Slack for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Node.js 14.0.0

Slack for Mac はすべてのコミュニケーションを 1 か所に集約します。現代のチームをリアルタイムでメッセージング、アーカイブ、検索することができます。メッセージだけでなく、すべてのファイル、画像、PDF、文書、スプレッドシートを Slack に直接ドロップして、必要な人と共有することができます。コメントを追加し、後で参照できるようにスターを付けると、すべて検索可能になります。 Google ドライブ、Dropbox、Box などのサービスを使用している場合は、リンクを貼り付けるだけですぐにそのドキュメントが同期して検索可能になります.

すべてのツールを Slack に接続し、スラック内のすべての通知をサポート要求、コードチェックイン、エラーログから販売リードまですべての通知を 1 つの中央アーカイブで検索できるように統合を設定します.

スラック内のすべてのメッセージ、通知、ファイル、すべての— は自動的にインデックスが作成されアーカイブされるため、いつでも自由に使用できます。また、PDF、Word 文書、Google ドキュメントなどを検索できるように、すべてのファイルの内容にインデックスを付けます。 1 つの検索ボックスと一連の強力な検索演算子を使用すると、コミュニケーションの中でその 1 つのメッセージに向かって細かく切り分けることができます。haystack.

Channels
オープンチャネルでチームの会話を組織します。プロジェクト、トピック、チームなどのチャンネルを作成します。誰もがすべてのことを透過的に把握しています.

プライバシーチャンネル
機密情報については、プライベートチャンネルを作成し、チームメンバーを招待してください。他の誰もあなたのプライベートチャンネルを見ることができません.

ダイレクトメッセージ
ダイレクトメッセージを同僚に直接に送信してください。完全にプライベートで secure.

注:スラックアカウントと 64 ビットプロセッサが必要です.

もご利用いただけます:Slack for Windows

ファイルのバージョン Node.js 14.0.0
ファイル名 node-v14.0.0.pkg
ファイルサイズ 30.1 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Slack Technologies Inc
更新日 https://slack.com/downloads
更新時間 2020-04-22
ログを更新する

What's new in this version:

Deprecations:
- (SEMVER-MAJOR) crypto: move pbkdf2 without digest to EOL
- (SEMVER-MAJOR) fs: deprecate closing FileHandle on garbage collection
- (SEMVER-MAJOR) http: move OutboundMessage.prototype.flush to EOL
- (SEMVER-MAJOR) lib: move GLOBAL and root aliases to EOL
- (SEMVER-MAJOR) os: move tmpDir() to EOL
- (SEMVER-MAJOR) src: remove deprecated wasm type check
- (SEMVER-MAJOR) stream: move _writableState.buffer to EOL
- (SEMVER-MINOR) doc: deprecate process.mainModule
- (SEMVER-MINOR) doc: deprecate process.umask() with no arguments

ECMAScript Modules - Experimental Warning Removal:
- module: remove experimental modules warning
- In Node.js 13 we removed the need to include the --experimental-modules flag, but when running EcmaScript Modules in Node.js, this would still result in a warning ExperimentalWarning: The ESM module loader is experimental.
- As of Node.js 14 there is no longer this warning when using ESM in Node.js. However, the ESM implementation in Node.js remains experimental. As per our stability index: “The feature is not subject to Semantic Versioning rules. Non-backward compatible changes or removal may occur in any future release.” Users should be cautious when using the feature in production environments.
- Please keep in mind that the implementation of ESM in Node.js differs from the developer experience you might be familiar with. Most transpilation workflows support features such as optional file extensions or JSON modules that the Node.js ESM implementation does not support. It is highly likely that modules from transpiled environments will require a certain degree of refactoring to work in Node.js. It is worth mentioning that many of our design decisions were made with two primary goals. Spec compliance and Web Compatibility. It is our belief that the current implementation offers a future proof model to authoring ESM modules that paves the path to Universal JavaScript. Please read more in our documentation.
- The ESM implementation in Node.js is still experimental but we do believe that we are getting very close to being able to call ESM in Node.js “stable”. Removing the warning is a huge step in that direction.

ew V8 ArrayBuffer API:
- src: migrate to new V8 ArrayBuffer API
- Multiple ArrayBuffers pointing to the same base address are no longer allowed by V8. This may impact native addons

Toolchain and Compiler Upgrades:
- (SEMVER-MAJOR) build: update macos deployment target to 10.13 for 14.x
- (SEMVER-MAJOR) doc: update cross compiler machine for Linux armv7
- (SEMVER-MAJOR) doc: update Centos/RHEL releases use devtoolset-8
- (SEMVER-MAJOR) doc: remove SmartOS from official binaries
- (SEMVER-MAJOR) win: block running on EOL Windows versions
- It is expected that there will be an ABI mismatch on ARM between the Node.js binary and native addons. Native addons are only broken if they
- interact with std::shared_ptr. This is expected to be fixed in a later version of Node.js 14
- Update to V8 8.1
- (SEMVER-MAJOR) deps: update V8 to 8.1.307.20

Other Notable Changes:
- cli, report: move --report-on-fatalerror to stable
- deps: upgrade to libuv 1.37.0
- fs: add fs/promises alias module

ファイルのダウンロード Download