Sparkle for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

DBeaver 22.0.0

Sparkle for Mac あなたの考えを変更する場合は、あなたのためのウェブサイトを構築していないと思った。 Sparkle は、オンラインポートフォリオ、チームまたはバンドのページ、またはビジネスとクライアント用のサイトを作成する直感的なサイトビルダーです。退屈なものを飛ばし、すぐに使える素晴らしいサイトをデザインしましょう。 Sparkle はデザインをオンザフライでライブサイトに変え、コーディングも専門用語も使用しません。あなたはコードや他のウェブプログラミングの概念について知る必要はありません:Sparkle はサイトを実現させます.

スパークルは、リッチメディアと素晴らしいタイポグラフィを持つウェブサイトを簡単に設定するすべてのビルトインコンポーネントから来ています。 macOS の Sparkle は、個々のページだけでなくウェブサイト全体を構築することです。たとえば、複数のページにまたがってサイトのヘッダーやフッターを共有したり、analytics.

A の最新のウェブサイトを簡単に共有することは、テーマやテーマについてよりも構造やコンテンツについてのことです。または“ template” が表示されますが、空白のページは気になることがあります。これが、あなたが作業できる美しいデザインをフィーチャーするために sparklecafe.com を立ち上げた理由です。2.0 フィーチャーの新しいデザインが追加されました.

注:未登録のバージョンでは機能が制限されています。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン DBeaver 22.0.0
ファイル名 dbeaver-ce-22.0.0-macos.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 River SRL
更新日 http://sparkle.cx/
更新時間 2022-03-07
ログを更新する

What's new in this version:

Data transfer:
- Table recreate mapping type was added
- Table selector dialog now supports filters configuration
- Variables configuration for data transfer tasks was fixed
- Variables auto-complete was fixed in output file name
- Custom data formatting now applied for TXT export format
- Insert statement now supports DEFAULT clause for empty list of columns

Data editor:
- Row count calculation query was fixed
- Rows scrolling was disabled for data modifying queries
- Problem with editor focus after new row add was fixed
- Column value filter was fixed (wrong SQL query)

SQL editor:
- Parameters binding dialog was improved (multiline editor was added, keyboard shortcuts were fixed)
- Filtering and ordering by columns with aliases was fixed
- Problem with cursor jump to script end was fixed
- Script selector popup was fixed (issue with datasource association)
- Script task execute was fixed (for connections without default database)

- DDL generator: option to generate FKs as separate statements was added
- Metadata search: search by LIKE pattern was fixed
- Session manager UI was fixed (multiline cells on Linux, background color for connection type)
- Interface language now can be changed in preferences (for MacOS and Linux installers)
- SSH: option to disable host name validation was added
- Local clients configuration load was fixed (MySQL and PostgreSQL derived drivers)
- Azure SQL server: view definition read was fixed
- Clickhouse: read-only connections support was improved

H2:
- Driver configuration for version 2.x was added
- Check constraints support was added
- Unique keys support was added

- MySQL: new view creation was fixed (DDL)

Oracle:
- Metadata read performance was significantly increased
- Case-sensitive navigator filters support was fixed

- Snowflake: custom authentication configuration option was fixed
- SQLite: sequences read was fixed
- SQL Server: open database object dialog now respects selected database
- Italian localization was improved (thanks to @capitanfuturo)
- Many minor UI bugs were fixed

ファイルのダウンロード Download