Sweet Home 3D for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Sweet Home 3D 3.4

Sweet Home 3D for Mac は、インテリアをすばやく簡単にデザインするのに役立ちます。既存のプランのイメージに家の各レベルの部屋を描画し、各部屋の色や質感を変更し、整理されたカタログから家具をプランにドラッグアンドドロップします自分で作成した 3D モデルやさまざまな Web サイトからダウンロードした 3D モデルをインポートできるカテゴリー(窓、ドア、リビングルーム、キッチン)で分類できます。 2D 計画で行われたすべての変更は、3D ビューに同時に反映され、航空写真ビューポイントまたは仮想訪問者ビューポイントのいずれかからナビゲートできます。

最終的には、寸法とテキストを追加して 3D ビューと一緒にプリントし、カスタマイズされたライトで 3D ビューのフォトリアリスティックなイメージを作成し、3D ビューで仮想パスからムービーを作成し、他の 2D または 3D ソフトウェアでインポートするには、SVG 形式または 3D ビューを OBJ 形式に計画します。

Sweet Home 3D Features:
マウスまたはキーボードを使用して、正確な寸法の直線、円形または傾斜壁を描きます。ドアと窓を計画にドラッグして壁に挿入し、Sweet Home 3D で壁の穴を計算させます。キッチン、リビングルーム、ベッドルーム、バスルームなどのカテゴリー別に整理された、検索可能で拡張可能なカタログからプランに家具を追加します。家具、壁、床、天井の色、質感、サイズ、厚み、 2D で家を設計する際には、航空写真の観点から 3D で見るか、仮想訪問者の視点からナビゲートします。ルームエリア、寸法線、テキストを含むプランに注釈を付け、コンパスが上がって北の方向を示す。時間と地理的位置に応じてライトをカスタマイズし、日光の影響を制御する機能を備えたフォトリアリスティックな画像とビデオを作成します。壁を描画するための家の青写真、デフォルトのカタログを完成させるための 3D モデル、サーフェスをカスタマイズするためのテクスチャをインポートします。 PDF、ビットマップまたはベクターグラフィックスイメージ、ビデオ、および 3D ファイルを標準ファイル形式で印刷して書き出します。 Sweet Home 3D の機能を Java でプログラミングされたプラグインで拡張するか、Model View Controller アーキテクチャに基づいて派生したバージョンを開発します。 Sweet Home 3D のユーザーインターフェイスに表示される言語と 23 の言語からの豊富なヘルプを選択します。注:Java および 64 ビットプロセッサが必要です.

Also Available:Windows 用 Sweet Home 3D をダウンロードしてください

ファイルのバージョン Sweet Home 3D 3.4
ファイル名 SweetHome3D-3.4-macosx.dmg
ファイルサイズ 15.14 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.7 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 eTeks
更新日 http://www.sweethome3d.com/
更新時間 2011-12-21
ログを更新する

What's new in this version:

- Added Plan > Add level / Modify level / Delete level menu items to support multiple levels with possible intermediate levels and/or levels at negative elevation.
- Added 3D view > Display all levels / Display selected level menu items.
- Added the New floors thickness field in preferences pane.
- Added a new property for staircases in furniture catalog to define the shape used to cut out the ceiling and the floor of upper levels when they intersect with a staircase.
- Added a Staircase check box in Import furniture wizard and in Furniture Library Editor.
- Reused the walls transparency value to make transparent floors and ceilings of upper levels as well.
- Enabled the virtual visitor to go below elevation 0 to visit underground levels.
- Improved ground management to be able to handle elevations up to 100m without seeing a black line at the horizon.
- Added a button in preferences pane to import language libraries.
- Improved drawing magnetism of walls and rooms.
- Increased magnetism sensitivity.
- Added Select object submenu in the contextual menu of the plan that will let the user select an object among the superimposed ones at the point where he right clicked.
- Added the ability to directly change the visibility of piece of furniture by clicking on its visible check box in the furniture table.
- Added support for auto completion in the name text fields displayed modification panes (suggested texts comes from previous entered texts and are saved in preferences).
- Added the ability to fine tune the orientation of a 3D model at the second step of its importation.
- Improved performances when using textures.
- Added support for unsigned applets when run without 3D feature and furniture/textures listed in plugin files.
- Fixed drag and support from catalog to plan or furniture list in applets running with Plugin2 under Mac OS X or with OpenJDK under Linux.
- Fixed a bug that prevented to view dialog boxes placed out of the main screen after a configuration change in a multi screen environment.
- Fixed a bug that prevented to open Furniture import wizard on an screen different from the main screen, or to view the online version in a browser placed out of the main screen.
- Fixed a bug that wrongly shifted the texture applied on an object with a 3D model file not placed at the origin (this bug fix will be applied only to texture changes made from this version to ensure existing designs won't look different when a circumvent tip was used).
- Fixed a bug that displayed a texture as inverted when applied to the left side of a wall.
- Fixed a bug that reset 3D view aspect ratio in photo creation dialog box after a camera change.
- Updated English, French, German and Bulgarian help pages.
- Replaced JRE 6u26 by JRE 6u30 in Sweet Home 3D installers bundled with Java.
- Other minor bugs fixes and enhancements.

ファイルのダウンロード Download
  • Sweet Home 3D for Mac Screenshot 1Sweet Home 3D for Mac Screenshot 2Sweet Home 3D for Mac Screenshot 3