Tribler for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

VASSAL Engine 3.5.0

Tribler for Mac は、Tor のインスピレーションを受けたタマネギのルーティングを使用して、心配や検閲の少ないトレントを検索してダウンロードします。 Tribler は、ピアツーピア(P2P)ネットワークを介したファイル共有を容易にするソーシャルコミュニティです。 Tribler アプリケーションプログラムが起動されると、Tribler がコンピュータ上で動作している他のユーザーの検索が自動的に開始されます。接続が確立されると、情報の交換が開始されます。最初に、個人情報(あなたのアバター画像、友人リスト、ダウンロード履歴など)とネットワークで利用可能なファイルに関する情報を交換します。これらのファイルは、個人用の共有ファイルでも、別の人から受信したファイルでもかまいません.

発見されたファイルや人に関する情報は、Tribler プログラムで利用できます。ファイルと人物をブラウズすることにより、各ユーザは、好みのファイルとユーザを見つけることができる。 Tribler for Mac プログラムは、各項目(ファイルであるかどうかにかかわらず)に関する追加情報を提供することによって、また他のユーザーがそれについて考えることを示します。好きな人を見つけたら、彼を友達として追加することができます。興味深いファイルをダウンロードして、あなたのライブラリーで利用できます。あなたがダウンロードを押すと、コンピュータは実際にこのファイル(またはその一部)を持っているコンピュータのインベントリを作成し、異なるコンピュータからパーツをダウンロードします.

Tribler は他の人と何が違うのですか?

Tribler for Mac はデルフト大学で開発されました。技術と Vrije Universiteit アムステルダム。ネットワーク技術、P2P ネットワーク、ビデオストリーミング、ユーザーインタラクションの基礎研究は、最先端のノウハウを当社のソフトウェアに統合するのに役立ちます。私たちはオープンソースの完全分散型ピアツーピアネットワークを目指しています。世界のあらゆる地域で誰もが利用可能です.

Also Available:Windows 用の Tribler をダウンロードしてください

ファイルのバージョン VASSAL Engine 3.5.0
ファイル名 VASSAL-3.5.0-macos.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Tribler Team
更新日 https://www.tribler.org/
更新時間 2021-02-01
ログを更新する

What's new in this version:

New features:
- Console, for entering commands to affect errorlog, properties, etc.
- Performance improvements for Global Key Commands
- Simpler way to display PDF files from Help menu
- Expose version numbers and module strings to module as properties
- MouseOverStackViewer can show > 1 piece of a deck
- Editor's search function can now search piece traits and component attributes
- MouseoverStackViewer has HTML support and additional formatting options
- "Help" button (and help information) added to Preferences dialog
- Added preference to control drag-at-edge-of-map width
- Threshold for centering on opponent's move is now configurable
- Title Bar of module should always show most recent Save/Load/Log
- Ability to Deselect a piece with a Key Command (also remove it from its stack)
- Flare feature for map
- Added KeyNamer for overriding key names
- Method for removing unused images from modules
- Aesthetic improvements to dialogs
- Chess clocks
- Added Preference for turning off sounds

Bug-fixes:
- Level name in Layer trait is not being saved
13900: MassPieceLoader trait editor shows standard Embellishment trait editor instead of -ecific one
- Reinstate removed TilingHandler ctor for VASL 6.6.1
- NPE in DieManager ctor
- NPE in AbstractMetaData.getVassalVersion()
- Added description field to (nearly) all traits
- Toolbars missing from non-dockable windows
- "Module from older version" check is too strict
- Map/Module Global Key Command Description not being saved
- SendToLocation does not create Movement Trail points
- NPE in DiceButton.setAttribute()
- Find all parentless Dialogs and JOptionPanes and give them a parent
- Non-rectangular trait should remember name of image that created it
- Suffix/Prefix fields in Layer trait are not displayed correctly
- Bad parameter in Editor.UniqueIdManager.more_than_one message
- NPE after cutting/pasting piece palettes in Editor
- Chess clock help file is misnamed
13741: DataArchive.getImageNames() incorrectly returns an empty string if images/ has an -in the ZIP archive
- Piece Slots shouldn't be allowed at very top level of Piece Palette
- Replaced ComponentSplitter with SplitPane for better splitter positioning
- "Remember window size" preference is no longer ignored
- Global preferences are written when changed
- Save As in Editor, if it fails, complains the new filename
- Wizard should set the initial value for next save/load dialog
- Fixed incorrect date format in SecretNotesController
- Prevent top level required components from being deleted in Editor
- Comparison operator >= no longer incorrectly documented as =>
- Antialiasing RenderingHints not set properly for drawing game components

Other improvements:
- Make Flare animation disableable
- File > Import Module moved to Tools > Convert Module
- Simplified communication between Module Manager, Player, Editor
- Combined save and log loading; Load Continuation moved from File to Tools menu
- Improved workflow of zone editor
- Refer to MacOS instead of MacOS X now that MacOS 11 is out
- Simplified ZIP archive writing and error reporting
- Improve look of Auto Configured editor dialogs
- Improve visibility of Logging status - Help people to remember to start logs
- buildFile renamed to buildFile.xml
- Add a chatter message when starting to write a logfile
- Use native file chooser on Linux
- Better handling of logfile/savefile comments
- Saving a module will default to .vmod, an extension to .vext
- Player switching sides now reported in Chat Log
- Move Compatibility related preferences on the General tab to a new Compatibility tab
- Suggest default filename extensions

ファイルのダウンロード Download