Request:
- Changed the errorFields of PaymentResponse.retry() to be optional

Security UI:
- Added a warning in the Smart Search field when loading non-secure pages

ファイルのダウンロード Download
  • Safari for Mac Screenshot 1Safari for Mac Screenshot 2Safari for Mac Screenshot 3Safari for Mac Screenshot 4