Shotcut for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Shotcut 21.08.29

Shotcut は、Mac、Windows、Linux 用のフリーでオープンソースのクロスプラットフォームのビデオエディタです。主な機能には、さまざまなフォーマットのサポートが含まれます。ネイティブタイムライン編集を意味するインポートは必要ありません。入力とプレビューの監視のための Blackmagic Design のサポート。解像度を 4k までサポートします。 Shotcut for Mac の包括的なソフトウェアを使用してビデオを編集してください!

Wide Format Support
FFmpeg のおかげで何百ものオーディオおよびビデオフォーマットとコーデックをサポートしています。インポートは必要ありません。ネイティブ編集、プロジェクト内のマルチフォーマットのタイムライン、解像度、フレームレートを意味します。多くのビデオフォーマットでサポートされている正確なシークフレーム.

デバイスとトランスポートオプション
Blackmagic 入力とプレビューのモニタリング用の SDI と HDMI。スクリーン、ウェブカメラ、オーディオキャプチャネットワークストリーム再生。最大 4k までの解像度をサポートし、SDI、HDMI、ウェブカメラ、JACK& 詳細なメディアプロパティ、検索付きの最近のファイル、サムネイル表示付きの再生リスト、フィルタパネル、履歴ビュー、エンコードパネル、ジョブキュー、およびその他の機能を含む、複数のドッキング可能なパネルとドッキング解除可能なパネル。解凍されたサーバーとプレイリスト。ファイルマネージャからアセットのドラッグアンドドロップもサポートしています.

注:64 ビットプロセッサが必要です.

もご利用いただけます:ダウンロード Shotcut for Windows

ファイルのバージョン Shotcut 21.08.29
ファイル名 shotcut-macos-210829.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Meltytech, LLC.
更新日 https://www.shotcut.org/
更新時間 2021-08-29
ログを更新する

What's new in this version:

New:
Added:
- support for WebP export with presets for still sequence and animation
- Properties > Measure Video Quality... using VMAF
- a new video filter GPS Text (contributed by Daniel F)
- a new video filter Reflect
- a new Deband video filter (contributed by Austin B)
- a warning dialog before File > Export Frame... from a proxy file
- support for keyframes to Mask: Simple Shape > Rotation
- support for the operating system clipboard when copying and pasting filters
- support for the operating system clipboard when cut, copy, paste, overwrite or append a clip
- a dialog when Timeline > Track Operations > Insert Track on the top audio track to choose audio or video
- handles to the sides of the rectangle on-screen control (VUI) (contributed by TRA)

Changed:
- the storage for thumbnails and waveforms to use files instead of database
- Time Remap to limit input values to the maximum duration of the clip
- to set the file date on proxy files to match original file

Improved:
- reliability of Time Remap status/feedback info
- the speed setting in the Time Remap filter with an option to either modify or lock the input time
- player grid display and snapping when zoomed
- image sequence if there is a numeric filename discontinuity or rollover to > 0

Fixed:
- possible crash when using Audio Waveform Visualization filter
- Mask: From File > Custom... might lose track of its file
- Text: Simple > File date broken in v21.05
- Timer filter's new Speed parameter not scaling Duration
- a possible crash reading a YUV 4:2:2 uncompressed video
- some clips' duration in project XML saved in frame units instead of seconds
- Timer start and end buttons when filter in point is set
- quality/rate control with libx264rgb in Export > Codec
- undo simple keyframes in Size, Position & Rotate turned on advanced keyframes
- undo followed by redo when trimming clips on Timeline may not be correct
- a crash moving multiple clips to the beginning with Ripple All Tracks on
- changing Time Remap > Enable pitch compensation in disables Zoom keyframe Values
- file paths with special characters not working in filters such as Mask: From File
- exported HEVC MP4 and MOV files are not playable with macOS QuickTime Player or iOS
- Properties > Reset for an image
- a possible crash when a transition is removed during trimming on the Timeline
- keyframes may be dragged past another
- Time Remap filter may cause image artifact when using Export > Parallel processing
- Properties > Extract Sub-clip... on GoPro videos or other videos with non-muxable data track
- Stabilize video gives incorrect results after splitting or trimming clip
- a crash when dragging multiple clips with variable frame rate to timeline
- the timeline playhead could go beyond the end of the timeline
- opening a project starts paused on the second frame instead of the first

ファイルのダウンロード Download