VirtualBox 4.3.4 Build 91017 ソフトウェア情報交換

winXmacソフトウェアコミュニティ Mac 開発者ツール Oracle Open Source Rate 80

Oracle VM VirtualBox for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

VirtualBox 4.3.4 Build 91017

世界で最も一般的なクロスプラットフォーム仮想化ソフトウェアを使用すると、Mac、PC、Linux、または Oracle Solaris マシンで複数のオペレーティングシステムを実行できます。  Oracle VM VirtualBox for Mac は、x86 および AMD64 / Intel64 ハードウェア用の汎用フルバーチャライザーです。サーバー、デスクトップ、組み込み用途で使用できます。 VirtualBox はエンタープライズ・ユーザーにとって非常に機能豊かで高性能の製品であるばかりでなく、オープンソース・ソフトウェアとして自由に利用できる唯一のプロフェッショナル・ソリューションです.

Oracle VM VirtualBox の新機能の一部は次のとおりです。

近代的な Windows および Linux ゲスト VM は、ソフトウェアの正確で効率的な実行を容易にするために準仮想化インターフェースを公開することができます。仮想マシン・プラットフォームが定義されると、Oracle VM VirtualBox は、組み込みの仮想化サポート(Linux ゲストの KVM および Windows ゲストの Hyper-V)を活用してゲスト OS のパフォーマンスを向上させます.

xHCI コントローラは USB 3.0 デバイスをサポートします
ゲストオペレーティング・システムは、 USB 3.0 デバイスを認識し、3.0 スピードで動作します。ゲストは USB 1.1,2.0,3.0 デバイスを使用するように設定できるようになりました.

改善されたドラッグ& Drop のサポート
Oracle VM VirtualBox 5.0 からの起動により、ゲスト OS とホスト OS 間の双方向ドラッグ&ドロップのサポートが改善されました。ドラッグ&ドロップサポートは、最新のゲスト追加がインストールされて利用可能です.

ディスクイメージの暗号化
Oracle VM VirtualBox 5.0 では、XTS モード(128 ビットまたは 256 ビット)の AES アルゴリズムを利用して暗号化仮想ディスクイメージを使用できます。 DEK は仮想マシン構成ファイルの一部として格納されるため、暗号化により、仮想マシンの起動中にパスワードを要求するセキュリティ機能が追加されます.

ハード・デタッチ可能な起動オプション
Oracle VM VirtualBox は、仮想マシンが動作している間に閉じることができるフロントエンドプロセスです.

Also:VirtualBox for Windows をダウンロードしてください.

ファイルのバージョン VirtualBox 4.3.4 Build 91017
ファイル名 VirtualBox-4.3.4-91027-OSX.dmg
ファイルサイズ 112.9 MB
オペレーティングシステム Mac OS X
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Oracle
更新日 http://www.virtualbox.org/
更新時間 2013-11-30
ログを更新する

What's new in this version:

- VMM: fix for a bug in the Local APIC emulation causing a BSOD when booting certain guests (4.3.0 regression)
- VMM: fixed loading of saved states if VT-x/AMD-V was disabled (4.3.2 regression)
- VMM: fixed single-stepping inside the guest for certain instructions (VT-x only)
- VMM: fixed a performance issue involving APIC accesses after rebooting a VM (4.3.0 re-gression; VT-x only)
- VMM: fixed TPR patching to be enabled for 32-bit guests even when the chosen guest type is 64-bit (4.3.0 regression; AMD-V only)
- VMM: fixed occassional VINF_EM_TRIPLE_FAULT errors on hosts without the unrestricted guest execution feature
- GUI: don’t bother the user with the BPP warning if no Guest Additions are installed
- GUI: fixed machine-window paint artifacts on VM reboot / guest-screen resize
- GUI: make sure the assigned license and description are attached to the exported appliance
- GUI: fixed bugs in close VM action restrictions handling
- GUI: fixed incorrect wizards text colors for some unusual look and feel styles
- GUI: should restore seamless mode as soon as possible after VM reboot or shutdown
- GUI: fixes for medium enumeration
- Host-only Networking: fixed creating of host-only network interfaces (4.3.0 regression)
- NAT: don’t run into an infinite loop in case the host cannot access any DNS server (4.3.0 regression)
- NAT: don’t re-connect the cable if the DNS information changes and the cable was disconnected before (4.3.0 regression)
- NAT: fixed several issues with automatically starting / terminating of NAT networks on VM start / stop and configuration changes VBoxNetDHCP: don’t block prevent VBoxSVC from terminating
- 2D Video acceleration: fix crashes on presentation mode switches
- BusLogic: allow to run VMs with more than one BusLogic SCSI controller enabled
- Keyboard: fixed a VM crash if a VM was resumed from a saved state where at least one key was pressed
- VBoxSVC: fixed a heap corruption under certain conditions (4.3.0 regression)
- VBoxSVC: fixed a race leading to a hang during initialization
- OVF: fixed import logic for OVF appliances containing multiple VMs
- OVF: improved logic for finding an appropriate image format during OVF import
- API: block the removal of the current snapshot if it has child snapshots (only relevant for VMs without snapshottable hard disks, their presence always prevented removal), which resulted in VM config corruption
- API: mark VM configs with snapshots but without current snapshot as inaccessible, as this combination is nonsense
- API: fixed information for some automatically generated events (only with XPCOM, Windows host was not affected), which caused errors when getting some of the attributes over the webservice
- SDK: extended the functionality coverage for the C bindings
- Guest Control: various bugfixes and improved VBoxManage help
- Windows hosts: another attempt to fix the massive DPC latency
- Windows host installer: make registering file extensions optional, contributed by Tal Aloni
- Guest Additions/3D: fixed an occasional dead-lock
- Windows Additions/3D: fixed possible memory leaking
- Windows Additions/XPDM: use separate tables containing valid video modes for each virtual monitor
- Windows Additions: fixed automatic logins for Vista and newer Windows guests

ファイルのダウンロード Download
  • Oracle VM VirtualBox for Mac Screenshot 1Oracle VM VirtualBox for Mac Screenshot 2Oracle VM VirtualBox for Mac Screenshot 3Oracle VM VirtualBox for Mac Screenshot 4