SQLite for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

PyCharm 2022.1

SQLite for Mac は、自己完結型のサーバーレスでゼロ設定のトランザクション型 SQL データベースエンジンをインプロセスライブラリとして実装しています。 SQLite のコードはパブリックドメインに属しており、商用または民間の目的に自由に使用できます。 SQLite は、世界で最も広く配備されているデータベースであり、数多くの重要なプロジェクトを含め、数多くのアプリケーションを数多く備えています.

SQLite 機能:
システムクラッシュや停電後も、トランザクションはアトミック、一貫性、独立性、耐久性(ACID)ゼロコンフィギュレーション - セットアップや管理は不要です。部分インデックスや共通テーブル式などの高度な機能を備えた SQL の完全実装。 (省略された機能)完全なデータベースは、単一のクロスプラットフォームのディスクファイルに格納されています。アプリケーションファイル形式として使用するのに適しています。テラバイトサイズのデータ​​ベースとギガバイトサイズの文字列とブロブをサポートします。 (limits.html を参照してください)小さなコードフットプリント:500KiB 未満の完全構成、またはオプション機能を省略したシンプルで使いやすい API。 ANSI- C で書かれています。 TCL バインディングが含まれています。別途入手可能な他の多くの言語用のバインディング。ブランチテストのカバレッジが 100%のよくコメントされたソースコード。コンパイルが容易で大規模なプロジェクトに簡単に追加できる、単一の ANSI- C ソースコードファイルとして利用できます。自己完結型:外部依存関係はありません。クロスプラットフォーム:Android、* BSD、iOS、Linux、Mac、Solaris、VxWorks、Windows(Win32、WinCE、WinRT)は、サポートされています。他のシステムに簡単に移植できます。ソースはパブリックドメインにあります。任意の目的のために使用してください。 SQLite データベースの管理に使用できるスタンドアロンのコマンドラインインターフェイス(CLI)クライアントが付属しています。その他:SQLite for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン PyCharm 2022.1
ファイル名 pycharm-professional-2022.1.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Richard Hipp
更新日 https://sqlite.org/
更新時間 2022-04-14
ログを更新する

What's new in this version:

IDE:
Authentication support for custom package repositories:
- Now you can configure basic HTTP authentication to access custom package repositories and manage dependencies via PyCharm without switching to the terminal for manual installation
- Go to the Python Packages tool window, click on the gear icon, click the plus sign in the dialog window, add the repository URL, and then select the Basic HTTP option to enter the required credentials. The new repository will appear on the list of packages in the left-hand side window.

Code insight:
Enhanced code completion for TypedDict:
- Dict literals can be used as arguments for functions or to instantiate objects from classes where TypedDict is expected. Doing so became even easier in PyCharm 2022.1 thanks to its new code completion for keys.

Improved TypedDict per-key warnings:
- We also improved the warnings for TypedDict. Now, when a dictionary created as a literal or by using the dict constructor is used where TypedDict is expected, PyCharm will display per-key error messages pointing to the individual values that are wrong, missing, or not expected.

Improved Markdown support:
Run commands from Markdown files:
- You often find instructions with commands to execute when working with Markdown files, such as in README files, for example. Now you can just run those commands directly from the file itself, by using the run icon in the gutter.

Copy code snippet for Markdown:
- Copying and pasting code snippets from Markdown files is also very common, and now you can use the new Copy code snippet to do this, available in Markdown blocks

Jupyter Support [Pro]:
Code cells remain in Edit mode after execution:
- In order to make working with Jupyter notebooks a more fluid experience, new cells inserted after you Run Cell and Insert Below now default to Edit mode, so you can start writing code in it right away.
- The same behavior applies when you are editing and decide to run your current cell. It will remain in Edit mode even after being executed.

Optimized cell copy-pasting:
- To make your Jupyter experience more pleasant still, we changed the copy/cut and paste behavior for when you copy or cut a cell that has an output while in Command mode. Now, whenever you paste it back to your notebook, the output will also be pasted and you won’t need to execute the cell again.

Databases [Pro]:
MongoDB: Editing fields in results:
- In PyCharm 2022.1, editing the results in MongoDB collections or result sets obtained via .find() became as easy as it is in relational databases. This improvement also works when cursor methods that modify the result, such as sort() or limit(), are executed after .find().

Docker [Pro]:
New Services UI for Docker:
- Working with Docker became easier and more organized in PyCharm 2022.1. We’ve significantly reworked the Docker UI in the Services tool window to give you much clearer control of your containers, images, networks, and volumes.

ファイルのダウンロード Download