Universal Media Server for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Universal Media Server 7.3.0

Universal Media Server for Mac は、任意の DLNA 対応デバイスにビデオ、オーディオ、およびイメージを提供できるメディアサーバーです。無料で定期的に更新され、有料メディアサーバーを含む他のメディアサーバーよりも多くの機能を備えています.

Universal Media Server for Mac は、Windows、Linux、Mac OS X のすべての主要オペレーティングシステムをサポートしています。ビデオ、オーディオ、コンフィギュレーションがほとんどまたはまったくありません。これは、FFmpeg、MEncoder、tsMuxeR、MediaInfo、OpenSubtitles など、さまざまなメディアフォーマットをサポートするために組み合わされています.

は、Sony PlayStation 3(PS3)や PlayStation 4(PS4)、Microsoft Xbox (Samsung、Panasonic、Sony、Vizio、LG、Philips、Sharp)、スマートフォン(iPhone、Android など)、Blu-ray プレーヤーなど.

注:Java JDK.

Also Available: Universal Media Server for Windows をダウンロードします.

ファイルのバージョン Universal Media Server 7.3.0
ファイル名 UMS-7.3.0.dmg
ファイルサイズ 88.65 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Subjunk
更新日 http://www.universalmediaserver.com/
更新時間 2018-08-13
ログを更新する

What's new in this version:

General:
- Started to release standalone builds for Windows (no Java installation required)
- Added option to disable startup folder scanning in the first-run wizard
- Fixed fully played status sometimes not saving

Languages:
- Updated translations via Crowdin

As of 730, we are releasing standalone builds These are the same as the other builds with one difference - they use an internal version of Java This is good for a couple of reasons:
- You don't need to have Java installed on your computer to run standalone versions of UMS
- You will still need it for other Java applications, but if you don't have any of those you don't need it anymore
- You can avoid problems caused by different versions of Java
- Using our standalone builds means you are using our recommended version of Java Particularly newer versions are causing problems for many users, so this is a good way to avoid those problems These builds will use the internal Java version even if you have other ones installed on your computer, ensuring that UMS will use the best version for itself

ファイルのダウンロード Download