Tidy Up for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Vectoraster 8.0.5

Tidy Up for Mac は、専門家向けの重複したファインダとディスクの整理ユーティリティです。それは市場で利用可能な唯一の完全機能の複製リムーバーであり、それはあなたが構築した迷惑メールからあなたのコンピュータを効率的にきれいにすることができます.

Tidy Up for Mac 特徴:

簡易検索モード
Tidy Up は 100 を超えるシンプルモードと呼ばれる検索モードあらかじめ定義されたスマート検索カスタマイズされた戦略の場合、回答に基づいて重複を見つけるための適切な基準を選択し、削除するアイテムを含む「スマートボックス」を作成する戦略ウィザードを選択できます。検索条件をさらに調整するには、Advanced Mode を選択することができます.

Advanced Search Mode
高度な方法は、市場で提供される最もカスタマイズされた方法です。それはあなたが所有者のアプリケーション、コンテンツ、タイプ、作成者、拡張子、変更された時間、作成された時間、名前、ラベル、可視性と日付 / 年によって重複したファイルやパッケージを見つけることができます。また、MP3 や AAC のサウンドファイルや EXIF メタデータのタグ、継続時間、ビット分割で検索することもできます。重複した電子メールメッセージを見つける。写真、iPhoto、Aperture、iTunes、データベース、メールボックスの内容を検索する。削除を iPhoto、Mail、iTunes と同期させる。 Tidy Up では、名前、日付の変更、作成日、ラベル、表示、空のフォルダ、その内容などによって重複するフォルダを見つけることができます.

DuplicatesFind
Tidy Up は高速です。スキャンされたボリュームのインデックスを作成しないので、貴重なスペースを無駄にすることはありません。マルチタスク機能を使用すると、より多くの検索を同時に行い、最新の Mac コンピュータとオペレーティングシステムを活用することができます.

Found Smart Box と重複しています
Tidy Up for Mac の最も興味深い機能の 1 つは、 スマートボックス を使用して簡単に組織することができます。たとえば、スマートボックスを使用して、サポートされているアプリケーションの特定のアルバム、プレイリストまたはメールボックスに属するアイテムを分離することができます.

Found Duplicates by Group
Tidy Up は、オーディオ、メディア、テキスト、PDF、グラフィックス、フォントなど... クイックルックも利用可能です.

Alias と Security System
Tidy Up for Mac では、アイテムをゴミ箱に移動したり、移動したアイテムや別のアイテムをエイリアスやシンボリックリンクに置き換えたり、燃やしたり、カラー Finder タグを割り当てたり、見つかった項目のリストを html ファイルとテキストファイルに変換します。結果のスナップショットを保存し、後で管理することができます。 Tidy Up には、ディスク上に重複グループの少なくとも 1 つのファイルを保管するセキュリティシステムがあります。コピーしたアイテムや移動したアイテムを元に戻したり、ごみ箱が空にならない限り、コンピュータを再起動してもゴミ箱に戻すことができます.

注:見つけたアイテムは 10 個だけです。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン Vectoraster 8.0.5
ファイル名 vectoraster8.dmg
ファイルサイズ 20 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Hyperbolic Software
更新日 http://www.hyperbolicsoftware.com/TidyUp.html
更新時間 2020-11-22
ログを更新する

What's new in this version:

Vectoraster 8.0.5
- Apple Silicon native support
- Improved performance when updating and compositing source layers
- Improved SVG path importing, with support for matrix() group transforms often used by Affinity Designer
- New presets menu in the artboard size change dialogue to quickly change to a preset or source image size
- Fixes some interface panel animation glitches when enabling/disabling the Use source color fill/stroke settings
- Exporting without changing any document export settings no longer marks the document as needing to be saved
- Update to Sparkle updating library


Vectoraster 8.0.4
- Fixes a bug where trying to add a new Bulge pattern distortion would instead add a Randomize distortion
- Some layout changes to the raster spacing controls when using separate X/Y spacing
- Added item in Help menu for the new system for feedback and voting on future development
- More helpful error messages when entering incorrect license information
- New method for logging technical warnings without relying on system log


Vectoraster 8.0.3
- Added new 'Paste replace source image' Edit menu item to quickly replace the selected source layer image
- Added keyboard shortcuts for the paste source image menu items
- Fixed an issue with JPEG exports sometimes failing and causing problems with other exports after this
- Made the raster-sources display slider more responsive to quick changes


Vectoraster 8.0.2
- Improved editing animation keyframe values when using drag editing in the preview
- Fixes an issue where enabling disabled animation tracks would not refresh the preview in some cases
- Optimized rendering of composited source layer preview
- Tweaks to preview zoom adjustments when opening/closing the animation panel
- Fixes a 1px preview edge alignment issue at some zoom levels


Vectoraster 8.0.1
- Setting a Gradient or Image source layer size height or width to a negative value now mirrors it
- The progress bar for longer generation processes is now more prominent with a point counter along with rendering percent
- Better handling when entering invalid math expressions in value fields
- Adjustments to rendering of some interface elements
- Correctly (don't) render Text source layers with zero size


Vectoraster 8.0.0
Main changes and new features:
- Animation support. Animate raster and source parameters and export the result to video or a sequence of frame files
- New source layers model. Sources are now more like layers in other graphics software and can be moved, scaled and rotated individually and blended together
- Apply file raster settings. You can now quickly apply all raster settings from a different VRaster file, while retaining the sources in the current file
- Improved preview drag editing. Edit source layers, gradients, distortions or raster pattern parameters by dragging graphical handles in the preview
- Advanced noise sources. New dynamic noise layers generating perlin or billowing noise you can then apply to any parameter across the raster
- Secondary point transformations. You can now apply two separate dynamic scaling or rotations to raster points, for example adding randomization to a source-based value
- Dark Mode interface support. Interface now adapts to system interface mode, and lets you switch between dark mode and light mode

Additional changes and improvements:
- Many improvements and changes to the interface to make it more compact and responsive
- Measure mode (Darkness, Alpha or RGB/CMYK channels) is now set per parameter instead of per source, so different parameters can measure different channels from the same source
- New shortcut in the parameter function menu to quickly swap min/max values, inverting any dynamic parameter
- New simplified way of quickly setting point fill or stroke color based on sources
- Sources - Raster display slider. Easily change preview display to show your sources, raster or both depending on what you're working with
- New settings for default new document size and source layer
- Improved source layer filtering, with blur, brightness, contrast and saturation adjustment for each source
- New helpful warning messages explaining why certain combinations of parameter settings result in nothing being drawn
- Moved and clarified settings for removing raster points based on size and/or variable chance
- You can now use middle mouse button to drag and pan when zoomed in, including when drag editing other parameters
- Export settings are now saved per file, so you can quickly reuse the settings you used last in a file
- Separate vertical spacing is now more consistently used in different raster patterns
- Offset and rotation of the random raster pattern is now consistent with offset and rotation of the other raster patterns
- Variable raster pattern distortions can now be point index based as well as source based
- Smoother new document handling, and a new setting not to open a new document at startup
- CSV export now includes point rotation data and uses the user set length units
- Improved memory management

ファイルのダウンロード Download