Snagit for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Riot 1.8.5

ビジュアルはあなたのメッセージを明確にし、あなたの仕事の日にあなたを戻すのに役立ちます。 Snagit for Mac は、Windows と Mac での画面キャプチャと画面録画のためのプレミアムツールです。従来のスクリーンショット、ビデオ、画像編集を組み合わせて、重要な情報を最も必要とする人と共有するのに役立ちます.

Snagit の画像とビデオのキャプチャは強力ですが、複雑ではありません。キャプチャしたすべてのものをコントロールできます。ピクセルまで。オールインワンキャプチャ® すべての Web ページやアプリケーションから、デスクトップ、リージョン、ウィンドウ、またはスクロールウィンドウ全体を 1 つのホットキーまたは click.

で表示するよりもはるかに簡単です。 Snagit には、プレーンなスクリーンショットやスクリーングレーブを明確かつ簡潔なコミュニケーションに変える動的エディタがあります。テキストボックスを使用してスクリーンショットをコメントする。矢印や形であなたのアイデアを指摘してください。または単に主要な領域を強調表示します。 Snagit のツールバーは完全にカスタマイズ可能なので、お気に入りのツールはすべて前面にあり、center.

Context はすべてです。ビデオを録画すると、反対側の人が実際にあなたの声を聞くことができます。したがって、次回にウェブページ、PDF、またはビデオ編集があなたのフィードバックのために送られるときは、赤いペンを落として代わりにビデオを録画することを検討してください。 Snagit for Mac では、待機していません。あなたのビデオを録画し、秒以内に共有することができます.

Snagit 機能:

あなたの受信ボックスをタップします
あなたがとても素早く反応したことを同僚やクライアントに知らせます。マークアップされた画像とテキストではなくクイックビデオで返信することで、電子メールを大幅に減らすことができます.

保存時間
Visual は、オンライン通信に不可欠です。画像や動画を使用すると、あなたは明確なポイントを得ることができ、コミュニケーションの時間を短縮し、作業時間を増やすことができます.

キャプチャキー情報
オンライン記事、Web ページ、またはドキュメントから作品を保存します。キャプチャの上にハイライトしてメモを取ったり、キーワードで研究を整理したり、重要な情報を共有したりすることができます.

Scrolling capture121235896 スクリーンに表示されていない場合でもフルページのスクリーンショットを素早くキャプチャします。クリックするだけで、水平、垂直、またはスクロール領域全体を把握できます.

パネルキャプチャ
幅の広い水平スクロール、無限にスクロールする Web ページ、およびその間のすべてをキャプチャします。個々のキャプチャを取って一緒に手動で編集するのではなく、一度キャプチャしてください.

アニメーション GIF
短いアニメーションをアニメーション GIF に書き込んでください。クイックタスクとワークフローを示すのに最適です.

注:30 日間の試用版です。 64 ビットプロセッサが必要です.

もご利用いただけます:Snagit for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン Riot 1.8.5
ファイル名 Element-1.8.5-universal.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.11 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 TechSmith Corporation
更新日 https://www.techsmith.com/snagit.html
更新時間 2021-09-15
ログを更新する

What's new in this version:

Features:
- Add bubble highlight styling
- Create narrow mode for Composer
- Prefer matrix.to alias links over room id in spaces & share
- Stop automatic playback of voice messages if a non-voice message is encountered
- Show call length during a call
- Serialize and retry mass-leave when leaving space
- Improve form handling in and around space creation
- Split autoplay GIFs and videos into different settingsand
- Add autoplay for voice messages
- Allow to use basic html to format invite messages. Contributed by skolmer
- Allow widgets, when eligible, to interact with more rooms as per MSC2762
- Remove arbitrary limits from send/receive events for widgets
- Reload suggested rooms if we see the state change down /sync
- When creating private spaces, make the initial rooms restricted if supported
- Threading exploration work
- Default to Don't leave any when leaving a space
- Special case redaction event sending from widgets per MSC2762
- Add active speaker indicators
- Increase general app performance by optimizing layers. Contributed by Palid

Fixed:
- Fix autocomplete not having y-scroll
- Fix emoji picker and stickerpicker not appearing correctly when opened
- Debounce read marker update on scroll
- Fix Space creation wizard go to my first room button behaviour
- Fix scroll being stuck at bottom
- Fix widgets not remembering identity verification when asked to
- Add missing pluralisation i18n strings for Spaces
- Make ForgotPassword UX slightly more user friendly
- Don't context switch room on SpaceStore ready as it can break permalinks
- Fix explore rooms button not working during space creation wizard
- Fix bug where one party's media would sometimes not be shown
- Only make the initial space rooms suggested by default
- Replace fake username in EventTilePreview with a proper loading state
- Don't send prehistorical events to widgets during decryption at startup
- When creating subspaces properly set restricted join rule
- Fix the Image View not openning for some pinned messages
- Show autocomplete sections vertically
- Fix EmojiPicker filtering to lower case emojibase data strings
- Clear currentRoomId when viewing home page, fixing document title
- Fix membership updates to Spaces not applying in real-time
- Don't show a double stacked invite modals when inviting to Spaces
- Remove non-functional DuckDuckGo Autocomplete Provider
- Filter members on MemberList load
- Fix improper voice messages being produced in Firefox and sometimes other browsers
- Fix client forgetting which capabilities a widget was approved for
- Fix left panel widgets not remembering collapsed state
- Fix changelog link colour back to blue
- Soften codeblock border color
- Pause ringing more aggressively
- Fix command autocomplete
- Don't re-sort the room-list based on profile/status changes
- Fix codeblock formatting with syntax highlighting on #18365
- Add padding to the Add button in the notification settings

ファイルのダウンロード Download