Slack for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

jAlbum 19.3.6

Slack for Mac はすべてのコミュニケーションを 1 か所に集約します。現代のチームをリアルタイムでメッセージング、アーカイブ、検索することができます。メッセージだけでなく、すべてのファイル、画像、PDF、文書、スプレッドシートを Slack に直接ドロップして、必要な人と共有することができます。コメントを追加し、後で参照できるようにスターを付けると、すべて検索可能になります。 Google ドライブ、Dropbox、Box などのサービスを使用している場合は、リンクを貼り付けるだけですぐにそのドキュメントが同期して検索可能になります.

すべてのツールを Slack に接続し、スラック内のすべての通知をサポート要求、コードチェックイン、エラーログから販売リードまですべての通知を 1 つの中央アーカイブで検索できるように統合を設定します.

スラック内のすべてのメッセージ、通知、ファイル、すべての— は自動的にインデックスが作成されアーカイブされるため、いつでも自由に使用できます。また、PDF、Word 文書、Google ドキュメントなどを検索できるように、すべてのファイルの内容にインデックスを付けます。 1 つの検索ボックスと一連の強力な検索演算子を使用すると、コミュニケーションの中でその 1 つのメッセージに向かって細かく切り分けることができます。haystack.

Channels
オープンチャネルでチームの会話を組織します。プロジェクト、トピック、チームなどのチャンネルを作成します。誰もがすべてのことを透過的に把握しています.

プライバシーチャンネル
機密情報については、プライベートチャンネルを作成し、チームメンバーを招待してください。他の誰もあなたのプライベートチャンネルを見ることができません.

ダイレクトメッセージ
ダイレクトメッセージを同僚に直接に送信してください。完全にプライベートで secure.

注:スラックアカウントと 64 ビットプロセッサが必要です.

もご利用いただけます:Slack for Windows

ファイルのバージョン jAlbum 19.3.6
ファイル名 jAlbum.dmg
ファイルサイズ 123 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Slack Technologies Inc
更新日 https://slack.com/downloads
更新時間 2020-03-09
ログを更新する

What's new in this version:

jAlbum 19.3.6
News and Updates:
- Convert link to copy now also manages sub folders
- Faster and more memory efficient JSONMaker (affects performance for skins like Tiger and PhotoBlogger)
- Bundled skins Tiger, PhotoBlogger, Lucid and Animatics updated
- Mac version now signed and notarized using Apple's new stricter rules

Bug fixes:
- Recovers from IO errors during disconnect by performing a forced disconnect instead


jAlbum 19.3
News and Updates:
- Added a "Keep both" option when adding files and name collisions occur
- New "Date format" preference for how dates are displayed within jAlbum's UI
- Simplified date format selection. Now suggests formats and presents a live date example
- Renamed various terms to avoid confusion. "Make All" is now called "Force Remake". "Make Changes" is now called "Make Test". "Album Project" is now simply called "Project"
- Updated metadata-extractor library (v2.13)
- Respects a deleted Sample Portfolio project (doesn't recreate it on start up)
- Prepared for upcoming gift cards
- Updated bundled skins

Bug fixes:
- Area tagging could sometimes throw a nullpointer exception (since 19.2)
- Main window could show up in an unreachable location when disconnecting an external monitor and starting jAlbum


jAlbum 19.2
News and updates:
- New "Duplicate project" function to simplify making several album projects based upon the same set of images
- New bundled Animatics skin, replacing Mr.Burn5
- Updated Groovy scripting engine to v3 rc1
- Less aggressive cacheing strategy when previewing albums using the internal web server (less need to reload pages to ensure you're previewing the correct content)

Bug fixes:
- Face region tags weren't located correctly for portrait oriented images (wasn't following standard)
- Nullpointer exception on startup if auto-signin active using wrong credentials
- More graceful handling of broken image metadata (jAlbum would hang on certain images with broken image metadata
- More robust launching of external preview browser on Linux systems


jAlbum 19.1
News and Updates:
- Now runs on top of Java 13 instead of Java 11
- New Lucid skin bundled (replacing Fully)
- Updated bundled skins Tiger and PhotoBlogger

Bug fixes:
- Fixes from v19.0.6 service update
- Mac version had problems handling typing of foreign keys by holding down key and selecting alternatives from menu (fixed due to Java update)


jAlbum 19.0
News and Updates:
- 30 new trial days for existing users. (This is naturally a free update for everyone who is on a current support and update plan)
- Multilingual spell checker integrated in jAlbum's text editing UI controls
- New enhanced search bar added to the top-right corner of jAlbum's window. Quickly locate anything: Settings, preferences, projects and even metadata within the current project like titles, comments and keywords
- Updated 3:rd party libraries (JNA, Metadata-extractor and Groovy)
- Supporters: The feature search now saves a screenshot of the relevant UI window if SHIFT or ALT is held down as one navigates to the UI setting
- Developers: Added timing information to system console window
- Now copies any file that's found inside the "res" folder of a project to the "res" folder of the album and not just supported files
- Updated bundled skins Tiger, PhotoBlogger and Projector
- Translations updated

Bug fixes:
- Strips black borders from appearing on thumbnails from some cameras in Explore view (Nikon and Canon)

ファイルのダウンロード Download