Viscosity for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

PyCharm 2019.1.1

Viscosity for Mac はファーストクラスの OpenVPN クライアントで、ネットワークを簡単かつ安全に保護することができます。スタイル。粘性により、VPN を初めて使用するユーザーは簡単に開始できます。その明確で直感的なインターフェイスにより、接続の作成、設定、またはインポートが簡単に行えます。粘度は中小企業と企業の両方で設計されています。ユーザーに簡単に接続バンドルを作成したり、すべての設定と接続で「粘度」を完全に事前設定することもできます。あなたは、シェアを自動マウントしてアプリを開いて、あなたの人生を楽にすることができます.

特徴:

Cross-Platform
Viscosity は MacOS(10.7-10.12)と Windows(XP、Vista、7,8、 8.1& 10)users.

VPN For Everyone
複雑なコマンドを知らなくても、直感的なインターフェイスで OpenVPN 接続を完全に設定することができます.

Proven Technology
小規模企業からフォーチュン 500 企業、学校、大学、自宅、そして road.

Traffic Statistics
Viscosity は OpenVPN 接続を監視し、重要なネットワークと接続の詳細を style.

DNS で確実に把握します。 Done Right
Viscosity は、Mac OS X の高度な DNS システムと完全に統合されており、接続中にカスタム DNS サーバと検索ドメインを使用できるようにしています.

Enterprise Support
設定や接続による粘性の簡単な設定により、ユーザは心配する必要がありません。簡単な配備可能な接続プロファイルを作成する.

システム Protected
Mac のキーチェーンと Windows の資格情報システムを使用して、あなたの詳細が安全かつ安全に保たれていることを確認する.

Script Everything
Control AppleScript を使用して粘性を設定するか、接続時にカスタム AppleScript または Batch /

より。

注:30 日トライアルバージョン.Much More
スマートカード / トークン(PKCS#11)のサポート、メニューフォルダ、複数の接続、OpenVPN-AS サポート、プロキシ統合、IPv6 など。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン PyCharm 2019.1.1
ファイル名 pycharm-professional-2019.1.1.dmg
ファイルサイズ 411 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 SparkLabs Pty Ltd.
更新日 https://www.sparklabs.com/viscosity/
更新時間 2019-04-05
ログを更新する

What's new in this version:

New:
- Jupyter Notebooks support has been completely redesigned. Direct editing of Notebooks is now available in PyCharm 2019.1, with a convenient side-by-side view that helps you get a better overview of your Notebook’s source code while seeing the output right next to it. You can run and debug cells straight from the IDE.
- Quick documentation for HTML and CSS has been improved. Quick question: when writing a ‘padding’ property in CSS, what comes first? Left and right, or top and bottom? Just write ‘padding’ in a CSS file and press Ctrl-Q (or Ctrl-J on macOS) to find the answer!
- Navigate quickly to recent locations, rather than files. When you’re making quick edits, you frequently need to go back and forth between locations. The recent files popup (Ctrl-E, or Cmd-E on macOS) has always been there to quickly move between files you’re editing, but now we’ve also got the new and improved recent locations popup. Try it now: just press Ctrl-Shift-E (or Cmd-Shift-E on macOS).
- We’ve ending support for two Python versions: 2.6 (that has been end-of-life since 2013), and 3.4 (which just reached end-of-life). If you’re still using these versions, you’ll receive a warning that these versions are no longer supported. Some PyCharm functionality might no longer work, and we won’t fix any bugs related to these Python versions anymore.

ファイルのダウンロード Download