Virtual DJ for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

iMovie 10.3.1

VirtualDJ for Mac は、DJ がターンテーブルと CD プレーヤーを交換するために使用するソフトウェアで、ビニールや CD の代わりにデジタル音楽を使用しています.DJ が使用する CD プレーヤーは通常の Hi-Fi CD プレーヤーよりも多くのオプションを持っているのと同じように、 VirtualDJ には、iTunes のような単純なメディアプレーヤーよりも多くのオプションがあります。 2 つ以上のトラックを同時に演奏したり、テンポが一致するように相対速度を調整したり、ループなどのエフェクトを適用したり、一方のサイドから他方のサイドにクロスフェードすることができます。また、曲をスクラッチしたり、キューを設定したりリコールしたりすることもできます。DJ がミックスできるようになると期待される他のすべての通常の機能.

トラックのコレクションを整理して DJ フレンドリーな方法で簡単にグループ化できますフィルタを使ってホットな曲を見つけたり、互換性のある bpm やキーを見つけたり、以前のプレイリストにアクセスしたりすることができます。また、トラックが見つからない場合、VirtualDJ は自動的にインターネット上でそれを見つけ、直接ストリーミングします。何百万もの自動レポート VirtualDJ を世界中の他の VirtualDJ ユーザーから毎日入手することで、あなたがプレイしたばかりの DJ が他の DJ がうまくいくと考えている意味のあるアドバイスが得られます.

VirtualDJ for Mac は、あなたの Mac コンピュータをプロジェクターやクラブのスクリーンに接続する場合は、ビデオやカラオケを楽しむことができます.

伝統的なフランジャー、エコーなどから、ビートグリッドのような最新のビートアウェアなエフェクトまで、多彩なエフェクトが付属していますスライサー、ループロール。また、ビデオをミックスすると、多くのビデオエフェクトとトランジションが再生されます。内蔵のサンプラーを使用すると、さまざまなドロップやループでミックスを盛り上げることができます。また、シーケンサーのようなサンプラーを使ってオンザフライでリミックスを作成することで、ライブパフォーマンスとプロダクションをマージすることもできます.

VirtualDJ is 市販されているほとんどの DJ コントローラとプラグ・アンド・プレイが可能です。あなたのプラグを差し込むだけで、準備が整います。また、デフォルトの動作を変更したい場合、VirtualDJ は強力な「VDJScript」言語を備えています。これにより、任意の機能を好みに合わせて簡単に調整することができます。インタフェースと同じです。あなたがそれを変更したい場合、VDJ のウェブサイトは、デフォルトのものに取って代わる何百ものユーザ作成インターフェイスをホストしています。あるいは、簡単に独自のものを作成することもできます.

Mac 用の VirtualDJ は、スーパースター。クラブや大きなスタジアム、結婚式、プライベートパーティー、または自宅で練習するために使用されています。また、ライブで使用されるほかに、ミックステープ、ポッドキャストの録音、またはインターネットラジオへのブロードキャストに VirtualDJ を使用することもできます.

注:録画および放送のセッションは 10 分に制限されています。デモモードで複雑なオーディオ設定が無効になっています.

Also Available:Windows 用の Virtual DJ をダウンロードします

ファイルのバージョン iMovie 10.3.1
ファイル名 iMovie.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.7 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Atomix Productions
更新日 http://www.virtualdj.com/download/free.html
更新時間 2021-11-17
ログを更新する

What's new in this version:

iMovie 10.3.1
- Fixes an issue where the Command-Z keyboard shortcut would not perform an Undo if Language was set to Spanish in System Preferences


iMovie 10.3
Cinematic Mode:
- Edit videos recorded on iPhone 13 in Cinematic mode (requires macOS Monterey)
- Use the Cinematic control in the inspector to modify the intensity of the depth effect
- Choose to focus on faces or other objects by selecting them in the viewer
- View and delete focus points in the video timeline

Optimized for Apple silicon:
- Improved performance and efficiency with optimizations for M1 Pro and M1 Max on the new MacBook Pro


iMovie 10.2.5
- Improves stability when exporting with certain macOS Language & Region preferences


iMovie 10.2.4
- Import projects created with iMovie for iOS version 2.3
- Use sixteen new solid and textured backgrounds with adjustable colors
- Includes stability improvements


iMovie 10.2.3
- Fixes the following issues that could occur when importing projects from iMovie for iOS:
- Fonts may change when using the Slide and Chromatic title styles
- Longer titles may shift from one line to two lines
- Filters may be removed from clips
- Some projects may fail to import
- Fixes an issue in which changing an event name in the All Events view may cause that same name to be incorrectly displayed for a different event
- Includes stability and reliability improvements


iMovie 10.2.2
- Adds share option for YouTube and Facebook to create a file for uploading to those sites
- Includes stability improvements


iMovie 10.2.1
 - Improved performance and efficiency on Mac computers with Apple silicon


iMovie 10.1.16
- Addresses an issue that prevented the sharing of some projects in HD or 4K resolutions
- Improves stability when importing media


iMovie 10.1.15
- Add a hand drawn look to your movies with 5 new filters: Comic, Comic Mono, Comic Vintage, Comic Sepia and Ink
- Import iMovie for iOS projects with support for Comic, Comic Mono and Ink filters
- Improves overall stability


iMovie 10.1.14
- Fixes an issue that prevented media from appearing in the Photos library browser when using iMovie on macOS Catalina
- Prevents an issue that could lead to visual artifacts appearing onscreen for systems with Nvidia graphic cards that have the Reduce Transparency accessibility preference enabled
- Resolves an issue in which thumbnails would not update when skimming titles, backgrounds, and transitions in the Browser
- Improves overall stability


iMovie 10.1.13
- Fixes a display issue when adding titles to an App Preview movie for iPhone XS Max in landscape orientation
- Provides compatibility and stability improvements


iMovie 10.1.12
- Sharing to iMovie Theater is no longer supported; save your movies and trailers to iCloud Photos to watch them on other devices including Apple TV
- For users with videos in iMovie Theater, the Theater window is now accessible by choosing Window > Go to Theater
- Improves quality of conversion for incompatible media files with very low resolution
- Improves compatibility when importing iMovie for iOS projects
- Improves overall stability


iMovie 10.1.11
- Detects media files that may be incompatible with future versions of macOS after Mojave and converts them to a compatible format
- Improves reliability when sharing video to YouTube


iMovie 10.1.10
- Removes the option to share video files directly to Facebook
- Adds a new Prepare for Facebook option which exports a Facebook-compatible video file to your system that you can manually upload to the Facebook website
- Improves overall stability

ファイルのダウンロード Download
  • Virtual DJ for Mac Screenshot 1Virtual DJ for Mac Screenshot 2Virtual DJ for Mac Screenshot 3Virtual DJ for Mac Screenshot 4Virtual DJ for Mac Screenshot 5