SourceTree for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

SourceTree 3.0.1

SourceTree for Mac は、Git と Mercurial を使って作業するための、すばやく簡単な方法です。 1 つのアプリケーションから両方の分散バージョン管理システムを簡単に使用できます。アプリケーションを終了することなく、GitHub、Bitbucket、Kiln のアカウントで作業してください。また、Subversion サーバーでも動作します! Atlassian は SourceTree を買収しましたが、今は限られた時間だけ無料です!

フルパワー DVCS
コマンドラインで別れを告げる。 SourceTree デスクトップアプリケーションで Git と Mercurial の全機能を使用してください。 SourceTree のシンプルなインターフェースで、ホストされているかローカルのすべてのリポジトリを管理してください.

あなたのチームのために newcomers
Simplify DVCS を作成してください。 SourceTree for Mac は、Git と Mercurial を使ってみんなを高速化することができます。クリエイト、クローン、コミット、プッシュ、プル、マージなど、すべてクリックするだけです.

エキスパートには十分強力です.
高度な Git および Mercurial 開発者がさらに生産性を上げます。あなたの発信と着信チェンジセット、ブランチ間のチェリーピック、パッチハンドリング、リベース、隠し、棚などを確認してください.

Git-flow と Hg-flow をボックスから外す
Git-flow と Hg-flow を使いやすくしてください。 SourceTree の Git と Hg の「ブランチー」開発モデルへの直感的なインターフェースにより、リポジトリをよりきれいに保ち、開発を効率化します。

注:64 ビットプロセッサが必要です.

使用可能:SourceTree for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン SourceTree 3.0.1
ファイル名 Sourcetree_3.0.1_205.zip
ファイルサイズ 74.1 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.11 or later
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Atlassian
更新日 https://www.sourcetreeapp.com/
更新時間 2018-12-18
ログを更新する

What's new in this version:

Changes:
- Rewritten OAuth authentication now uses your default browser to sign-in
- Move 'files changed' count from sidebar to the Commit toolbar item
- Utilize Git's no-optional-locks flag to reduce collisions
- Show in Finder toolbar button now always open the root folder for repo
- Connect button in the empty Remotes tab now opens Accounts pane
- Password field is now visible when necessary for services' extended integration (not DVCS)
- Update to embedded Git 2.18.0
- Update to embedded Mercurial 4.6.0
- Update to embedded Git LFS 2.5.0

Robust support for additional hosting services (SSH, Repos, Avatars, PRs):
- GitHub Enterprise
- GitLab (Cloud, CE, EE)
- Visual Studio Team Services (VSTS)

Refreshed onboarding experience:
- Use Bitbucket Cloud or Bitbucket Server to register
- Quicker setup and access - from download to cloning in half the steps!
- Getting Started notification to help new users
- Ability to configure global commit author in onboarding

Bug Fixes:
- Upgrade for macOS 10.13 High Sierra compatibility including Swift 4
- Swap out deprecated WebViews wherever possible
- Performance improvements related to theming
- Remote is no longer clipped in the Repository Browser
- Tweaked account selection dialog for multiple Bitbucket accounts
- OAuth login for Bitbucket Cloud will no longer incorrectly redirect when signing in
- GitHub OAuth sign-in is no longer inexplicably disabled for some users
- Fix Hg-Flow menu items not being enabled after initialization
- Clear out all related repositories when a hosting service account is removed
- Ensure Git operations never execute in Mercurial based on preferences
- Update to Sparkle 1.20.0
- Update to CocoaLumberjack 3.2.0
- Update to Crashlytics 3.10.7
- Update to Fabric 1.7.11
- Updated localizations

ファイルのダウンロード Download