SQLite for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

SQLite 3.18.0

SQLite for Mac は、自己完結型のサーバーレスでゼロ設定のトランザクション型 SQL データベースエンジンをインプロセスライブラリとして実装しています。 SQLite のコードはパブリックドメインに属しており、商用または民間の目的に自由に使用できます。 SQLite は、世界で最も広く配備されているデータベースであり、数多くの重要なプロジェクトを含め、数多くのアプリケーションを数多く備えています.

SQLite 機能:
システムクラッシュや停電後も、トランザクションはアトミック、一貫性、独立性、耐久性(ACID)ゼロコンフィギュレーション - セットアップや管理は不要です。部分インデックスや共通テーブル式などの高度な機能を備えた SQL の完全実装。 (省略された機能)完全なデータベースは、単一のクロスプラットフォームのディスクファイルに格納されています。アプリケーションファイル形式として使用するのに適しています。テラバイトサイズのデータ​​ベースとギガバイトサイズの文字列とブロブをサポートします。 (limits.html を参照してください)小さなコードフットプリント:500KiB 未満の完全構成、またはオプション機能を省略したシンプルで使いやすい API。 ANSI- C で書かれています。 TCL バインディングが含まれています。別途入手可能な他の多くの言語用のバインディング。ブランチテストのカバレッジが 100%のよくコメントされたソースコード。コンパイルが容易で大規模なプロジェクトに簡単に追加できる、単一の ANSI- C ソースコードファイルとして利用できます。自己完結型:外部依存関係はありません。クロスプラットフォーム:Android、* BSD、iOS、Linux、Mac、Solaris、VxWorks、Windows(Win32、WinCE、WinRT)は、サポートされています。他のシステムに簡単に移植できます。ソースはパブリックドメインにあります。任意の目的のために使用してください。 SQLite データベースの管理に使用できるスタンドアロンのコマンドラインインターフェイス(CLI)クライアントが付属しています。その他:SQLite for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン SQLite 3.18.0
ファイル名 sqlite-tools-osx-x86-3180000.zip
ファイルサイズ 1.1 MB
オペレーティングシステム Mac OS X
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Richard Hipp
更新日 https://sqlite.org/
更新時間 2017-03-31
ログを更新する

What's new in this version:

- Added the PRAGMA optimize command
- The SQLite version identifier returned by the sqlite_source_id() SQL function and the sqlite3_sourceid() C API and found in the SQLITE_SOURCE_ID macro is now a 64-digit SHA3-256 hash instead of a 40-digit SHA1 hash
- Added the json_patch() SQL function to the JSON1 extension
- Enhance the LIKE optimization so that it works for arbitrary expressions on the left-hand side as long as the LIKE pattern on the right-hand side does not begin with a digit or minus sign
- Added the sqlite3_set_last_insert_rowid() interface and use the new interface in the FTS3, FTS4, and FTS5 extensions to ensure that the sqlite3_last_insert_rowid() interface always returns reasonable values
- Enhance PRAGMA integrity_check and PRAGMA quick_check so that they verify CHECK constraints
- Enhance the query plans for joins to detect empty tables early and halt without doing unnecessary work
- Enhance the sqlite3_mprintf() family of interfaces and the printf SQL function to put comma separators at the thousands marks for integers, if the "," format modifier is used in between the "%" and the "d" (example: "%,d")
- Added the -DSQLITE_MAX_MEMORY=N compile-time option
- Added the .sha3sum dot-command and the .selftest dot-command to the command-line shell
- Begin enforcing SQLITE_LIMIT_VDBE_OP. This can be used, for example, to prevent excessively large prepared statements in systems that accept SQL queries from untrusted users
- Various performance improvements

Bug Fixes:
- Ensure that indexed expressions with collating sequences are handled correctly
- Fix a bug in the 'start of ...' modifiers for the date and time functions
- Fix a potential segfault in complex recursive triggers, resulting from a bug in the OP_Once opcode introduced as part of a performance optimization in version 3.15.0
- In the RBU extension, add extra sync operations to avoid the possibility of corruption following a power failure
- The sqlite3_trace_v2() output for nested SQL statements should always begin with a "--" comment marker

ファイルのダウンロード Download