Shotcut for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Shotcut 18.07

Shotcut は、Mac、Windows、Linux 用のフリーでオープンソースのクロスプラットフォームのビデオエディタです。主な機能には、さまざまなフォーマットのサポートが含まれます。ネイティブタイムライン編集を意味するインポートは必要ありません。入力とプレビューの監視のための Blackmagic Design のサポート。解像度を 4k までサポートします。 Shotcut for Mac の包括的なソフトウェアを使用してビデオを編集してください!

Wide Format Support
FFmpeg のおかげで何百ものオーディオおよびビデオフォーマットとコーデックをサポートしています。インポートは必要ありません。ネイティブ編集、プロジェクト内のマルチフォーマットのタイムライン、解像度、フレームレートを意味します。多くのビデオフォーマットでサポートされている正確なシークフレーム.

デバイスとトランスポートオプション
Blackmagic 入力とプレビューのモニタリング用の SDI と HDMI。スクリーン、ウェブカメラ、オーディオキャプチャネットワークストリーム再生。最大 4k までの解像度をサポートし、SDI、HDMI、ウェブカメラ、JACK& 詳細なメディアプロパティ、検索付きの最近のファイル、サムネイル表示付きの再生リスト、フィルタパネル、履歴ビュー、エンコードパネル、ジョブキュー、およびその他の機能を含む、複数のドッキング可能なパネルとドッキング解除可能なパネル。解凍されたサーバーとプレイリスト。ファイルマネージャからアセットのドラッグアンドドロップもサポートしています.

注:64 ビットプロセッサが必要です.

もご利用いただけます:ダウンロード Shotcut for Windows

ファイルのバージョン Shotcut 18.07
ファイル名 shotcut-macos-x86_64-180702.dmg
ファイルサイズ 64.3 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Meltytech, LLC.
更新日 https://www.shotcut.org/
更新時間 2018-07-02
ログを更新する

What's new in this version:

- Numerous fixes as usual
- Changed shortcut for Add Video Track to Ctrl+I.
- Changed shortcut for Redo to Ctrl+Y on Windows.
- Added 10% to the player zoom menu.
- Hide the VUI (video user interface) when the play head is not over the clip with the current filter.
- Renamed the Rotate filter to Rotate and Scale.
- Keyframes are now saved in the project file using time clock values instead of frame numbers to make them adaptive to frame rate.
- Reverted memory manager change from v18.05 pending further testing to improve stability.
- Added advanced keyframes to the Size and Position filter.
- Added simple and advanced keyframes to the following video filters:
Rotate and Scale
Text
Glow*
Contrast*
Sharpen*
Vignette*
* = including the (still experimental) GPU filter
- Added Copy Timeline to Source to Timeline menu
- Changed the audio codec to AC-3 for the edit-friendly and reverse MP4 file format
- Changed J and K key behavior to change speed up or down before changing direction
- Added categories to the Export presets (custom presets can start their name with "category)" to use a category)
- Added View > Layout menu for custom and stock layouts:
Timeline Project
Playlist Project
Clip-only Project
Player
- Changed the default, first-time user UI layout to Timeline Project
- Changed Properties > menu > Reverse... to work on a trimmed clip from either Source or Timeline
- Added Properties menu items to the context menus for Timeline and timeline clips
- Added logic to sort GoPro files when multiple files are opened or dropped
- Added support for setting project file name (using File > Save) for empty project
- Added new HTML template for WebVfx JavaScript extensions enabled in Overlay HTML video filter
- Added search field to the filter chooser in Filters
- Upgraded MLT to v6.10.0

ファイルのダウンロード Download