Shotcut for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Shotcut 19.10.20

Shotcut は、Mac、Windows、Linux 用のフリーでオープンソースのクロスプラットフォームのビデオエディタです。主な機能には、さまざまなフォーマットのサポートが含まれます。ネイティブタイムライン編集を意味するインポートは必要ありません。入力とプレビューの監視のための Blackmagic Design のサポート。解像度を 4k までサポートします。 Shotcut for Mac の包括的なソフトウェアを使用してビデオを編集してください!

Wide Format Support
FFmpeg のおかげで何百ものオーディオおよびビデオフォーマットとコーデックをサポートしています。インポートは必要ありません。ネイティブ編集、プロジェクト内のマルチフォーマットのタイムライン、解像度、フレームレートを意味します。多くのビデオフォーマットでサポートされている正確なシークフレーム.

デバイスとトランスポートオプション
Blackmagic 入力とプレビューのモニタリング用の SDI と HDMI。スクリーン、ウェブカメラ、オーディオキャプチャネットワークストリーム再生。最大 4k までの解像度をサポートし、SDI、HDMI、ウェブカメラ、JACK& 詳細なメディアプロパティ、検索付きの最近のファイル、サムネイル表示付きの再生リスト、フィルタパネル、履歴ビュー、エンコードパネル、ジョブキュー、およびその他の機能を含む、複数のドッキング可能なパネルとドッキング解除可能なパネル。解凍されたサーバーとプレイリスト。ファイルマネージャからアセットのドラッグアンドドロップもサポートしています.

注:64 ビットプロセッサが必要です.

もご利用いただけます:ダウンロード Shotcut for Windows

ファイルのバージョン Shotcut 19.10.20
ファイル名 shotcut-macos-signed-191020.dmg
ファイルサイズ 79.4 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Meltytech, LLC.
更新日 https://www.shotcut.org/
更新時間 2019-10-20
ログを更新する

What's new in this version:

Fixes:
- Fixed Open Other > Audio/Video Device capture (broken in v19.09)
- Fixed a crash in Timeline when you Lift the first clip in a track (broken in v19.09)
- Fixed automatic configuration of VA-API for Export > Use hardware encoder (broken in v19.09)
- Fixed Blend Mode filter affects other clips on the track (if the track Properties > Blend mode was not changed)
- Fixed adding keyframes to some video filters into area after extending the clip: Text: Simple, Rotate and Scale, Size and Position
- Fixed color picker not automatically changing alpha from 0 to 255
- Fixed a restarted job reports stopped when completed successfully
- Fixed HTML file names with extended UTF-8 chars on Linux
- Fixed Timeline audio waveform after changing Properties > Audio > Track
- Fixed a crash opening a project that includes itself by making a self-repair on open
- Fixed saving the length property in MLT XML as a time value independent of frame rate
- Fixed changing Video Mode of an opened project breaks timing of edits
- Fixed Timeline ruler not synchronized with the tracks' scroll after resizing panel or window
- Fixed Timeline > Undo after splitting the second clip of a transition corrupts the timeline

Changes:
- Use the main video stream by default when there is an embedded album/poster/thumbnail
- Minor improvements to the ProRes Export preset
- Improved performance of some video filters when using parallel processing: Blur: Exponential, Gaussian, Low Pass, Glow, Mask: Simple Shape, Reduce Noise: HQDN3D, Sharpen
- Improved performance of track blending in areas with transparency
- Reduced the free disk space check to 25 GB
- Opening Matroska files containing HuffYUV or Ut Video is much faster
- Timeline waveforms are dimmed instead of hidden when track is muted
- Changed RGB video clip Properties > Color range to Full and disabled
- Changed Properties > Reverse and Convert to Edit-friendly best option (MKV) to use PCM for audio
- Changed the Export > lossless > Ut Video preset to the matroska format
- The signed macOS app is now notarized

New:
Added new video Filters:
- Choppy
- Nervous (a random selection of previous and current frame)
- No Sync
- Trails
- Vertigo

Added Keyframes toolbar buttons and keyboard shortcuts for filter-trimming and simple keyframes:
- [ = set the filter start
- ] = set the filter end
- { = set the first simple keyframe
- } = set the second simple keyframe
- Alt+[ = seek previous simple keyframe
- Alt+] = seek next simple keyframe

Added keyboard shortcuts for Filters:
- F = open the Filters panel and filter chooser. (At this point search has focus and the first filter is selected...)
- Up/Down - select the previous or next filter in the list
- Enter = add the selected filter to the list
- Shift+F = remove the selected filter from the list
- Added Thai translation

ファイルのダウンロード Download