uBar for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

DBeaver 7.0.1

uBar for Mac は Dock の代替品です。 Dock が本当に好きではない、または Windows タスクバーのソフトスポットを持っているなら、uBar はその日を救うためにここにいます。 uBar は、OS X.

のためのドックまたはタスクバーとして設定できます。探しているウィンドウを一目で確認できます。アプリケーションに複数のウィンドウがある場合、すぐにわかります。そのアプリケーションをクリックするとウィンドウメニューが開きます。ウィンドウメニューやアプリケーション自体にフォーカスを合わせることができます。ウィンドウのグループ化をオフにすると、すべての個々のウィンドウが uBar の右側に表示されます。ウィンドウのプレビューを有効にして、アプリケーションの上にポインタを置くと、すべてのウィンドウをプレビューすることができます。windows

uBar for Mac の端をドラッグして 5 行まで展開できます。アプリケーションには読みやすいバッジがあり、名前がグレー表示されているかどうかを確認することで、隠れているかどうかを知ることができます。 uBar には、最もよく使用されるアプリケーション用の「お気に入り」領域があり、デスクトップやゴミ箱のお気に入りが組み込まれています。アプリケーションを制御 / 右クリックすると、すぐに終了できる代替メニューが表示されます。アプリケーションが応答しないときは、赤い背景の斜線からすぐにわかります。 Control キーを押し続けると、アプリごとに CPU とメモリの使用状況が表示され、アクティビティモードになります。 Shift キーを押しながら、任意のアプリを終了するか、ワンクリックで任意のウィンドウを閉じることができます。 OS X 10.9 以降が必要です。 macOS 10.12 Sierra Ready。今すぐダウンロードしてください!

uBar for Mac 特集:

すべてのポジション
uBar は、画面のどの辺にでも配置できます:下、左、右、上。

Window Previews
アプリ内にカーソルを置くと、ウィンドウ内のウィンドウの視覚的プレビューが表示されます。

Timepieces
時計領域にカーソルを合わせると、カレンダーの上にビルトインまたはカスタムダイヤルが表示されます。

マルチモニタサポート
複数のモニタを使用している場合は、選択した画面に uBar が表示されます。

Drag と Drop
フォルダとファイルを Apps にドラッグして起動します。

展開可能な行数
エッジをドラッグして uBar を高さ 5 行まで拡張します。

Window Grouping
ウィンドウのグループ化を Always、Never、または Automatic.

uBar Menu
に設定すると、アプリケーション、システム環境設定、およびカスタム Apps とフォルダが表示されます。

お気に入りエリア
お気に入りのアプリケーション、フォルダ、ファイルをお気に入りエリアに追加します。

クロックエリア
時計エリアに曜日、日付、時刻が表示されます。

Hover Calendar
Calendar.

Themes
システム(自動)、ライト、ダーク、プラチナノイエ、再生中、カスタムを表示するには、時計領域にカーソルを合わせます。

サイズ
サイズを自動、小、中、大、または巨大に設定します。

ピニング
画面の任意の隅にピンを固定するか固定解除します。

App オーダー
起動、アルファベット順、または手動によるアプリの表示それらも除外することができます.

注:28 日間の試用版。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン DBeaver 7.0.1
ファイル名 dbeaver-ce-7.0.1-macos.dmg
ファイルサイズ 56.7 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Brawer Canada Inc
更新日 https://brawersoftware.com/products/ubar
更新時間 2020-03-22
ログを更新する

What's new in this version:

Data viewer:
- Search/replace in selected rows support was added
- Problem with Find/Replace and scrolling was fixed
- Floating point numbers rendering/copying was fixed (precision fix)

SQL editor:
- Connection initialization was fixed (active schema set)
- Auto-completion for DROP/ALTER procedure/function was added
- Auto-completion for asterisk (*) was fixed
- Auto-completion for table aliases was disabled
- Auto sync with database navigator was fixed (proper catalog/schema change)

- ERD viewer: table resize support was added
- Query manager: full query text view was fixed
- Connections invalidate was fixed (redundant connections open) and invalidate performance was improved

Schema compare (simple:
- Compare progress visualization was fixed
- Stored procedures body compare was fixed
- SSH tunnel: default user name (current OS user) is used when user name not set

PostgreSQL:
- PGPASS authentication was added
- Unique key indexes visibility was fixed
- Schema permissions viewer/editor was added
- Function/procedure create dialog was fixed
- Options for tables/functions DDL viewer now saved
- Enum values editor was added
- Array values copy-paste was fixed

Oracle:
- Automatic driver download was added
- View constraints create/drop support was added

DB2 LUW:
- Automatic driver download was added
- Table references read was fixed

SQL Server:
- Driver download  (native artifacts) was fixed
- Custom SQL query result editor was fixed
- Schema selector (main toolbar) was fixed

- SQLite: column rename support was added
- Snap package was significantly improved
- Many other minor bug fixes

ファイルのダウンロード Download