Sketch for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Sketch 72

Sketch for Mac は、Mac 用のベクター描画を革新的で新鮮なものにしています。その意図的に最小限のデザインは、パレット、パネル、メニュー、ウィンドウ、およびコントロールのない無制限のサイズとレイヤーの描画スペースに基づいています。使い方は簡単ですが、完璧なブール演算、記号、強力なルーラ、ガイド、グリッドなどの強力なベクトル描画とテキストツールを提供します。スケッチは、軽量で使いやすいパッケージで常に求めていた力、柔軟性、スピードを実現します。 Mac 用プロフェッショナルデジタルデザイン!今すぐダウンロード!

MacOS 用の Sketch は、現代のグラフィックデザイナーのために作られており、アプリのあらゆる繊維に表示されます。複数のページやアートボードをサポートする柔軟なワークフローから。記号や共有スタイルなどの強力な機能は、再利用要素をすばやく簡単にするためのものです。最先端のベクトルブール演算で簡単に複雑な形状を作成し、豊富なレイヤースタイルを活用できます。スケッチはベクトルベースの完全なワークフローで、最初から最後まで美しく高品質なアートワークを簡単に作成できます.

Sketch for Mac 特長:

Precision
ベクトルはスケーラビリティを意味します。 Sketch’ s ベクトルシェイプは、スタイル、サイズ、レイアウトの変更に容易に適応でき、厄介なハンド微調整を避けることができます。時には、物理​​ピクセルを考慮する必要がある場合もあります。スケッチはこれをサポートします。必要なときに微調整が可能です。スケッチでは、作成するシェイプはすべてレイヤーリストのアイテムです。もう隠された道はありません。フレキシブルなブール演算を使用すると、パスを結合して複雑な形状を作成することができますが、すべての部品は 100%編集可能なままです。大きな文書を扱う?あなたが何かを見つける必要があるときに名前で検索してください。Inspector
次元、位置、不透明度、ブレンドモードと hellip; 設計において本当に重要なすべての細部。オブジェクトごとにこれらの側面のすべてを制御できるユニークな場所が必要ですか?新しい、完全に再考された Inspector.

Tools
をご覧ください。ボヘミアンでコーディングする私たちはデザイナーでもありますので、毎日直面する同じ問題に直面しています。これは、私たちの生活を楽にして幸せにするために、この信じられないほど強力なツールを作った理由です.

再利用可能 Elements
UI デザインでは、繰り返す要素が非常に一般的です:ボタン、棒、泡&あらゆる種類のもの。コピーして貼り付けることは、大きな文書ではすぐに変更できなくなり、変更が繰り返されるたびに反映される必要があります。スケッチがこれを自動的にあなたのために行うことができたらいいと思いませんか?スケッチでは、我々のワークフローの最も退屈で非創造的な部分の 1 つは、カットアウト、エクスポート、および(網膜デバイスの出現に伴って)毎回の変更後に資産のサイズを変更する必要があるからです。 Sketch は、エクスポートツールに組み込まれているので、プロセスを自動化して、それを簡単にすることができます.

Native
Sketch は Mac 専用に作られており、アップルのフレームワークを最大限に活用しています。 Retina スクリーンの美しい鮮明さ、Quartz の生のグラフィックスパワー、Auto Save や Versions などの使い勝手の良さから、あなたが期待していたネイティブの良さをすべてサポートします.

iPhone でのリアルタイムプレビュー
Mirror for iPhone、iPad 、そして今あなたの Web ブラウザにも対応しています。完全に free.

注:14 日間の試用版。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン Sketch 72
ファイル名 sketch-72-124316.zip
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.11 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Bohemian BV
更新日 https://www.sketchapp.com/
更新時間 2021-05-07
ログを更新する

What's new in this version:

New:
- Rendering and performance improvements: This release includes a whole host of rendering and performance improvements. Lots of them are subtle, but they all add up to a better experience. You’ll notice things feel more responsive when you move Symbols and Nested Symbols around the canvas, as well as during exports and saving documents to your Workspace.
- Data improvements: We’ve added a new option to the Data menu to choose whether data you insert is picked at random or not. If you uncheck this Insert Data at Random option, Data you insert will follow the order in its source file. We’ve also added support for nested data within Linked Data (JSON) sources. Nested data from a Linked Data source will appear inside a group when you add it to your canvas.

Improved:
- You’ll now see image shadows at all zoom levels, where previously they’d disappear as you zoomed in close
- We heard from a few of you who really missed the dedicated zoom controls in the Big Sur toolbar, so we’ve brought them back! You’ll be able to add them by Control-clicking on your toolbar and choosing Customize Toolbar….
- We’ve added an @3x option for flattening bitmaps to the Layer preferences panel
- Fixes a bug where a layer with a blur with a 0.5 radius would appear unblurred
- We’ve added a new set of shortcuts for aligning layers. ⌃⌘ and your arrow keys now align layers left, right, top or bottom. ⌃⌘V or ⌃⌘H align layers vertically or horizontally. Add the ⌥ modifier to any of those shortcuts to align layers within an Artboard.

Changed:
- We’ve given the Assistants UI and layout a fresh lick of paint for Big Sur
- Hey night owls, we’ve made a few tweaks to some colors in dark mode. Nothing major, but subtle things that add up to a more pleasant experience. Enjoy!
- We’ve made some changes to how we generate outside borders which improves things for complex shapes
- We’ve tweaked the copy in our notifications to make it clearer when Library and Component updates are available
- We’ve increased the size of Artboard names on the Canvas so they should be easier to read from a distance now

Fixed:
- This release fixes a number of bugs that caused issues with Component and Library updates. This includes seeing a Component/Library update notification when there were none available, not seeing a notification when there were updates available, and being unable to update Components/Libraries. Thanks for all your reports and we’re sorry for the impact that this has had on your workflows!

ファイルのダウンロード Download