SMARTReporter for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

SMARTReporter 3.1.17

SMARTReporter for Mac は実際に起こる前にいくつかのハードディスクドライブ障害を警告するアプリケーションです!これは、S.M.A.R.T. を定期的にポーリングすることによって行われます。ハードディスクドライブのステータス。スマート。 (Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)は、最新のハードディスクドライブに組み込まれている技術で、保留中のハードディスクドライブの問題を「早期警告システム」として機能します。 SMARTReporter は、アラートボックス、オンスクリーン通知、電子メールなどのさまざまな通知オプションにより、差し迫ったハードディスクドライブの障害を通知できます。問題が発生した場合は、SMARTReporter for Mac がアイコン(オプションでメニューバー内)を緑色から赤色に変更するため、ハードディスクドライブの現在の状態も常に容易に認識できます。 SMARTReporter は S.M.A.R.T をチェックするだけではありません。危険な I / O エラーもチェックすることで障害予測の精度を向上させます。さらに、SMARTReporter はソフトウェア R.A.I.D. のステータスを監視することができます。ブートディスク上の劣化またはチェックの空き容量を設定します.

注意:S.M.A.R.T. アラートは、あなたのディスクが完全に完全に失敗することを意味するものではなく、S.M.A.R.T. (または I / O エラーチェック)は、発生する可能性のあるすべてのディスクの問題をキャッチします。これは単なる非常に貴重な指標です。 SMARTReporter は、ハードウェアレベルの問題(物理ドライブの障害など)に関心があり、すべてのデータを破壊する可能性のあるソフトウェアレベルの問題(ファイルシステムの健全性など)にはまったく関わっていないため、定期的なバックアップに代わるものではありません。定期的なバックアップを実行し、F.A.Q. を必ずお読みください。 S.M.A.R.T. の詳細については、これらのリンクを参照してください。

制限:
「内部」ディスクだけがサポートされていますが、いくつかの外部ディスクを追加のソフトウェアで動作させることができます。一部のディスクは S.M.A.R.T をサポートしていません。 SMARTReporter の S.M.A.R.T.-check:
SSD は 2015 年初頭と 2016 年初めの MacBook 12 に内蔵されています」SSD は 2016 年後半の MacBook Pro(TouchBar)に「Mac Pro の OWC Aura SSD」

ファイルのバージョン SMARTReporter 3.1.17
ファイル名 smartreporter_full_3.1.17.zip
ファイルサイズ 4.6 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Corecode
更新日 https://www.corecode.io/smartreporter/
更新時間 2018-11-02
ログを更新する

What's new in this version:

SMARTReporter 3.1.17
- Fixed problem where only the SSD part of Fusion Drives would be checked on Mojave


SMARTReporter 3.1.16
- Fixed problem where disk-space check could pick up the recovery partition


SMARTReporter 3.1.15
- Fixed problem where disk-space check could pick up volumes that are not real disks
- Fixed possible crash related to clicking on the old Growl notifications on new OS versions
- Fixed extremely rare possibility of a crash
- Fixed very rare possibility of the S.M.A.R.T. self-test causing SMARTReporter to hang


SMARTReporter 3.1.14
- Fixed disk-space check to match Finder values when possible
- Fixed problem where disk-space check could pick up the Recovery partition
- Fixed problem where disk-space check could pick up 'High Sierra's APFS snapshots
- Fixed problem where NVMe disks would not be checked
- Fixed problem with 'High Sierra's "VM" Partition showing up in disk names
- Fixed problem where 'High Sierra's APFS snapshots could lead to logged error messages
- Fixed documentation and FAQ for accuracy


SMARTReporter 3.1.13
- Fixed problems with R.A.I.D. check hanging or not reporting failures
- Fixed actual time of last check not being updated in some cases
- Fixed infinite loop at welcome assistant upon damaged preferences
- Fixed problems with log-file not updating since 3.1.12 on 10.12


SMARTReporter 3.1.12
- Fixed SMARTReporter getting hung if R.A.I.D. check takes too long
- Fixed e-mail delivery check being performed even when no e-mail is configured


SMARTReporter 3.1.11
- Fixed broken e-mail delivery not being detected when sending through our server
- Fixed some disks not being recognised by the attribute-check (smartctl / smartmontools)
- Fixed conflict of attribute-check & self-test (smartctl) with system-installed copy


SMARTReporter 3.1.10
- Fixed problems with graphs not showing

ファイルのダウンロード Download