Vivaldi for Mac 1.0.403.24 Beta 3 ソフトウェア情報交換

winXmacソフトウェアコミュニティ Mac ブラウザ Vivaldi Technologies Freeware Rate 90

Vivaldi for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Vivaldi for Mac 1.0.403.24 Beta 3

Mac 用の Vivaldi ブラウザである Opera のクリエイターだけでなく、機能性が高く、柔軟性が高く、ユーザーを最優先にするブラウザです。あなたのために作られたブラウザ。最後に、あなたのウェイをサーフィンすることができます.

ビバルディのウェブブラウザはあなたに適応します。ウィンドウの下部または側面にあるブラウザのタブが好きですか?たぶん、あなたは別のアドレスバーの場所を好むかもしれませんか? Vivaldi for Mac を使用すると、キーボードショートカット、マウスジェスチャーなど、それ以上のものすべてをカスタマイズすることができます。ダウンロード、インストール、アップデート Vivaldi for Mac!

あなたはキーボードの人ですか?それで運が良かった。クイックコマンドを使用すると、開いているタブ、ブックマーク、履歴、設定などを単一のキーボードショートカットで検索できます。 Vivaldi は、クイックコマンドメニューのカスタマイズ性を高め、独自のコマンドを作成して即座に実行できるようにすることを目指しています.

ウェブブラウザの多くの未編成のタブがすばやくなり、探しているタブを見つけるのが難しくなります。タブスタックを使用してタブを整理する! 1 つのタブの下に複数のタブをグループ化できます。グループを簡単にグループ化するためにタブを別のグループにドラッグするだけです.

Notes パネルの閲覧中に Web ページのスクリーンショットを追加して追加できます。ノートは関連する Web サイトを覚えたり、スクリーンショットなどの添付ファイルを保存したり、タグを追加して後で簡単に整理して見つけることができます.

Vivaldi ブラウザの機能:

Adaptive Interface
Vivaldi Web ブラウザの配色は、カメレオンのように周囲に適応します。きれいでモダンな外観がコンテンツを補完します。 Facebook は Web ブラウザを青色に変え、Verge はそれをオレンジ色にします。あなたがそうしたいならば.

Spatial Navigation
矢印キーを使ってすべての軸を動かすことができるときに、Web ページコンテンツを介してタブサイクリングをする必要はありません。キーボードだけで Web ページのどこにでも高速でアクセスできます。ダウンロード、インストール、または更新する Vivaldi for Mac!

Sync
複数のコンピュータを同期させますか?ビバルディシンクはそれを可能にします。あなたのブックマーク、履歴、パスワード、および設定はすべて、暗号化された同期インフラストラクチャを通じて、Vivaldi ブラウザの異なるインスタンス間で同期させることができます.

Email
あなたの Web ブラウザに組み込まれた E メールクライアント!それは正しい。電子メールはまだ多くの人にとって非常に重要です。堅牢で、効率的で、軽量で、見栄えのよい電子メールクライアントをお探しですか?あなたはヴィヴァルディに属する所を見つけます。それを M3 と呼んでください。更新情報をお待ちしています.

Web Technology
ビバルディをユニークなものにすることの 1 つは、最新のウェブ技術に基づいて構築されていることです。 Vivaldi for Mac JavaScript と React を使用して、Node.js と NPM モジュールの長いリストの助けを借りてユーザーインターフェイスを作成します。 Vivaldi は web.

もご利用いただけます:Windows 用 Vivaldi Browser をダウンロード

ファイルのバージョン Vivaldi for Mac 1.0.403.24 Beta 3
ファイル名 Vivaldi.1.0.403.24.dmg
ファイルサイズ 55.75 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Vivaldi Technologies
更新日 https://www.vivaldi.com/
更新時間 2016-03-04
ログを更新する

What's new in this version:

A SESSIONS SAVE/LOAD:
- This is our first implementation of the session manager. In this implementation, you can save all of your currently open tabs as a session so that you can go back and open them all at once. So for example, you can have a work session different from a private session. That way, you can very quickly switch between completely different set of tabs for work, and for your private research or what not.
- To save a session, go to File menu and click “Save Open Tabs as Session”.
- And to open a session, Go to Open a session under the File menu and choose from the saved sessions.

TAB SPECIFIC ZOOM:
- Allows you to set zoom level for each tab, rather than for each website domain. It avoids having all the tabs zoomed when visiting the same website in different tabs and allows you to keep one zoom level while browsing in a tab.

NEW TAB HIBERNATION OPTIONS:
- This new option gives you more control on your resources. If you are like us and want to have many tabs open, simply right click on the active tab and choose 'Hibernation Background tabs'. This will immediately free up more resources as your tabs are 'put to sleep'. Switching over to any of them will bring them back to life.

NEW OPTIONS AND DEFAULTS FOR TAB OPENING AND CLOSING BEHAVIOUR:
- Another improvement from Beta 2 based on user feedback is tab opening/closing behaviour. When you open new tabs from a link in your current tab, they share a relationship. For example, say you perform a search in your current tab and Ctrl+Click the first search result, it will then open next to its "parent". If you Ctrl+Click a second result, the new tab will place itself immediately after its "sibling".
- New tabs that you open via Ctrl+T or by clicking on "+" have no relationships and will therefore open on next to the "+" button, just like before.
- Opening behaviour goes hand in hand with closing behaviour, so we have also made a change here as well. With the new default, when a focused tab is closed, Vivaldi will switch to its right-most (or bottom-most) "relative". In cases where there are no relationships between tabs, Vivaldi will switch to the last activated tab (our old behavior). This combination of tab relationships and activation order, should result in a best of both worlds default and an improvement over what the other browsers are doing.
- The new default works especially well when opening lots of links from one site and then closing them down one by one to return to whatever you were working on before.
- But of course, all of this can be customized as you like from Tabs menu in the Settings.

ファイルのダウンロード Download
  • Vivaldi for Mac Screenshot 1Vivaldi for Mac Screenshot 2Vivaldi for Mac Screenshot 3Vivaldi for Mac Screenshot 4Vivaldi for Mac Screenshot 5