Shimo for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Shimo 4.1.5.1

Shimo for Mac は、Mac 用の#1 VPN クライアントです。すべての人のために。 Shimo は最新のセキュリティ技術をベースにしています。 Shimo を使用してネットワーク接続を確立する際には、お客様のプライバシーとデータのセキュリティが保護されます。セキュリティ標準については妥協することはありません.

Shimo は AES-256 などの暗号化技術を提供しており、政府機関、グローバル企業、軍によって認定されています。しかし、暗号化はその弱いリンクと同じくらい強いです。結果として、私たちのハッシュアルゴリズムには最新の暗号ハッシュ関数である SHA- 2 が含まれています。さらに、Diffie-Hellman(D-H)方式を使用すると、安全でないパブリックチャネルでの安全な暗号鍵交換が有効になります.

同様に、パスワードはシステムにセキュリティを導入するのに十分ではありません。 RSA SecurID などの証明書またはワンタイムパスコードトークンが必要な接続の場合、Mac 用 VPN クライアントは、XAUTH(Extended Authentication(拡張認証))を介して必要なツールセットを提供します.

VPN 接続を完全に制御するための追加ウィンドウは必要ありません。 Shimo for Mac は、OS X のメニューバーから簡単にアクセスできます:VPN 接続の接続と切断、統計情報とアカウンティング情報へのアクセス、または接続されたアカウントのセキュリティで保護された IP アドレスの通知

ユーザエクスペリエンスは、当社の製品設計哲学の中核価値の 1 つです。したがって、複雑な設定ダイアログやほとんどわかりにくい設定はありません。下関; Mac 用の最も洗練された VPN クライアント。シンプルで簡単な方法でアクセスと制御を行うことができます.

Shimo は、広く利用されている CiscoVPN、非常に安全な OpenVPN およびすべての標準準拠の IPSec 接続をサポートしています。また、ポイントツーポイントトンネリング(PPTP VPN)およびレイヤ 2 トンネリング(L2TP)プロトコルも処理します。シスコの新しい Secure Socket Layer(SSL)プロトコルでさえ、AnyConnect は Shimo によってサポートされています。 Mac 用の最も柔軟な VPN クライアントです。 Shimo では、セキュアな Web ブラウジングのためのポートフォワーディングなど、暗号化された Secure Shell(SSH)接続を確立することもできます.

このさまざまなプロトコルをサポートする他の VPN クライアントはありません。安全な接続にオールインワンのソリューションをご希望の場合は、下関を選択してください。この機能は、異なるタイプの接続を処理する必要がある場合だけでなく、システム管理者が使用しているプロトコルをアップグレードまたは変更する場合に役立ちます。下関では、いつでも準備ができていて、準備ができています.

シモでは、一度に 1 つの VPN 接続に制限されません。複数の VPN エンドポイントに同時に接続できます。したがって、下関はパワーユーザーやコンサルタントのお気に入りです。 Shimo を使って複雑なネットワークを簡単に管理できます。 Mac 版ナンバーワン VPN クライアント。さまざまなプロトコルを使用して複数の接続を設定することが可能であるためです。 Shimo は、アカウント検索やグループ化などの機能を提供し、多数の VPN アカウントを同時に簡単に処理して整理します.

Shimo for Mac 特長:
最高のセキュリティ標準最適化されたユーザーエクスペリエンス VPN プロトコルの多数 OpenVPN、IPSec、PPTP、SSL 、AnyConnect、SSH 同時接続自動接続 2 要素認証統計情報とアカウンティングエクスポートと展開 OS X Yosemite / El Capitan macOS 用 Sierra 注:30 日間試用版。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン Shimo 4.1.5.1
ファイル名 Shimo_4.1.5.1_8837.zip
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Feingeist Software GmbH
更新日 https://www.shimovpn.com/
更新時間 2017-01-11
ログを更新する

What's new in this version:

Shimo 4.1.5.1 Build 8837
- Allow to include license information in deployment package
- Updated OpenVPN to version 2.4.0
- Fix file permission for referenced shell script
- Fix display of license activation window
- Minor improvements to OpenVPN reconnection mechanism
- Fix bug in importing of accounts with referenced files

Shimo 4.1.4.2 Build 8819
- Fixed some PPTP connection types.

Shimo 4.1.4.1 Build 8818
- Hotfix for PPTP connections

Shimo 4.1.4 Build 8814
- Do not reconnect on failure for IPSec
- Fixed storage of L2TP pre-shared key in keychain
- Fixed routing configuration for OpenVPN
- Be less restrictive with PPTP authentication protocols
- Do not fail immediately on authentication errors for SSL connections
- Improved check for availability of tun/tap kernel extension
- Always copy to global Applications directory
- Use correct vault path for AnyConnect files
- Make PPTP connections 'persist' (auto-reconnect)

Shimo 4.1.3 Build 8800
- Include auxiliary files in exported profiles
- Show warning for invalid routes
- Fixes for deployment packages
- Fixed filtering of connection history

Shimo 4.1.2 Build 8433
- Fixed OpenVPN custom routing
- Fixed AnyConnect crash

Shimo 4.1.1 Build 8418
- Allow to export security credentials without master password
- Check whether authentication is possible before connection is initiated
- Replaced recommended VPN provider VyprVPN with tigerVPN
- Fixed execution of script files that are stored in Shimo's vault
- Improved networking scripts including DNS handling
- Fixed DNS configuration for PPTP/L2TP accounts
- Fixed OpenVPN networking script

Shimo 4.1 Build 8209
- Allow per-account IPSec phase 2 configurations
- Improved identification handling for IPSec accounts
- Improved importing/exporting of accounts
- Added manual routing to IPSec accounts
- Allow to configure DNS handling for accounts
- Added more configuration options for IPSec accounts
- Updated Cisco Secure Desktop (CSD) script for AnyConnect
- Allow to disable connection to group accounts
- Extended deploy/export dialog: allow to specify read-only property
- Show account name in authentication dialog
- Added expert configuration interface for IPSec accounts
- Added OpenVPN 2.3.11
- Fixed routing for Cisco connections
- Fixed crash with AnyConnect accounts
- Fixed compatibility with tun/tap drivers of other clients
- Fixed WiFi trigger name in dialog
- Fixed monitoring of network configuration changes
- Improved reconnection behavior
- Allow to resize statistics window
- Fixed split routing for IPSec
- Correctly ask for XAUTH credentials for IPSec accounts

ファイルのダウンロード Download