Tribler for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Tribler 7.10.0

Tribler for Mac は、Tor のインスピレーションを受けたタマネギのルーティングを使用して、心配や検閲の少ないトレントを検索してダウンロードします。 Tribler は、ピアツーピア(P2P)ネットワークを介したファイル共有を容易にするソーシャルコミュニティです。 Tribler アプリケーションプログラムが起動されると、Tribler がコンピュータ上で動作している他のユーザーの検索が自動的に開始されます。接続が確立されると、情報の交換が開始されます。最初に、個人情報(あなたのアバター画像、友人リスト、ダウンロード履歴など)とネットワークで利用可能なファイルに関する情報を交換します。これらのファイルは、個人用の共有ファイルでも、別の人から受信したファイルでもかまいません.

発見されたファイルや人に関する情報は、Tribler プログラムで利用できます。ファイルと人物をブラウズすることにより、各ユーザは、好みのファイルとユーザを見つけることができる。 Tribler for Mac プログラムは、各項目(ファイルであるかどうかにかかわらず)に関する追加情報を提供することによって、また他のユーザーがそれについて考えることを示します。好きな人を見つけたら、彼を友達として追加することができます。興味深いファイルをダウンロードして、あなたのライブラリーで利用できます。あなたがダウンロードを押すと、コンピュータは実際にこのファイル(またはその一部)を持っているコンピュータのインベントリを作成し、異なるコンピュータからパーツをダウンロードします.

Tribler は他の人と何が違うのですか?

Tribler for Mac はデルフト大学で開発されました。技術と Vrije Universiteit アムステルダム。ネットワーク技術、P2P ネットワーク、ビデオストリーミング、ユーザーインタラクションの基礎研究は、最先端のノウハウを当社のソフトウェアに統合するのに役立ちます。私たちはオープンソースの完全分散型ピアツーピアネットワークを目指しています。世界のあらゆる地域で誰もが利用可能です.

Also Available:Windows 用の Tribler をダウンロードしてください

ファイルのバージョン Tribler 7.10.0
ファイル名 Tribler-7.10.0.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Tribler Team
更新日 https://www.tribler.org/
更新時間 2021-07-07
ログを更新する

What's new in this version:

Added:
- version community mixin
- user-agent header to version check request (#6143)
- autogenerated swagger.yaml to .gitignore

Fixed:
- typos in Socks5Client tests
- tunnel_helper --restapi option
- adding torrent to personal channel after creating torrent
- mismatched channel disconnects
- incorrect translation crashing Settings page
- incorrect (un)quote of torrents' file-URIs
- some formatting issues in TriblerTunnelCommunity
- Object BandwidthTransaction was deleted outside of current transaction
- Move an async function call out of the db_session scope (#6134)
- dirty flag dropped when going back through channels stack
- thumbnails remaining on jumping to root channel view
- collection always in preview state
- loading animation not hiding on going back in channels stack
- channel navigation not showing during preview loading
- Pylint issues
- Add seeder
- seeding ratio
- missing % in translated string

- Remove DNS lookup when contacting UDP trackers through a proxy
- Ensure TorrentChecker.check_random_tracker makes requests using the default hop count
- Update Socks5ClientUDPConnection.sendto to support hostnames
- Remove redundant timeout check in versioncheck manager
- Uncover the real exception from CoreConnectTimeoutError
- Remove focus rectangle on channels path breadcrumb
- Remove v7.4 checkpoints that can't be converted
- Update IPv8 pointer
- Don't re-join a hidden swarm after having downloaded the metainfo
- Removed unnecessary code
- Don't log HTTPNotFound exceptions
- Allow request to the downloads endpoint even if MetadataStore is disabled
- Change GigaChannel community id
- Disable old reporter
- Refactor test_get_first_free_port
- Update zh_CN translation
- Update ru_RU translation and add dialog strings
- Change spacer height
- Move add channel button under channels list
- Change QSS styling for main window
- Rearrange left menu
- Refactor store
- Update pt_BR localization

ファイルのダウンロード Download