uBar for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Symfony 6.0.3

uBar for Mac は Dock の代替品です。 Dock が本当に好きではない、または Windows タスクバーのソフトスポットを持っているなら、uBar はその日を救うためにここにいます。 uBar は、OS X.

のためのドックまたはタスクバーとして設定できます。探しているウィンドウを一目で確認できます。アプリケーションに複数のウィンドウがある場合、すぐにわかります。そのアプリケーションをクリックするとウィンドウメニューが開きます。ウィンドウメニューやアプリケーション自体にフォーカスを合わせることができます。ウィンドウのグループ化をオフにすると、すべての個々のウィンドウが uBar の右側に表示されます。ウィンドウのプレビューを有効にして、アプリケーションの上にポインタを置くと、すべてのウィンドウをプレビューすることができます。windows

uBar for Mac の端をドラッグして 5 行まで展開できます。アプリケーションには読みやすいバッジがあり、名前がグレー表示されているかどうかを確認することで、隠れているかどうかを知ることができます。 uBar には、最もよく使用されるアプリケーション用の「お気に入り」領域があり、デスクトップやゴミ箱のお気に入りが組み込まれています。アプリケーションを制御 / 右クリックすると、すぐに終了できる代替メニューが表示されます。アプリケーションが応答しないときは、赤い背景の斜線からすぐにわかります。 Control キーを押し続けると、アプリごとに CPU とメモリの使用状況が表示され、アクティビティモードになります。 Shift キーを押しながら、任意のアプリを終了するか、ワンクリックで任意のウィンドウを閉じることができます。 OS X 10.9 以降が必要です。 macOS 10.12 Sierra Ready。今すぐダウンロードしてください!

uBar for Mac 特集:

すべてのポジション
uBar は、画面のどの辺にでも配置できます:下、左、右、上。

Window Previews
アプリ内にカーソルを置くと、ウィンドウ内のウィンドウの視覚的プレビューが表示されます。

Timepieces
時計領域にカーソルを合わせると、カレンダーの上にビルトインまたはカスタムダイヤルが表示されます。

マルチモニタサポート
複数のモニタを使用している場合は、選択した画面に uBar が表示されます。

Drag と Drop
フォルダとファイルを Apps にドラッグして起動します。

展開可能な行数
エッジをドラッグして uBar を高さ 5 行まで拡張します。

Window Grouping
ウィンドウのグループ化を Always、Never、または Automatic.

uBar Menu
に設定すると、アプリケーション、システム環境設定、およびカスタム Apps とフォルダが表示されます。

お気に入りエリア
お気に入りのアプリケーション、フォルダ、ファイルをお気に入りエリアに追加します。

クロックエリア
時計エリアに曜日、日付、時刻が表示されます。

Hover Calendar
Calendar.

Themes
システム(自動)、ライト、ダーク、プラチナノイエ、再生中、カスタムを表示するには、時計領域にカーソルを合わせます。

サイズ
サイズを自動、小、中、大、または巨大に設定します。

ピニング
画面の任意の隅にピンを固定するか固定解除します。

App オーダー
起動、アルファベット順、または手動によるアプリの表示それらも除外することができます.

注:28 日間の試用版。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン Symfony 6.0.3
ファイル名 v6.0.3.zip
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Brawer Canada Inc
更新日 https://brawersoftware.com/products/ubar
更新時間 2022-01-28
ログを更新する

What's new in this version:

Fixed:
- [FrameworkBundle] Fix missing arguments when a serialization default context is bound
- [Runtime] Fix --env and --no-debug with dotenv_overload
- [Dotenv] Fix bootEnv() override with .env.local.php when the env key already exists
- [Finder] Fix finding VCS re-included files in excluded directory
- [DoctrineBridge] Fix automapping
- [Validator] Fix Choice constraint with associative choices array
- [Form] UrlType should not add protocol to emails
- Silence warnings during tty detection
- [Serializer] Fix AbstractObjectNormalizer not considering pseudo type false
- [Notifier] Fix encoding of messages with FreeMobileTransport
- [Console] Fix PHP 8.1 deprecation in ChoiceQuestion
- [HttpKernel] Fix compatibility with php bridge and already started php sessions
- [Notifier] Use the UTF-8 encoding in smsapi-notifier
- [Yaml] Making the parser stateless
- [Console] fix restoring stty mode on CTRL+C
- [Process] Avoid calling fclose on an already closed resource
- [RateLimiter] Resolve crash on near-round timestamps
- [Console] fix parsing escaped chars in StringInput
- [Cache] Throw exception if incompatible version of psr/simple-cache is used
- [RateLimiter] Implicit conversion fix
- [DependencyInjection] remove arbitratry limitation to exclude inline services from bindings
- [DependencyInjection] copy synthetic status when resolving child definitions
- [HttpClient] Fix Failed to open stream: Too many open files
- [Console] use STDOUT/ERR in ConsoleOutput to save opening too many file descriptors
- [Cache] Set mtime of cache files 1 year into future if they do not expire
- [DoctrineBridge] Fix invalid guess with enumType
- [HttpClient] fix resetting DNS/etc when calling CurlHttpClient::reset()
- [HttpClient] Remove deprecated usage of GuzzleHttpPromisepromise_for
- [FrameworkBundle] Allow default cache pools to be overwritten by user
- [HttpClient] Remove deprecated usage of GuzzleHttpPromisequeue
- [PropertyAccess] Fix handling of uninitialized property of anonymous class
- [DependencyInjection] Add iterable to possible binding type
- [Serializer] Fix AbstractObjectNormalizer TypeError on denormalization
- [FrameworkBundle] Avoid calling rtrim(null, '/') in AssetsInstallCommand
- [DependencyInjection] Ignore argument type check in CheckTypeDeclarationsPass if it's a Definition with a factory
- Use correct tag for ExpoTransportFactory service
- Allow a zero time-limit for messenger:consume
- [DependencyInjection] Fix nested env var with resolve processor
- [Console] Allow OutputFormatter::escape() to be used for escaping URLs used in
- [Validator] Error using CssColor with doctrine annotations
- [HttpClient] Turn negative timeout to a very long timeout
- [Validator] throw when Constraint::_construct() has not been called
- [Translation] [LocoProvider] Fix use of asset ids

ファイルのダウンロード Download