SecuritySpy for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Plex Media Server 1.15.6.1079

SecuritySpy for Mac は、小規模または中規模の家庭またはオフィスの設置を計画しているか、または大規模なプロフェッショナルシステムを計画しているかを問わず、効果的なビデオ監視システムを迅速にセットアップできる NVR ソフトウェア(ネットワークビデオレコーディングソフトウェア)です。 Mac 用のマルチカメラ CCTV ソフトウェア!

SecuritySpy は、複数のカメラから連続的に、または動き検出、オーディオレベル検出、または外部トリガに対応してキャプチャできます。モーション検知時に電話や電子メールに通知を送信することができ、そのリモート監視機能により、世界中のどこからでもインターネットを介してシステムを表示および管理することができます.

ハードウェアアクセラレーションによるビデオ処理、マルチスレッドおよびその他の最適化、SecuritySpy Mac のパワーを最大限に活用し、多数のカメラで高性能を提供することができます。

ネットワークカメラを使用してビデオ監視システムをゼロから構築する場合は、ニーズに合わせて適切なハードウェアを選択することができます。既存のシステムでアナログカメラを使用している場合、SecuritySpy を使用すると、既存のカメラとケーブルを残したまま、デジタルシステムにアップグレードすることができます.

SecuritySpy for Mac 特長:

複数のカメラからの表示とキャプチャを同時に行うことができます
SecuritySpy は、たとえば、Mac Pro は 76 のカメラを 1 MP の解像度と 8 フレームのフレームレートで処理できます.

Continuous Capture、Motion Capture、Actions
フレキシブルな録画オプションと通知(電子メール、アラーム、Apple プッシュ通知)は、

遠隔監視用の Web サーバーを内蔵
ローカルネットワークまたはインターネットを介して SecuritySpy システムを表示します。ワンタッチで簡単に setup.

iPhone、iPad、Apple TV など、標準の HTTP とセキュアな HTTPS がサポートされています。app
SecuritySpy には、自分の iOS / tvOS アプリケーションがあり、どこからでもすべてのデバイスでカメラを簡単に見ることができます.

Pan / Tilt / Zoom (PTZ)のサポート
SecuritySpy.

からのカメラの直接制御ハードウェアアクセラレーションによる強力なリアルタイム圧縮
SecuritySpy は、キャプチャされた映像を効率的に格納するための業界標準のビデオおよびオーディオ圧縮コーデック(JPEG、MPEG-4、H.264、AAC)をすべてサポートします。 SecuritySpy は、圧縮自体を実行するか、圧縮されたデータを直接使用して、コンピュータではなくカメラがすべての作業を行い、最高のパフォーマンスと品質を実現します.

Secure FTP アップロード機能
SecuritySpy は、キャプチャしたすべての映像をリモートサーバーオフサイトのストレージを確保するために使用します.

ONVIF サポート
ONVIF は、IP ベースのセキュリティ製品のオープンな業界標準であり、互換性のあるデバイスの容易な統合を可能にします。 ONVIF をサポートしている IP カメラは、SecuritySpy.

注:30 日間のトライアル版で動作します。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン Plex Media Server 1.15.6.1079
ファイル名 PlexMediaServer-1.15.6.1079-78232c603-x86_64.dmg
ファイルサイズ 64.4 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.7 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Ben Software Ltd
更新日 暫無資訊
更新時間 2019-05-30
ログを更新する

What's new in this version:

- Shield: Please note that the creation of new “Premium Music” libraries on the SHIELD is currently unsupported and all existing Premium Music libraries will gracefully fall back to using standard library matching. Improvements are actively being worked on and are coming soon (within the next few months at the latest)

Fixes:
- (Database) Scheduled database backup job could cause a crash
- (Hubs) Invalidate cached hubs when watch state or library preferences are updated
- (Music) Don’t try to run loudness analysis on non-local files
- Certain clients (third party Samsung and OpenPHT) would fail to resume video
- The server could crash when interacting with a video item with no audio streams

ファイルのダウンロード Download