Snagit for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Moonlight Game Streaming 4.0.0

ビジュアルはあなたのメッセージを明確にし、あなたの仕事の日にあなたを戻すのに役立ちます。 Snagit for Mac は、Windows と Mac での画面キャプチャと画面録画のためのプレミアムツールです。従来のスクリーンショット、ビデオ、画像編集を組み合わせて、重要な情報を最も必要とする人と共有するのに役立ちます.

Snagit の画像とビデオのキャプチャは強力ですが、複雑ではありません。キャプチャしたすべてのものをコントロールできます。ピクセルまで。オールインワンキャプチャ® すべての Web ページやアプリケーションから、デスクトップ、リージョン、ウィンドウ、またはスクロールウィンドウ全体を 1 つのホットキーまたは click.

で表示するよりもはるかに簡単です。 Snagit には、プレーンなスクリーンショットやスクリーングレーブを明確かつ簡潔なコミュニケーションに変える動的エディタがあります。テキストボックスを使用してスクリーンショットをコメントする。矢印や形であなたのアイデアを指摘してください。または単に主要な領域を強調表示します。 Snagit のツールバーは完全にカスタマイズ可能なので、お気に入りのツールはすべて前面にあり、center.

Context はすべてです。ビデオを録画すると、反対側の人が実際にあなたの声を聞くことができます。したがって、次回にウェブページ、PDF、またはビデオ編集があなたのフィードバックのために送られるときは、赤いペンを落として代わりにビデオを録画することを検討してください。 Snagit for Mac では、待機していません。あなたのビデオを録画し、秒以内に共有することができます.

Snagit 機能:

あなたの受信ボックスをタップします
あなたがとても素早く反応したことを同僚やクライアントに知らせます。マークアップされた画像とテキストではなくクイックビデオで返信することで、電子メールを大幅に減らすことができます.

保存時間
Visual は、オンライン通信に不可欠です。画像や動画を使用すると、あなたは明確なポイントを得ることができ、コミュニケーションの時間を短縮し、作業時間を増やすことができます.

キャプチャキー情報
オンライン記事、Web ページ、またはドキュメントから作品を保存します。キャプチャの上にハイライトしてメモを取ったり、キーワードで研究を整理したり、重要な情報を共有したりすることができます.

Scrolling capture121235896 スクリーンに表示されていない場合でもフルページのスクリーンショットを素早くキャプチャします。クリックするだけで、水平、垂直、またはスクロール領域全体を把握できます.

パネルキャプチャ
幅の広い水平スクロール、無限にスクロールする Web ページ、およびその間のすべてをキャプチャします。個々のキャプチャを取って一緒に手動で編集するのではなく、一度キャプチャしてください.

アニメーション GIF
短いアニメーションをアニメーション GIF に書き込んでください。クイックタスクとワークフローを示すのに最適です.

注:30 日間の試用版です。 64 ビットプロセッサが必要です.

もご利用いただけます:Snagit for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン Moonlight Game Streaming 4.0.0
ファイル名 Moonlight-4.0.0.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.11 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 TechSmith Corporation
更新日 https://www.techsmith.com/snagit.html
更新時間 2022-04-03
ログを更新する

What's new in this version:

New features:
- Added experimental support for HDR streaming on Windows 10 & 11, Linux, and Raspberry Pi 4 (macOS was already supported)
- See this link for details on system requirements for HDR
- Added a new key combo for locking the mouse cursor to the window (Ctrl+Alt+Shift+L)
- Added an option to avoid keeping the client display awake while streaming
- Switched to a new decoder implementation on Linux4Tegra (L4T) platforms to improve streaming performance and compatibility with newer JetPack versions

Behavior Changes:
- HDR streaming is now a separate option rather than being part of the Video Codec override dropdown
- HDR streaming is no longer restricted to apps that are certified by NVIDIA as compatible with GameStream HDR
- Some newer games may require an HDR display or HDR10-compatible EDID emulator dongle connected to your host PC for HDR options to be available

Fixed:
- Added workaround for incorrect colorspace on AMD GPUs running recent display drivers
- higher than expected CPU usage on some older Intel Macs
- loss of all audio if the active audio device is unplugged while streaming
- duplicated controllers on some third-party Xbox 360 wireless adapters
- the GUI being unresponsive after manually quitting when connection to the host is lost
- the minimize key combo on Windows when streaming in fullscreen mode
- a rare crash if a controller disconnects right as rumble is starting
- text rendering on the overlay UI when using SDL_ttf 2.0.18 on Linux
- incorrect colorspace when using HEVC on Raspberry Pi
- Updated AppImage with libva 2.14
- Updated included gamepad mappings
- Updated community-contributed translations

ファイルのダウンロード Download