Unity for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Unity 2019.2.4

Unity for Mac は、ゲーム開発エコシステムです。強力なレンダリングエンジンと完全な直感的なツールセットと迅速なワークフローを組み合わせて、インタラクティブな 3D および 2D コンテンツを作成します。簡単なマルチプラットフォームパブリッシング。何千もの品質の既製アセットを資産保管店や知識共有コミュニティに提供しています.

独立した開発者やスタジオのために、ユニティの民主化エコシステムは、ユニークな美しいゲームを作成する時間とコストの障壁を壊します。彼らは Unity for Mac を使って、好きなことをやって生活を築いていきます。どのプラットフォームでもプレーヤーを魅了し楽しませるゲームを作成しています.

Unity for Mac 特集:

Workflow
直感的で拡張可能なエディタワークスペースであなたのシーンを素早くアセンブルします。完成したゲームに向けて迅速な繰り返しを再生、テスト、編集します.

Quality
任意の画面でスムーズでクリーンな AAA 視覚的忠実度、音声、フルスロットルアクションでゲームを作成します.

2D& 3D
共有コンベンションを活用した効率的なワークフローによる 2D および 3D コンテンツ作成用の専用ツールを用意しています.

Animation
ユニークで強力な柔軟なアニメーションシステムにより、自然かつ流動的な動きであらゆるキャラクターやオブジェクトを生き生きとさせることができます.

性能
信頼性の高いパフォーマンス、滑らかなフレームレート、

Multi-platform
他のゲームエンジンでは、手間のかからない展開で多くのパブリッシングプラットフォームを選択することはできません.

Unity Cloud Build
新しいクラウドビルドサービスで簡単にビルドできます。プロジェクトの変更は作業中に検出され、ビルドは自動的にデバイスに配信されるか Web.6535896
注:Unity は無料で、Unity Pro.

Also の完全機能の 30 日間トライアルが付属しています。 Windows

ファイルのバージョン Unity 2019.2.4
ファイル名 UnityDownloadAssistant-2019.2.4f1.dmg
ファイルサイズ 860.16 KB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Unity Technologies
更新日 http://unity3d.com/unity
更新時間 2019-09-07
ログを更新する

What's new in this version:

Fixes:
- Android: Fixed the floating point render target on Android 4
- Animation: Fixed a crash that was introduced due to a missing null check
- Asset Import: Fixed UI refresh issue after clicking 'search and remap' in materials tab of ModelImporter
- Build Pipeline: Storing the list of Resources that are meant for the player only
- Graphics: Fixed an issue with the debug rendering happening out of BeginFrame/EndFrame on Dx12
- Timeline: Fixed a precision error on the duration of infinite tracks
- Timeline: Fixed an exception that was thrown when calling TrackAsset.CreateMarker() with a marker that implements INotification if the track does not support notifications
- Timeline: Fixed an issue where copying clips without ExposedReferences causing the scene to dirty
- Timeline: Fixed an issue where playhead was being moved when applying undo while recording
- Timeline: Fixed an issue where the context menu for inline curves keys would not open on MacOS
- Timeline: Fixed an issue where the duration mode was not reverting from "Fixed Length" to "Based On Clips" properly
- Timeline: Fixed an issue where two GatherProperties call were made when switching between two PlayableDirectors
- Timeline: Fixed an issue with minimum clip duration not being frame aligned
- Timeline: Fixed the preview mode being reenabled when warnings change on tracks
- Timeline: Fixed warnings about localEulerAnglesRaw when using RectTransform
- UI Elements: Fixed an issue where Calling BindProperty on a PropertyField doesn't work as intended
- UI Elements: Fixed an issue with the url() function in USS not working with path
- Video: Fixed an issue where a seek to a non-zero frame and then immediately a seek to 0 would Video freezes for a while
- Video: Fixed an issue where seeking forward and backwards in a video causes sound delays on Android
- Windows: Fixes UnityWebRequest so it'll honor the network Proxy 'bypass list' from Windows configuration
- XR: Fixed a memory issue in HoloLens SurfaceObserver
- XR: Fixed an incorrect early update ordering for Tango platforms (ARCore)

ファイルのダウンロード Download
  • Unity for Mac Screenshot 1Unity for Mac Screenshot 2Unity for Mac Screenshot 3Unity for Mac Screenshot 4