Transmit for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Transmit 5.7.2

Transmit for Mac は、FTP、SFTP、Amazon の S3 および iDisk / WebDAV プロトコルを使用するインターネット上のサーバーへの接続を維持するのに最適なファイル転送プログラムの 1 つです。 Mac OS システムのネイティブ部分として見えるように特別に作られた使いやすいインターフェースを使用すると、ファイルのアップロード、ダウンロード、および削除に問題は発生しません。このような数多くの他の便利な機能は、無料ソフトウェアのこの大きな平和のなかで見つけられます.

なぜ Transmit が Mac 上で普及したかの理由の 1 つは、ユーザーが FTP 管理を実際に行ったモダンで最適化されていますが、そのインターフェイスです。 Transmit のメインダッシュボードでは、いくつかのリストオプション、最も一般的に使用されている FTP やクラウドの宛先の設定、ツインプログレスバー、画像サムネイルビューア、特に最適化された高速転送エンジンを使用して、小さなファイル、ファイル同期ツールなどを扱うためのものです。ユーザーはほんの数秒でお気に入りの FTP やクラウドの宛先を直接 Finder にマウントして、Transmit for Mac がアクティブでなくてもファイル転送操作を実行できます。この機能を使用すると、誰でも Mac との間でファイルを移動し始めることができます.

2014 年初頭には、送信ウェイトの最新バージョンがわずか 40MB 未満で、ユーザーには少なくとも Mac OS X 10.6.8 以降が必要です。

特徴を送信する:
Finder よりも速く iDisk 上のファイルを入手してください!より安全な選択肢を Mac で簡単に作成できます。お気に入りからドラッグアンドドロップを作成するテストを実行し、レポートを保存し、より多くの制御が可能ファイルとフォルダのオプションをさらに高速にアップロードできます。それを実際に見てください!ワークフローに FTP ステップを簡単に追加できます!すべての Mac でお気に入りを自動的に同期します。数秒でお気に入りに接続できます。Mac OS X の意図した方法をブラウズしてください。多くの接続、1 つのウィンドウ。お気に入りや瞬時にあなたのフォルダにジャンプする Safari のような、非常に拡張可能フラッシュでアイテムの長いリストを狭めるそのミステリーサムネイルをスムーズにズーム多くのファイルをドラッグして「行ってください」!アップロードの許可を設定する、自動的にステータスを一目でわかる、いつもファイルを記録時間に移動するドックにドラッグするだけで簡単にアップロード Mac を使ってシャトルします。タブからタブに移動することもできます。ドラッグして送信、名前を変更して入力:あなたはすでにそれを知っている FTP 経験の 8 年間の結果注:7 日間の試用版。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン Transmit 5.7.2
ファイル名 Transmit 5.7.2.zip
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.11 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Panic, Inc.
更新日 http://www.panic.com/transmit/
更新時間 2021-03-04
ログを更新する

What's new in this version:

New:
- Support for Dropbox Business Team Spaces
- SFTP: Implemented the rsa-sha2-512 and rsa-sha-256 host key algorithms
- Added an option for exporting servers and their passwords to a password-protected, encrypted file

Improved:
- The default connection timeout has been extended to two minutes of inactivity
- Transfer confirmation sounds now play even when system interface sounds are disabled in System Preferences
- Updated to the latest version of the Dropbox OAuth API

Fixed:
- The “Preserve modification dates” preference is now applied to folders when using a supported protocol
- FTP: Resolved an issue with the initial connection being closed unexpectedly after logging in
- The activity queue no longer shows files as “moved” when copying from network drives mounted in Finder to Transmit’s local file browser
- The directional arrows in the conflict resolution dialog no longer point in the wrong direction in certain circumstances
- Editor: Command-G (⌘g) now advances to the next match in the document while the “Find” field is focused
- Automator: Credentials are now saved as expected when creating an Application workflow using a Server saved in Transmit
- Quick Connect: Fixed an issue preventing focus of the password field using keyboard navigation after connecting with a key saved in Transmit
- Fixed an issue where the content of the server activity window would not resize properly in some circumstances
- Resolved a potential crash that could occur with the info sidebar in rare cases
- “Open in Terminal” is no longer disabled for connections without a username or password defined in Transmit
- Middle-clicking tabs now closes them as expected
- Resolved an issue accessing the ~/.ssh/ folder when it is symlinked elsewhere
- After resolving a remote folder, symlink the folder’s icon is now badged as expected
- Resolved an issue with drag and drop of files from FUSE mounted network drives
- B2: Resolved a potential issue with refreshing expired authorization tokens while operations are in progress

ファイルのダウンロード Download
  • Transmit for Mac Screenshot 1Transmit for Mac Screenshot 2Transmit for Mac Screenshot 3Transmit for Mac Screenshot 4Transmit for Mac Screenshot 5