Thunderbird for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Postman 7.22.1

Mozilla Thunderbird for Mac は、インテリジェントスパムフィルタ、内蔵 RSS リーダー、クイック検索などの機能により、電子メールの安全性、迅速性、および容易性を向上させます。 Thunderbird はウイルスを防ぎ、迷惑メールを止めるために設計されています。 Thunderbird には、タブ付きの電子メール、新しい検索ツールとインデックス作成、スマートフォルダ、Firefox の Personas のサポート、簡略化されたセットアップウィザード、フィッシングやスパムフィルタを含む堅牢な迷惑メール対策が含まれています。 Thunderbird for Mac 迷惑メールツールが迷惑メールとフィーチャーよりも先に進むように更新されています。フィッシング保護機能.

Thunderbird の新機能:

始める前に
ヘルプメニューから、Thunderbird を希望通りに設定するための移行アシスタントが見つかります。この機能の前に、IMAP、SMTP、および SSL / TLS の設定を知っておく必要がありました。ワンクリックアドレス帳は、アドレス帳に人を簡単に追加する方法です。添付ファイルリマインダは添付ファイルの単語を探し、Activity Manager は Thunderbird とあなたの電子メールプロバイダとの間のすべてのやりとりを 1 つの場所に記録します.

Tabs と Search
Firefox のタブブラウジングが好きなら、タブ付きのメールが大好きです。 Thunderbird の検索インターフェイスには、探している正確な電子メールを特定するためのフィルタリングとタイムラインツールが含まれています。将来的にメールを必要と思っているのに、削除せずに受信トレイから取り出したい場合は、アーカイブしてください!

あなたのメールエクスペリエンスをカスタマイズする
ペルソナで軽量の スキン を使用して、Thunderbird for Mac のルックアンドフィールをインスタント。 Thunderbird でアドオンを直接検索してインストールします。アドオン Web サイトにアクセスする必要はなく、アドオンマネージャを起動するだけです。スマートフォルダは、受信トレイ、送信済みメール、アーカイブフォルダなどの特別なフォルダを組み合わせて複数のメールアカウントを管理するのに役立ちます.

メールの保護と保護
Thunderbird の人気のある迷惑メールツールが更新され、メールクライアントは、ユーザーのプライバシーとリモートイメージ保護をサポートしています。 Thunderbird は電子メールの詐欺からあなたを守り、メッセージが潜在的なフィッシングの試みであることを示すことで、個人や機密情報を引き渡すように仕向けます.

Also Available:Thunderbird for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン Postman 7.22.1
ファイル名 Postman-osx-7.22.1.zip
ファイルサイズ 84.6 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Mozilla Organization
更新日 http://www.mozillamessaging.com/en-US/thunderbird/
更新時間 2020-04-09
ログを更新する

What's new in this version:

- Fixed an issue where shortcut for two-pane view did not update settings
- Fixed a bug wherein the environment variable preview box was getting hidden by the left side bar for resolutions less than 1280x1024
- [APPSDK-72] Fixed a bug where selecting text a inside a cell in tabular editors would select the row instead
- Reduced time taken to open a new tab when multiple tabs are already open
- Fixed a bug where shared icon was not shown for shared collections
- Fixed a bug where user was not able to tag other users multiple times in comments
- Fixed a bug where Edit Workspace Modal had stale data about non-active workspace
- Fixed an issue with incorrect path variables in imported collection from OpenAPI schema
- Fixed an issue where app froze while importing Swagger or OpenAPI schema
- Fixed an issue where a --data-raw flag in a cURL request wasn't handled correctly
- Fixed an issue with headers in request examples while importing OpenAPI
- Fixed an issue where some instances of "-X" present in a cURL request were parsed incorrectly
- Fixed an issue where variable context tooltip would be shown at an incorrect position for long variable names
- Fixed an issue where typing URL was taking time due to large number of URL suggestions
- Fixed a bug where two pane view in body tab was broken when form-data is selected as body type
- Fixed a bug where OAuth1 was failing for requests with disabled urlencoded params
- Fixed an issue where users were seeing 'Could not open Postman' error on launching Postman app v7.21.1
- When closing a request, the dialog clarifies that changes won’t be saved for future close actions when opting out of confirmation
- Import GraphQL schemas as API
- Improve response status, time and size tooltips to not dismiss immediately
- Improved performance for downloading and saving large responses to file
- Improved design for OAuth 2.0 "Get New Access Token" and "Manage Access Tokens" modals
- Performance improvements in Environments Quick Preview
- Added RAML 1.0 as API schema definition
- Added JSON language support for GraphQL schema type
- Enabled visibility into presence status of members in a workspace
- Fork recommendation modal
- Learn how to design and develop your APIs in Postman using a sample e-commerce API with a lesson

ファイルのダウンロード Download
  • Thunderbird for Mac Screenshot 1Thunderbird for Mac Screenshot 2Thunderbird for Mac Screenshot 3Thunderbird for Mac Screenshot 4Thunderbird for Mac Screenshot 5