VueScan for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Ultimaker Cura 4.9.0

VueScan for Mac は、ほとんどの高品質フラットベッドスキャナとフィルムスキャナで動作し、色の忠実度とカラーバランスを持つスキャンを生成するスキャンプログラムです。非常に使いやすく、色あせた色、バッチスキャン、およびプロの写真家が使用するその他の機能を復元するための高度な機能も備えています.

スキャナはオペレーティングシステムでサポートされなくなりましたか?それとも付属のスキャナよりも多くの機能を探していますか? VueScan をダウンロードしてください。これはスキャナに付属のソフトウェアを置き換えるため、ハードウェアのスキャンと寿命を延ばすことができます.

VueScan for Mac はシステム上で何も変わらず、オペレーティングシステムに何もインストールされず、他のすべてのスキャナソフトウェアは引き続き機能します。 VueScan はいつでも購入でき、すぐに画像の透かしを無効にするシリアル番号を取得できます.

VueScan 機能:

3000 以上のスキャナと互換性があります.
VueScan は、Windows、Mac OS X および Linux 上の 3000 種類以上の異なるスキャナと互換性があります。あなたのスキャナが動作するかどうかを確認する最善の方法は、VueScan をダウンロードすることです(60 秒かかります)。サポートされているスキャナのこのリストを確認することもできます.

瞬時にアップグレードすることができます。製造元からでなくてもどこからでも見つけることができる強力な新機能を提供します。 VueScan を使用してスキャナーを陳腐化から守る(埋め立てから).

VueScan モバイル for iOS と Android
iPad、iPhone、Android の携帯電話またはタブレットをお持ちの場合は、スキャンに VueScan Mobile Free を使用できます。これは内蔵カメラと HP、Canon、Epson、Brother、Samsung のスキャナで動作する完全に無料のプログラムです.

Outputs はさまざまなフォーマットでスキャンします
VueScan は PDF、JPEG、TIFF でスキャンしたドキュメント、写真、フィルムを出力できますフォーマット。また、OCR を使用してテキストを認識し、フラットベッドスキャナと自動ドキュメントフィーダ付きスキャナを使用して複数ページの PDF を作成することもできます.

初心者とプロユーザー向けに魅力的です.
VueScan を構築して、全く異なる 2 つのタイプのユーザーが使用できます。初心者は、VueScan を実行して「スキャン」ボタンを押すだけで済みます。 Pro ユーザーは、「標準」または「プロフェッショナル」のいずれかのオプションに変更して、強力な機能を使用してスキャンを完全に制御することができます.

フレキシブルライセンス
VueScan は、個人的に使用する 4 台までのコンピュータ、 1 つのライセンスで、x32 と x64 の両方の任意の数のスキャナを使用できます。 Standard Edition には 1 年間の無料アップグレードがあり、Professional Edition には無制限の無料アップグレードがあります.

Also:VueScan for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン Ultimaker Cura 4.9.0
ファイル名 Ultimaker_Cura-4.9.0-Darwin.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 or later
ソフトウェアタイプ Shareware
著者 Hamrick Software
更新日 https://www.hamrick.com/
更新時間 2021-04-20
ログを更新する

What's new in this version:

Digital factory integration:
- Now you can open files directly from Digital Library projects. Then, after preparation, quickly and easily export them back. This feature is available for all users with an Ultimaker Essentials, Professional, or Excellence subscription. Learn more

"Line type" is now the default color scheme:
- When entering the Preview mode, you don't have to switch manually to line type.

Z-seam is now clearly shown in preview mode:
- This ensures that you will know whether the seam will be sufficiently hidden in the end product. This will also indicate the starting point of the print.

Fixed:
- a security vulnerability on windows permitting the openssl library used to launch other programs
- Connect Top/Bottom Polygons
- closing Marketplace after quitting Cura
- clicking on Marketplace button to go to web Marketplace
- Pause at Height when using Repetier flavour
- correct density for current PETG filaments
- Pause at height post-processing script that returns to the right position
- layer view being grayed out after reslicing
- fan speed issue due to reuse of empty extruder plan
- loading OBJ files with no texture references, but does have normal references
- retraction/priming while extruder switches
- loading script from all registered resource paths
- typeError: define_round_method
- missing layer with Hole Horizontal Expansion
- Tree Support Floor layers
- Top Surface Skin Layers if Top layers = 0
- recent files on opening as project
- opening project file from command-line
- thumbnail in UFP files
- validator for floats in Machine Settings dialog. Contributed by @fieldOfView
- recessed areas at the bottom of a model while using Make Overhangs Printable
- slicing grouped models if one of the group parts is below Z=0
- material temperatures and fan speed for Anycubic i3 Mega
- drop model down to buildplate when always drop to buildplate is disabled.
- drop objects to buildplate after scaling
- disallowed areas while using Brim Line Widths
- message for non manifold models
- setting category arrows
- metadata tags for 3MF files
- engine crash when using low-density Cross Infill
- performance of loading .def.json files

ファイルのダウンロード Download