VueScan for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

GDevelop 5.0.0 Beta 84

VueScan for Mac は、ほとんどの高品質フラットベッドスキャナとフィルムスキャナで動作し、色の忠実度とカラーバランスを持つスキャンを生成するスキャンプログラムです。非常に使いやすく、色あせた色、バッチスキャン、およびプロの写真家が使用するその他の機能を復元するための高度な機能も備えています.

スキャナはオペレーティングシステムでサポートされなくなりましたか?それとも付属のスキャナよりも多くの機能を探していますか? VueScan をダウンロードしてください。これはスキャナに付属のソフトウェアを置き換えるため、ハードウェアのスキャンと寿命を延ばすことができます.

VueScan for Mac はシステム上で何も変わらず、オペレーティングシステムに何もインストールされず、他のすべてのスキャナソフトウェアは引き続き機能します。 VueScan はいつでも購入でき、すぐに画像の透かしを無効にするシリアル番号を取得できます.

VueScan 機能:

3000 以上のスキャナと互換性があります.
VueScan は、Windows、Mac OS X および Linux 上の 3000 種類以上の異なるスキャナと互換性があります。あなたのスキャナが動作するかどうかを確認する最善の方法は、VueScan をダウンロードすることです(60 秒かかります)。サポートされているスキャナのこのリストを確認することもできます.

瞬時にアップグレードすることができます。製造元からでなくてもどこからでも見つけることができる強力な新機能を提供します。 VueScan を使用してスキャナーを陳腐化から守る(埋め立てから).

VueScan モバイル for iOS と Android
iPad、iPhone、Android の携帯電話またはタブレットをお持ちの場合は、スキャンに VueScan Mobile Free を使用できます。これは内蔵カメラと HP、Canon、Epson、Brother、Samsung のスキャナで動作する完全に無料のプログラムです.

Outputs はさまざまなフォーマットでスキャンします
VueScan は PDF、JPEG、TIFF でスキャンしたドキュメント、写真、フィルムを出力できますフォーマット。また、OCR を使用してテキストを認識し、フラットベッドスキャナと自動ドキュメントフィーダ付きスキャナを使用して複数ページの PDF を作成することもできます.

初心者とプロユーザー向けに魅力的です.
VueScan を構築して、全く異なる 2 つのタイプのユーザーが使用できます。初心者は、VueScan を実行して「スキャン」ボタンを押すだけで済みます。 Pro ユーザーは、「標準」または「プロフェッショナル」のいずれかのオプションに変更して、強力な機能を使用してスキャンを完全に制御することができます.

フレキシブルライセンス
VueScan は、個人的に使用する 4 台までのコンピュータ、 1 つのライセンスで、x32 と x64 の両方の任意の数のスキャナを使用できます。 Standard Edition には 1 年間の無料アップグレードがあり、Professional Edition には無制限の無料アップグレードがあります.

Also:VueScan for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン GDevelop 5.0.0 Beta 84
ファイル名 gdevelop-5.0.0-beta84.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 or later
ソフトウェアタイプ Shareware
著者 Hamrick Software
更新日 https://www.hamrick.com/
更新時間 2020-01-06
ログを更新する

What's new in this version:

New features:
New object BBText:
- Display rich text on screen, formatted using BBCode: customize size, color, make part of the text italic, bold and add shadows or outline
- Read the documentation about the object and see an example online

Improvements in Piskel sprite editor:
- Color index shift brush (useful for cell shading sprites)
- Ability to source all layers when using the bucket tool
- Palette transfer tool (apply the currently selected palette colors to the frame you are on)

- Add an option to automatically resize game resolution to window or screen size. It's recommended to activate it especially for games on mobile phones

Improvements:
- Add new examples

Change the way actions are written in the events sheet so that they are all written in proper English and consistent:
- This improves consistency between actions and conditions: both are displaying the subject first, then the operator (for comparison or change) and then the value (to be compared against or to be used for the change)

- Add link to the new Geometry Monster tutorial and Geometry Monster starter
- Add actions to change the resolution during the game and enable/disable the automatic resizing
- Set additional help descriptions to parameters of some actions/conditions
- Add a menu option to add a long description to functions parameters
- Allow to set colors of comments/groups, and to edit their texts in a separate window
- Improve comments edition to be seamless
- Add a button to remove the font in the Text object editor
- Add colors to warning/alert icons
- Update the UI to use filled text fields and inputs, so that it's easier to distinguish them from the rest of the interface
- Improve responsiveness of the UI on small screens
- Add titles in some dialogs to make the layout of the dialog clearer
- Various improvements to the layout of the editors

Improvements for GDevelop developer and advanced users:
- Remember DevTools open state in previews
- Add React DevTools to GDevelop developmet version
- Add watcher to automatically import changes to GDJS and extensions in the IDE when using GDevelop development version

Bug fixes:
- Fix pixel perfect rendering of Panel Sprite (9-patch) objects
- Fix memory leak and warning about texture not found
- Fix outline color when drawing line with Shape Painter
- Fix a crash when setting a parameter to be a behavior in a function
- Fix points position not immediately valid after changing the animation or frame of a Sprite
- Fix invalid reported width/height after changing the animation or frame of a Sprite
- Fix "Folder Project"/"Single file" property that could not be changed
- Fix music/sound considered as stopped just after the Play action was used
- Fix sound/music restarted when play action was used with the sound/music not previously paused
- Fix menu still showing as loading after startup on some computers
- Rename objects to "instances" for "For Each" event and "Pick All" action to avoid confusions
- Various fixes in the UI
- Fix autosave being loaded but not saved as the original file
- Fix events sheet (actions, conditions...) not refreshed after choosing a language

ファイルのダウンロード Download