Snagit for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Riot 1.8.2

ビジュアルはあなたのメッセージを明確にし、あなたの仕事の日にあなたを戻すのに役立ちます。 Snagit for Mac は、Windows と Mac での画面キャプチャと画面録画のためのプレミアムツールです。従来のスクリーンショット、ビデオ、画像編集を組み合わせて、重要な情報を最も必要とする人と共有するのに役立ちます.

Snagit の画像とビデオのキャプチャは強力ですが、複雑ではありません。キャプチャしたすべてのものをコントロールできます。ピクセルまで。オールインワンキャプチャ® すべての Web ページやアプリケーションから、デスクトップ、リージョン、ウィンドウ、またはスクロールウィンドウ全体を 1 つのホットキーまたは click.

で表示するよりもはるかに簡単です。 Snagit には、プレーンなスクリーンショットやスクリーングレーブを明確かつ簡潔なコミュニケーションに変える動的エディタがあります。テキストボックスを使用してスクリーンショットをコメントする。矢印や形であなたのアイデアを指摘してください。または単に主要な領域を強調表示します。 Snagit のツールバーは完全にカスタマイズ可能なので、お気に入りのツールはすべて前面にあり、center.

Context はすべてです。ビデオを録画すると、反対側の人が実際にあなたの声を聞くことができます。したがって、次回にウェブページ、PDF、またはビデオ編集があなたのフィードバックのために送られるときは、赤いペンを落として代わりにビデオを録画することを検討してください。 Snagit for Mac では、待機していません。あなたのビデオを録画し、秒以内に共有することができます.

Snagit 機能:

あなたの受信ボックスをタップします
あなたがとても素早く反応したことを同僚やクライアントに知らせます。マークアップされた画像とテキストではなくクイックビデオで返信することで、電子メールを大幅に減らすことができます.

保存時間
Visual は、オンライン通信に不可欠です。画像や動画を使用すると、あなたは明確なポイントを得ることができ、コミュニケーションの時間を短縮し、作業時間を増やすことができます.

キャプチャキー情報
オンライン記事、Web ページ、またはドキュメントから作品を保存します。キャプチャの上にハイライトしてメモを取ったり、キーワードで研究を整理したり、重要な情報を共有したりすることができます.

Scrolling capture121235896 スクリーンに表示されていない場合でもフルページのスクリーンショットを素早くキャプチャします。クリックするだけで、水平、垂直、またはスクロール領域全体を把握できます.

パネルキャプチャ
幅の広い水平スクロール、無限にスクロールする Web ページ、およびその間のすべてをキャプチャします。個々のキャプチャを取って一緒に手動で編集するのではなく、一度キャプチャしてください.

アニメーション GIF
短いアニメーションをアニメーション GIF に書き込んでください。クイックタスクとワークフローを示すのに最適です.

注:30 日間の試用版です。 64 ビットプロセッサが必要です.

もご利用いただけます:Snagit for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン Riot 1.8.2
ファイル名 Riot-1.8.2.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.11 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 TechSmith Corporation
更新日 https://www.techsmith.com/snagit.html
更新時間 2021-09-01
ログを更新する

What's new in this version:

Features:
- Documentation for sentry config
- [Release]Increase general app performance by optimizing layers
- Add a warning on E2EE rooms if you try to make them public
- Allow pagination of the space hierarchy and use new APIs
- Improve emoji in composer
- Allow playback of replied-to voice message
- Format autocomplete suggestions vertically
- Remember last MemberList search query per-room
- Sentry rageshakes
- Autocomplete has been updated to match modern accessibility standards. Navigate via up/down arrows rather than Tab. Enter or Tab to confirm a suggestion. This should be familiar to Slack & Discord users. You can now use Tab to navigate around the application and do more without touching your mouse. No more accidentally sending half of people's names because the completion didn't fire on Enter!
- Add new call tile states
- Left align call tiles
- Make loading encrypted images look snappier
- Offer a way to create a space based on existing community
- Accessibility improvements in and around Spaces

Fixed:
- [Release] Fix commit edit history
- Fix images not rendering when sent from other clients
- Fix autocomplete scrollbar and make the autocomplete a little smaller
- Fix replies on the bubble layout
- Show "Enable encryption in settings" only when the user can do that
- Fix cross signing setup from settings screen
- Fix call tiles on the bubble layout
- Fix error on accessing encrypted media without encryption keys
- Fix jitsi widget sometimes being permanently stuck in the bottom-right corner
- Fix FilePanel pagination in E2EE rooms
- Fix call tile buttons
- Fix vertical call tile spacing issues
- Fix long display names in call tiles
- Avoid access token overflow
- Properly handle media errors
- Fix glare related regressions
- Fix long display names in call toasts
- Fix PiP of held calls
- Fix call tile behaviour on narrow layouts
- Fix video call persisting when widget removed
- Fix toast colors
- Remove tiny scrollbar dot from code blocks
- Improve handling of pills in the composer

ファイルのダウンロード Download