Visual Studio Code for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

GDevelop 5.0.0 Beta 80

Visual Studio Code for Mac は、最新の Web アプリケーションとクラウドアプリケーションの構築とデバッグのために再定義され、最適化された強力なコードエディタです。 Visual Studio コードは、コードエディタのシンプルさと合理化されたエクスペリエンスと開発者のコ​​アコード編集 - デバッグサイクルに必要な最高のものを組み合わせた新しい開発ツールを開発者に提供します。 Visual Studio Code は、最初のコードエディタであり、Visual Studio ファミリの OSX、Linux、および Windows をサポートする最初のクロスプラットフォーム開発ツールです.

Visual Studio Code は、強力な高速コードエディタを搭載しています。日々の使用。コードのプレビュー版には、ナビゲーション、カスタマイズ可能なバインディングによるキーボードサポート、構文の強調表示、ブラケットのマッチング、自動インデント、スニペットなど、開発者がコードやテキストエディタに必要とする多くの機能が、数十の言語をサポートしています.

ミート IntelliSense
Go 変数の型、関数定義、およびインポートされたモジュールに基づいてスマートな補完を提供する IntelliSense で構文の強調表示と自動補完を超えています.

Print ステートメントのデバッグはエディタから過去
Debug コードのものです。実行中のアプリケーションを起動または接続し、ブレークポイント、コールスタック、対話式のコンソールでデバッグしてください.

Git コマンド組み込み関数
Git を使って作業するのはずっと簡単です。差分ファイルを確認し、ファイルをステージングし、エディタから直接コミットします。任意のホストされた Git サービスからプッシュ&プル.

拡張性とカスタマイズ性
さらに多くの機能がありますか?拡張機能をインストールして、新しい言語、テーマ、デバッガを追加し、追加のサービスに接続します。拡張機能は別々のプロセスで実行されるため、editor.

注:64 ビットプロセッサが必要です.

使用可能:Windows 用 Visual Studio コードをダウンロードしてください

ファイルのバージョン GDevelop 5.0.0 Beta 80
ファイル名 gdevelop-5.0.0-beta80.dmg
ファイルサイズ 94.7 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Microsoft Corporation
更新日 https://code.visualstudio.com
更新時間 2019-09-09
ログを更新する

What's new in this version:

New features:
- Add new experimental extension: "Dialogue Tree" speech_balloon
-- Construct advanced dialogue tree with an editor like Yarn and load them in your events.
-- In a next version, Yarn will be integrated into GDevelop for authoring the dialogue directly from the editor.

Add effects sparklerfor layers:
-- Choose amongst several different effects: sepia, noise, night, etc...
-- Update the effect parameters during the game with events.
- In a next version, more effects will be provided through extensions.
-- Learn more about effects on this wiki page!

Improvements
- Add context menu options to add new scene/external layout/external events or extension
- Add search bar in instances list
- Update some buttons to make them more intuitive to use
- Update field colors to make clearer the input areas
- Improve Layers editor
- Add more argument types in objecttools.js
- Add getObjectsLists to eventsFunctionContext to directly manipulate objects lists in JavaScript.
- Update games exported to Windows/macOS/Linux to Electron 3.0.9 (for better compatibility and better performance)

Bug fixes:
- Fix some typos
- Fix the selection area for ForEach/Repeat being too large
- Fix focusing of fields when editing a parameter by clicking on it in the Events Sheet
- Fix clicking outside Color Picker not closing the picker
- Fix positioning of flipped Sprite object with the Platformer Character behavior
- Fix crash when Text object font is set to 0
- Fix fill opacity of Shape Painter object always 0 in editor
- Fix objects/parameters/extensions wrongly allowing empty string as name
- Prevent empty names to be entered for scene/external layouts/external events
- Fix clicking on group when editing their name wrongly opening the editor
- Fix video object not playing/crashing on Chrome
- Rework subscriptions to support 3D Secure
- Fix crash when using some translations
- Fix object type change not properly applied when editing a behavior
- Fix "Is Ended" condition for Video object

ファイルのダウンロード Download