SQLite for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

R-Studio 6.5 build 5939

SQLite for Mac は、自己完結型のサーバーレスでゼロ設定のトランザクション型 SQL データベースエンジンをインプロセスライブラリとして実装しています。 SQLite のコードはパブリックドメインに属しており、商用または民間の目的に自由に使用できます。 SQLite は、世界で最も広く配備されているデータベースであり、数多くの重要なプロジェクトを含め、数多くのアプリケーションを数多く備えています.

SQLite 機能:
システムクラッシュや停電後も、トランザクションはアトミック、一貫性、独立性、耐久性(ACID)ゼロコンフィギュレーション - セットアップや管理は不要です。部分インデックスや共通テーブル式などの高度な機能を備えた SQL の完全実装。 (省略された機能)完全なデータベースは、単一のクロスプラットフォームのディスクファイルに格納されています。アプリケーションファイル形式として使用するのに適しています。テラバイトサイズのデータ​​ベースとギガバイトサイズの文字列とブロブをサポートします。 (limits.html を参照してください)小さなコードフットプリント:500KiB 未満の完全構成、またはオプション機能を省略したシンプルで使いやすい API。 ANSI- C で書かれています。 TCL バインディングが含まれています。別途入手可能な他の多くの言語用のバインディング。ブランチテストのカバレッジが 100%のよくコメントされたソースコード。コンパイルが容易で大規模なプロジェクトに簡単に追加できる、単一の ANSI- C ソースコードファイルとして利用できます。自己完結型:外部依存関係はありません。クロスプラットフォーム:Android、* BSD、iOS、Linux、Mac、Solaris、VxWorks、Windows(Win32、WinCE、WinRT)は、サポートされています。他のシステムに簡単に移植できます。ソースはパブリックドメインにあります。任意の目的のために使用してください。 SQLite データベースの管理に使用できるスタンドアロンのコマンドラインインターフェイス(CLI)クライアントが付属しています。その他:SQLite for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン R-Studio 6.5 build 5939
ファイル名 RStudio6.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Richard Hipp
更新日 https://sqlite.org/
更新時間 2020-04-06
ログを更新する

What's new in this version:

New features:
- Deleted partitions can be instantly found, without long scan
- Files can be recovered or marked for recovery directly from File previewer
- The number of read tries for bad sectors can be changed during a disk operation

Improvements:
- FAT folders partially damaged within sectors are also enumerated

Bugfixes:
- No messages appeared in the log when a scan process was interrupted
- When R-Studio for Mac accessed data inside an already opened part of a multi-part image, a request to open this part may have appeared
- A multi-part image may have been opened incorrectly if the parts were small
- Log information may have been incorrect when recovery was interrupted
- When opening the next in turn part of a multi-part image, it was possible to click the OK button without entering the required file name. The part was lost and no more inquires were issued.
- Sometimes the program may have sent a wrong message about not enough space when the image was written to alternative paths
- The Advanced Scan dialog box may have been shown incorrectly
- R-Studio for Mac may have frozen or crashed while opening file systems
- The best copy of the FAT table for FAT12/16 file systems was determined incorrectly when it was determined sector-wise
- The path dialog box on the remote computer may have delayed for a long time if there were unaccessible connected network drives
- R-Studio for Mac may have found waste copies of GPT partitions if a GPT disk was reformatted to an LDM/MBR disk
- The program may have found some garbage GPT partition entries when those entries were re-written. Fixed. Now R-Studio for Mac checks their validity and cancels invalid records.
- Partitions could not be copied to an HDD with several partition tables (i.g., a GPT table and some deleted ones)
- An extended debug file system snapshot could not be saved for disks with unsupported encryption methods
- Several small internal and cosmetic bugs have been fixed

Text/hexadecimal editor:
- The offset field in the GoTo dialog box may have been shown incorrectly
- Strings may have been truncated on the Find Results panel

ファイルのダウンロード Download