VirtualBox 1.6.0 Build 30421 ソフトウェア情報交換

winXmacソフトウェアコミュニティ Mac 開発者ツール Oracle Open Source Rate 80

Oracle VM VirtualBox for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

VirtualBox 1.6.0 Build 30421

世界で最も一般的なクロスプラットフォーム仮想化ソフトウェアを使用すると、Mac、PC、Linux、または Oracle Solaris マシンで複数のオペレーティングシステムを実行できます。  Oracle VM VirtualBox for Mac は、x86 および AMD64 / Intel64 ハードウェア用の汎用フルバーチャライザーです。サーバー、デスクトップ、組み込み用途で使用できます。 VirtualBox はエンタープライズ・ユーザーにとって非常に機能豊かで高性能の製品であるばかりでなく、オープンソース・ソフトウェアとして自由に利用できる唯一のプロフェッショナル・ソリューションです.

Oracle VM VirtualBox の新機能の一部は次のとおりです。

近代的な Windows および Linux ゲスト VM は、ソフトウェアの正確で効率的な実行を容易にするために準仮想化インターフェースを公開することができます。仮想マシン・プラットフォームが定義されると、Oracle VM VirtualBox は、組み込みの仮想化サポート(Linux ゲストの KVM および Windows ゲストの Hyper-V)を活用してゲスト OS のパフォーマンスを向上させます.

xHCI コントローラは USB 3.0 デバイスをサポートします
ゲストオペレーティング・システムは、 USB 3.0 デバイスを認識し、3.0 スピードで動作します。ゲストは USB 1.1,2.0,3.0 デバイスを使用するように設定できるようになりました.

改善されたドラッグ& Drop のサポート
Oracle VM VirtualBox 5.0 からの起動により、ゲスト OS とホスト OS 間の双方向ドラッグ&ドロップのサポートが改善されました。ドラッグ&ドロップサポートは、最新のゲスト追加がインストールされて利用可能です.

ディスクイメージの暗号化
Oracle VM VirtualBox 5.0 では、XTS モード(128 ビットまたは 256 ビット)の AES アルゴリズムを利用して暗号化仮想ディスクイメージを使用できます。 DEK は仮想マシン構成ファイルの一部として格納されるため、暗号化により、仮想マシンの起動中にパスワードを要求するセキュリティ機能が追加されます.

ハード・デタッチ可能な起動オプション
Oracle VM VirtualBox は、仮想マシンが動作している間に閉じることができるフロントエンドプロセスです.

Also:VirtualBox for Windows をダウンロードしてください.

ファイルのバージョン VirtualBox 1.6.0 Build 30421
ファイル名 VirtualBox-1.6.0-OSX_x86.dmg
ファイルサイズ 26.33 MB
オペレーティングシステム Mac OS X
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Oracle
更新日 http://www.virtualbox.org/
更新時間 2008-05-05
ログを更新する

What's new in this version:

- Solaris and Mac OS X host support
- Seamless windowing for Linux and Solaris guests
- Guest Additions for Solaris
- A webservice API
- SATA hard disk (AHCI) controller
- Experimental Physical Address Extension (PAE) support
- GUI: added accessibility support (508)
- GUI: VM session information dialog
- VBoxHeadless: renamed from VBoxVRDP
- VMM: reduced host CPU load of idle guests
- VMM: many fixes for VT-x/SVM hardware-supported virtualization
- ATA/IDE: better disk geometry compatibility with VMware images
- ATA/IDE: virtualize an AHCI controller
- Storage: better write optimization, prevent images from growing unnecessarily.
- Network: support PXE booting with NAT
- Network: fixed the Am79C973 PCNet emulation for Nexenta guests
- NAT: improved builtin DHCP server (implemented DHCPNAK response)
- NAT: port forwarding stopped when restoring the VM from a saved state
- NAT: make subnet configurable
- XPCOM: moved to libxml2
- XPCOM: fixed VBoxSVC autostart race
- Audio: SoundBlaster 16 emulation
- USB: fixed problems with USB 2.0 devices
- MacOS X: fixed seamless mode
- MacOS X: better desktop integration, several look'n'feel fixes
- MacOS X: switched to Quartz2D framebuffer
- MacOS X: added support for shared folders
- MacOS X: added support for clipboard integration
- Solaris: added host audio playback support (experimental)
- Solaris: made it possible to run VirtualBox from non-global zones
- Shared Folders: made them work for NT4 guests
- Shared Folders: many bugfixes to improve stability
- Seamless windows: added support for Linux guests
- Linux installer: support DKMS for compiling the kernel module
- Linux host: compatibility fixes with Linux 2.6.25
- Windows host: support for USB devices has been significantly improved; many additional USB devices now work
- Windows Additions: automatically install AMD PCNet drivers on Vista guests
- Linux additions: several fixes, experimental support for RandR 1.2
- Linux additions: compatibility fixes with Linux 2.6.25

ファイルのダウンロード Download
  • Oracle VM VirtualBox for Mac Screenshot 1Oracle VM VirtualBox for Mac Screenshot 2Oracle VM VirtualBox for Mac Screenshot 3Oracle VM VirtualBox for Mac Screenshot 4