VirtualBox 7.0.4 Build 154605 ソフトウェア情報交換

winXmacソフトウェアコミュニティ Mac 開発者ツール Oracle Open Source Rate 80

Oracle VM VirtualBox for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

VirtualBox 7.0.4 Build 154605

世界で最も一般的なクロスプラットフォーム仮想化ソフトウェアを使用すると、Mac、PC、Linux、または Oracle Solaris マシンで複数のオペレーティングシステムを実行できます。  Oracle VM VirtualBox for Mac は、x86 および AMD64 / Intel64 ハードウェア用の汎用フルバーチャライザーです。サーバー、デスクトップ、組み込み用途で使用できます。 VirtualBox はエンタープライズ・ユーザーにとって非常に機能豊かで高性能の製品であるばかりでなく、オープンソース・ソフトウェアとして自由に利用できる唯一のプロフェッショナル・ソリューションです.

Oracle VM VirtualBox の新機能の一部は次のとおりです。

近代的な Windows および Linux ゲスト VM は、ソフトウェアの正確で効率的な実行を容易にするために準仮想化インターフェースを公開することができます。仮想マシン・プラットフォームが定義されると、Oracle VM VirtualBox は、組み込みの仮想化サポート(Linux ゲストの KVM および Windows ゲストの Hyper-V)を活用してゲスト OS のパフォーマンスを向上させます.

xHCI コントローラは USB 3.0 デバイスをサポートします
ゲストオペレーティング・システムは、 USB 3.0 デバイスを認識し、3.0 スピードで動作します。ゲストは USB 1.1,2.0,3.0 デバイスを使用するように設定できるようになりました.

改善されたドラッグ& Drop のサポート
Oracle VM VirtualBox 5.0 からの起動により、ゲスト OS とホスト OS 間の双方向ドラッグ&ドロップのサポートが改善されました。ドラッグ&ドロップサポートは、最新のゲスト追加がインストールされて利用可能です.

ディスクイメージの暗号化
Oracle VM VirtualBox 5.0 では、XTS モード(128 ビットまたは 256 ビット)の AES アルゴリズムを利用して暗号化仮想ディスクイメージを使用できます。 DEK は仮想マシン構成ファイルの一部として格納されるため、暗号化により、仮想マシンの起動中にパスワードを要求するセキュリティ機能が追加されます.

ハード・デタッチ可能な起動オプション
Oracle VM VirtualBox は、仮想マシンが動作している間に閉じることができるフロントエンドプロセスです.

Also:VirtualBox for Windows をダウンロードしてください.

ファイルのバージョン VirtualBox 7.0.4 Build 154605
ファイル名 VirtualBox-7.0.4-154605-OSX.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Oracle
更新日 http://www.virtualbox.org/
更新時間 2022-11-19
ログを更新する

What's new in this version:

Fixed and/or added:
- VMM: Added nested paging support for nested virtualization (Intel hosts only)
- VMM: Fixed rare guru meditations with certain guests on macOS 10.15 (Catalina)
- VMM: Fixed possible VM process crash on Windows hosts when Hyper-V is used with certain guests
- VMM: Fixed Windows XP guest hang or BSOD on AMD CPUs under certain circumstances
- GUI: Various bugfixes for the Guest Control file manager
- GUI: Added more informative file operations in the Guest Control file manager
- GUI: Added an option to the global settings (the display page) to resize user interface font
- GUI: Fixed a regression in new vm wizard. Selected virtual disks are no longer deleted when the wizard is cancelled
- GUI: Added a new menu item to the devices menu to optionally upgrade the guest additions.
- VirtioSCSI: Fixed recognition of the virtio SCSI controller by the EFI firmware
- VirtioSCSI: Fixed hang when shutting down the VM if the virtio SCSI controller is used
- virtio-net: Workaround a bug in the virtio-net driver included in FreeBSD version up to 12.3 which renders the device non functional
- Storage: Fixed I/O errors with the VirtioSCSI controller when the host I/O cache is enabled
- VBoxManage: Fixed regression when 'createmedium disk --variant RawDisk' command resulted in invalid .vmdk file
- Main: Restored input pointing device behavior in multi-monitor VM configuration
- Main: Fixed progress indication during automatic Linux Guest Additions installation
- Guest Control: Fixed path handling issues
- 3D: Fixed VM process crash on macOS with 3D enabled
- Linux Host and Guest: General improvements in startup scripts
- Linux Guest Additions: Introduced initial support for RHEL 8.7 and 9.2 kernels
- Linux Guest Additions: Introduced initial support for SLES 15.4 kernels
- Linux Guest Additions: Fixed kernel modules rebuild behavior on system shutdown

ファイルのダウンロード Download
  • Oracle VM VirtualBox for Mac Screenshot 1Oracle VM VirtualBox for Mac Screenshot 2Oracle VM VirtualBox for Mac Screenshot 3Oracle VM VirtualBox for Mac Screenshot 4