SMART Utility for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

SMART Utility 3.2.5

SMART Utility for Mac は、ハードドライブのハードウェア診断システムをスキャンするアプリケーションです。 SMART(自己監視、分析、およびレポート作成技術)は、ハードドライブの動作のさまざまな測定(属性と呼ばれる)について報告するために、製造元がハードドライブに組み込んだシステムです。この属性を使用して、ハードドライブに機械的または電気的な問題があるときを検出し、ハードドライブが故障していることを示すことができます。 SMART Utility は、これらの属性を読み取り、表示できます。これにより、バックアップをしてからドライブを交換することができます。 SMART Utility for Mac では、ドライブの自己診断テストを実行することもできます。これは、ドライブの誤動作を示す可能性もあります.

SMART ユーティリティは、ディスクユーティリティなど、SMART ステータス全体を読み取るだけのドライブユーティリティとは異なります。 SMART ユーティリティは、個々の属性を表示してその状態と情報を表示するだけでなく、SMART が障害が発生したことを示す前にそれらの属性に基づく内部アルゴリズムを使用してドライブを検出します。この事前障害検出は、SMART がドライブが故障したと判断する前に貴重なデータを節約できます。 SmartMontools(SMART Utility のベースとなっている SMART Utility は、読み込みが容易な形式で内部プリフェッチアルゴリズムを実行します)を使用して、コマンドラインで未処理の情報を表示できます。
6 機能:
サポートされているすべての内蔵ドライブとそのパーティション、および一部の外付ドライブ(オプションの SAT SMART ドライバがインストールされている場合)を表示します。メインウィンドウに重要な情報を表示し、時間、温度、不良セクタ数、エラー数、種類など、簡単に表示できます。SMART ステータスは色分けされたテキストで表示されます。機能、使用可能なすべての属性、および過去 5 回のエラー Growl 通知サービス(インストールされている場合)と電子メール通知(設定されている場合)を使用して情報を表示メニューバーに情報を表示するポートをバックグラウンドでスキャンハードドライブの内蔵テストを実行し、テストの結果を表示サポート OS X ソフトウェア RAID ドライブおよび多くの RAID エンクロージャーおよびカード(SeriTek ドライブを含む)のドライブをスキャンサポート全ロギングをサポート情報をログファイルに保存して、SMART データを検証します。新しい不良セクタおよびエラー数を警告するだけで、事前障害アルゴリズムのカスタマイズをサポートします。ドライブレポートを後で表示できるようにサポートドライブレポートの印刷をサポートします。HDD および SSD をサポートします。Mac OS X 10.9〜10.11 をサポートします。フランス語で、Ronald A. Leroux のおかげです。注:30 日間または 5 回の試用版がリリースされます。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン SMART Utility 3.2.5
ファイル名 smartutility325.zip
ファイルサイズ 7.4 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Volitans Software
更新日 https://www.volitans-software.com/apps/smart-utility/
更新時間 2019-06-18
ログを更新する

What's new in this version:

SMART Utility 3.2.5
- Enabled Hardened Runtime for better security
- Fixed bug where SMART Utility would display Time Machine snapshot volume
- Fixed bug where SMART Utility would display duplicate boot drives
- Fixed random crash on first launch
- Removed Growl support for notifications
- Updated to smartctl 7.0 which supports many more drives - Updated to Sparkle 1.21.3


SMART Utility 3.2.4
- Added support for NVMe drives in newer Macs
- Fixed crash on first install of SAT SMART Driver
- Updated to Sparkle 1.18.1
- Updated to smarctl 6.6 which supports many more drives


SMART Utility 3.2.3
- Added ability to use installed version of smartctl, which fixes an unknown status error in that case
- Fixed bug where drives with zero partitions would display incorrectly
- Fixed bug where running a test would cause a crash
- Fixed bug on 10.12 where Configure Email button would not enable properly
- Fixed a couple of small bugs which could potentially cause a crash
- Updated to smarctl 6.5 which supports many more drives


SMART Utility 3.2.2
- Added support for Blink1 USB alert light notifications
- Changed displayed drive name to model, if available
- Fixed bug that would cause negative values for some raw attributes
- Fixed bug where temperature min/max would not be recognized for some drives
- Fixed bug that caused crash for failing drives
- Fixed bug that showed duplicates for RAID and CoreStorage drives
- Fixed bug that would not send email upon test completion
- Removed in app purchasing and sent to website instead
- Updated ATS settings for better security
- Updated SAT SMART Driver to version .10 to add more support for external drives
- Signed SAT SMART Driver to allow installation on 10.11


SMART Utility 3.2.1
- Updated to Sparkle 1.11 for updating, which provides better support and reliability
- Fixed signing issue on 10.11
- Fixed error when checking for updates


SMART Utility 3.2
- Converted Menu Extra to use modern APIs
- Changed email sending to use TLSv1 or higher for security
- Fixed bug where Menu Extra status wouldn’t be tracked
- Fixed bug where Send Feedback and Crash Report would not actually send anything
- Updated code to modern Objective-C
- Updated to smarctl 6.4 which supports many more drives
- Dropped support for 10.5, 10.6, 10.7, and 10.8

ファイルのダウンロード Download