Tidy Up for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Postman 7.27.0

Tidy Up for Mac は、専門家向けの重複したファインダとディスクの整理ユーティリティです。それは市場で利用可能な唯一の完全機能の複製リムーバーであり、それはあなたが構築した迷惑メールからあなたのコンピュータを効率的にきれいにすることができます.

Tidy Up for Mac 特徴:

簡易検索モード
Tidy Up は 100 を超えるシンプルモードと呼ばれる検索モードあらかじめ定義されたスマート検索カスタマイズされた戦略の場合、回答に基づいて重複を見つけるための適切な基準を選択し、削除するアイテムを含む「スマートボックス」を作成する戦略ウィザードを選択できます。検索条件をさらに調整するには、Advanced Mode を選択することができます.

Advanced Search Mode
高度な方法は、市場で提供される最もカスタマイズされた方法です。それはあなたが所有者のアプリケーション、コンテンツ、タイプ、作成者、拡張子、変更された時間、作成された時間、名前、ラベル、可視性と日付 / 年によって重複したファイルやパッケージを見つけることができます。また、MP3 や AAC のサウンドファイルや EXIF メタデータのタグ、継続時間、ビット分割で検索することもできます。重複した電子メールメッセージを見つける。写真、iPhoto、Aperture、iTunes、データベース、メールボックスの内容を検索する。削除を iPhoto、Mail、iTunes と同期させる。 Tidy Up では、名前、日付の変更、作成日、ラベル、表示、空のフォルダ、その内容などによって重複するフォルダを見つけることができます.

DuplicatesFind
Tidy Up は高速です。スキャンされたボリュームのインデックスを作成しないので、貴重なスペースを無駄にすることはありません。マルチタスク機能を使用すると、より多くの検索を同時に行い、最新の Mac コンピュータとオペレーティングシステムを活用することができます.

Found Smart Box と重複しています
Tidy Up for Mac の最も興味深い機能の 1 つは、 スマートボックス を使用して簡単に組織することができます。たとえば、スマートボックスを使用して、サポートされているアプリケーションの特定のアルバム、プレイリストまたはメールボックスに属するアイテムを分離することができます.

Found Duplicates by Group
Tidy Up は、オーディオ、メディア、テキスト、PDF、グラフィックス、フォントなど... クイックルックも利用可能です.

Alias と Security System
Tidy Up for Mac では、アイテムをゴミ箱に移動したり、移動したアイテムや別のアイテムをエイリアスやシンボリックリンクに置き換えたり、燃やしたり、カラー Finder タグを割り当てたり、見つかった項目のリストを html ファイルとテキストファイルに変換します。結果のスナップショットを保存し、後で管理することができます。 Tidy Up には、ディスク上に重複グループの少なくとも 1 つのファイルを保管するセキュリティシステムがあります。コピーしたアイテムや移動したアイテムを元に戻したり、ごみ箱が空にならない限り、コンピュータを再起動してもゴミ箱に戻すことができます.

注:見つけたアイテムは 10 個だけです。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン Postman 7.27.0
ファイル名 Postman-osx-7.27.0.zip
ファイルサイズ 98.7 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Hyperbolic Software
更新日 http://www.hyperbolicsoftware.com/TidyUp.html
更新時間 2020-06-23
ログを更新する

What's new in this version:

New:
- You can now update collections generated from the API builder and keep your API elements in sync with the API schema
- We have added a new overview tab for APIs which consolidates important information about your API
- You can now add APIs to your team's Private API Network from the API overview tab
- You can now easily toggle between the custom size and the default size of a Postman window using the Zoom menu item on macOS
- Added support for SHA-256 and SHA-512-256 algorithms in Digest authentication helper
- Added support for using custom Authorization header prefix in OAuth 2.0
- Added support to include AWS auth data in query params
- Added callback and verifier fields with body hash support in OAuth 1.0
- Added the network information for requests in the App

Improvements:
- Remove from Workspace action for Collections and Environments now requires the app to be online
- Removed the dropdown list which appeared on clicking the New button in the App header
- Use faked value instead of schema as fallback when an example is not defined or invalid for OpenAPI importer
- Improve collection-run syncing flow to only load details on-demand

Bug Fixes:
- Added Read-Only mode to view collection and folder level data for users with view permissions only
- Fixed a bug where the description is displayed as [object Object] while importing collection having a description in { content, type } format
- Fixed a bug where schema validation does not provide mismatch details
- Fixed a bug where cookies are not previewed when URL is resolved from a variable
- Fixed a bug where request name field in edit mode has a smaller width than in view mode
- Fixed a bug where variables with null value were being resolved to an empty string in the request body
- Fixed a bug where custom CA certificates were not being respected while sending an HTTPS request through proxy
- Fixed a bug where Team Usage dropdown would not open from the notification banner
- Fixed a bug where importing collection from PostmanCloudAPI loses basic auth values
- Fixed a bug when multiple tabs are open, Cmd/Ctrl + Click would open links in responses in a Postman tab instead of the browser
- Fixed a bug where example dropdown shifts to left on selecting an example
- Fixed a bug where UI would break in cases of error in Response
- Fixed an issue where a wrong error message was being shown when creating a mock from collection browser
- Fixed an issue where unwanted scrollbar appeared in mock creation model when creating a private mock from collection browser

ファイルのダウンロード Download