WeChat for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

WebStorm 2020.1.1

WeChat for Mac は、一般的な無料のメッセージングツールで、モバイル版の Mac Desktop で利用できます。この Windows 版では、モバイル版と同じようにチャットや共有が可能です。

をダウンロードすると、あなたのモバイルデバイスからログインするための QR コードがあなたの Mac から生成されます。デスクトップ 1 台あたりの最初の正常なログイン時にのみ、QR コードをスキャンするように求められます。その後、またはデバイスがリンク解除されるまで、デバイスからのログインを確認する必要があります.



あなたは何を待っていますか? WeChat for Mac をダウンロードしてチャットを開始してください。繁体字と簡体字中国語でもご利用いただけます.

WeChat 機能:

ファイル共有
あなたのイメージとドキュメントを、すぐに他の WeChatters とコンピュータから直接共有します。あなたの友人は、モバイルデバイスでも、デスクトップのプログラムでも、ファイルを受信できます.

スクリーンショットツール
スクリーンショットを使って、仕事、学校、または楽しいかどうかにかかわらず、説明するのが簡単な場合があります。スクリーンショットツールを使用すると、追加の図形やテキストを使用して視覚的なコールアウトで画面をキャプチャして送信することができます.

グループチャットメンテンス
グループチャットの言葉遣い機能は、多くのことが起こっているときに誰かの注意を引くのを容易にします。グループチャットで誰かに言及すると、そのユーザーは特別な通知を受け取りますので、メッセージが表示されません.

メッセージ Recall
スマートフォンにはタイプミスがないことがわかっているので、メッセージリコール機能をオンにしました Mac アプリケーションも同様です。直近 2 分以内に送信された最新のメッセージのみが送信されないことにご注意ください.

その他の機能
で WeChat for Mac、連絡先から送信されたメッセージを転送して表示することもできます。また、あなたの会話はプライベートであるため、デスクトップバージョンのやりとりがモバイルデバイス上にのみ保持されるようにしました。あなたの Mac からログオフすると、phone.

も利用可能です:Windows 用の WeChat をダウンロードしてください

ファイルのバージョン WebStorm 2020.1.1
ファイル名 WebStorm-2020.1.1.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Tencent, Inc.
更新日 http://www.wechat.com/en/
更新時間 2020-05-01
ログを更新する

What's new in this version:

Bug fixes:
- A new option for running eslint –fix on save (WEB-24452): To enable this option for the current project, go to Preferences/Settings | Languages and Frameworks | JavaScript | Code Quality Tools | ESLint and tick the Run eslint –fix on save checkbox. To turn the new option on for all new projects, from the main menu go to File | New Project Settings | Preferences/Settings for New Projects and tick the same checkbox. Either way, don’t forget to disable the file watcher you’ve been using for this purpose.
- Improvements to WSL 2 support (WEB-44463, WEB-44507): You can now use the TypeScript Language Service, linters, and Prettier in projects located in the WSL file system. Besides that, we’ve fixed the issue where the IDE failed to stop the running Node.js process whenever you tried to hit the Stop button (for information on how to use Node.js on WSL, see our documentation).

Changes:
- Support for the ESLint 6.7 Suggestions API was added
- Hammer.js events are now recognized in Angular templates
- Several performance problems were solved
- Dependencies from pnpm workspaces are now properly indexed
- A number of disturbing, platform-wide bugs were fixed

ファイルのダウンロード Download