VirtualBox 5.0.2 Build 102096 ソフトウェア情報交換

winXmacソフトウェアコミュニティ Mac 開発者ツール Oracle Open Source Rate 80

Oracle VM VirtualBox for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

VirtualBox 5.0.2 Build 102096

世界で最も一般的なクロスプラットフォーム仮想化ソフトウェアを使用すると、Mac、PC、Linux、または Oracle Solaris マシンで複数のオペレーティングシステムを実行できます。  Oracle VM VirtualBox for Mac は、x86 および AMD64 / Intel64 ハードウェア用の汎用フルバーチャライザーです。サーバー、デスクトップ、組み込み用途で使用できます。 VirtualBox はエンタープライズ・ユーザーにとって非常に機能豊かで高性能の製品であるばかりでなく、オープンソース・ソフトウェアとして自由に利用できる唯一のプロフェッショナル・ソリューションです.

Oracle VM VirtualBox の新機能の一部は次のとおりです。

近代的な Windows および Linux ゲスト VM は、ソフトウェアの正確で効率的な実行を容易にするために準仮想化インターフェースを公開することができます。仮想マシン・プラットフォームが定義されると、Oracle VM VirtualBox は、組み込みの仮想化サポート(Linux ゲストの KVM および Windows ゲストの Hyper-V)を活用してゲスト OS のパフォーマンスを向上させます.

xHCI コントローラは USB 3.0 デバイスをサポートします
ゲストオペレーティング・システムは、 USB 3.0 デバイスを認識し、3.0 スピードで動作します。ゲストは USB 1.1,2.0,3.0 デバイスを使用するように設定できるようになりました.

改善されたドラッグ& Drop のサポート
Oracle VM VirtualBox 5.0 からの起動により、ゲスト OS とホスト OS 間の双方向ドラッグ&ドロップのサポートが改善されました。ドラッグ&ドロップサポートは、最新のゲスト追加がインストールされて利用可能です.

ディスクイメージの暗号化
Oracle VM VirtualBox 5.0 では、XTS モード(128 ビットまたは 256 ビット)の AES アルゴリズムを利用して暗号化仮想ディスクイメージを使用できます。 DEK は仮想マシン構成ファイルの一部として格納されるため、暗号化により、仮想マシンの起動中にパスワードを要求するセキュリティ機能が追加されます.

ハード・デタッチ可能な起動オプション
Oracle VM VirtualBox は、仮想マシンが動作している間に閉じることができるフロントエンドプロセスです.

Also:VirtualBox for Windows をダウンロードしてください.

ファイルのバージョン VirtualBox 5.0.2 Build 102096
ファイル名 VirtualBox-5.0.2-102096-OSX.dmg
ファイルサイズ 87.13 MB
オペレーティングシステム Mac OS X
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Oracle
更新日 http://www.virtualbox.org/
更新時間 2015-08-14
ログを更新する

What's new in this version:

- VMM: added support for guest crash report MSRs with Hyper-V paravirtualization
- VMM: fixed an issue causing artifically high load averages on Linux hosts
- VMM: fixed a kernel panic with thread-context hooks caused by incompatible changes made to Linux 4.2 kernels
- VMM: fixed a saved state issue with VT-x/AMD-V disabled (5.0 regression; bug #14304)
- VMM: fixed VERR_SUPDRV_TSC_DELTA_MEASUREMENT_FAILED Guru Meditations on certain AMD CPUs (5.0 regression; bug #14370)
- VMM: fixed a crash while creating a guest core dumps via the VM debug facility (5.0 regression)
- VMM: This release has AVX2 passthrough disabled on every host and AVX passthrough disabled for 64-bit VMs on 32-bit hosts. This will be properly fixed in a future 5.0.x maintenance release (see e.g. bug #14262).
- GUI: fixed rare hang and crash on VM shutdown/poweroff
- GUI: X11: fixed few crashes caused by the Qt alien widgets feature
- GUI: X11: fixed various mini-toolbar geometry quirks like positioning, z-order, transiency issues on certain window managers (bug #14257)
- GUI: X11: fixed mini-toolbar minimize button issue under certain window managers (bug #14284)
- GUI: VM menu actions availability should now be properly updated on full-screen/seamless/scaled mode switches
- GUI: disk encryption password validation should be performed when user confirmed the password, not after each entered symbol
- GUI: do not change the VM/group selection in the VM Manager to the newly created VM if it was created by another client (e.g. VBoxManage)
- GUI: Mac OS X: do not treat 'almost maximized' VM windows as 'maximized', watch for the strict window geometry instead
- GUI: improve the quality in scaled mode under some circumstances (5.0 regression; bug #14303)
- VBoxManage: do not deny changing the network adapter type at VM runtime (5.0 regression; bug #14308)
- VRDP: allow Windows 10 RDP clients (bug #14216)
- Audio: fix a possible crash on VM process termination (5.0 regression)
- Storage: improved raw disk access on OS X by unmounting any accessed volume before first use and prevent any mount attempt by the host (bug #14219)
- 3D: basic support for saving/restoring display lists
- Drag and drop: fixed guest to host transfers on OS X hosts
- Drag and drop: fixed memory leak on Windows guests
- Shared Folders: fixed a problem with accessing CIFS shares (bug #14252)
- Shared Folders: improved path conversion between hosts and guests with different path separators (bug #14153)
- API: skip resetting of immutable media when the VM in saved state is started (bug #13957)
- API: fixed method for setting medium IDs which used zero (invalid) UUIDs instead random (valid) UUIDs if no UUIDs were passed (bug #14350)
- API: for Windows host fix detection of API client crashes which have a session open
- OVF: properly export all VBox features including the setting for paravirtualization (bug #14390)
- Mac OS X hosts: El Capitan USB fixes
- Windows hosts: fixed crash when opening Windows dialogs from the VM process on Windows 10 (bug #14351)
- Windows hosts: fixed host-only adapter creation issues on Windows 10 (bug #14040)
- Windows hosts: fixed audio on Windows 10 (bug #14432)
- Linux hosts: more fixes for activated SMAP on Linux 3.19 and newer (Broadwell and later; bug #13961)
- Linux hosts: check then name space before attaching to a host network interface (bug #13795)
- Linux Additions: Linux 4.2 fixes (bug #14227)
- Linux Additions: improved the performance of stat() to speed up certain file operations on shared folders
- Windows Additions: fixed a potential crash in the WDDM driver with Windows 10 (bug #14190)
- Solaris Additions: added support for X.Org Server 1.17
- X11 Additions: various seamless mode fixes, including invisible windows under LXDE.

ファイルのダウンロード Download
  • Oracle VM VirtualBox for Mac Screenshot 1Oracle VM VirtualBox for Mac Screenshot 2Oracle VM VirtualBox for Mac Screenshot 3Oracle VM VirtualBox for Mac Screenshot 4