WhatSize for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Postman 7.26.0

WhatSize for Mac は、ディスク容量の使用状況をすばやく確認して管理し、Mac の処理速度を向上させるアプリケーションです。 WhatSize を使用すると、特定のフォルダ、およびその中のすべてのサブフォルダとファイルのサイズを、バイト単位で迅速に測定できます。あなたは、無駄なファイルがハードディスクに何本もあるかも知れません。ファイルとフォルダは自動的にサイズ別にソートされ、最も大きなサイズが最初に表示されます。 WhatSize は、どのファイルがそのスペースをすべて占有しているかを調べるのに役立ちます。次に、それらのファイルを削除または移動するのが本当に簡単になります。あなたは、あなたの Mac のハードディスク上に何本もの無駄なファイルが横たわっているのに驚くでしょう。アプリがフォルダを測定している間、ユーザはそのフォルダ内のファイルをブラウズしてすぐにサイズをバイトで見ることができます。隠しファイル、キャッシュファイル、ディレクトリはすべて対応するサイズで表示されます。このアプリケーションは、古代の NeXTSTEP、DarkForest.

に似ています。フォルダの測定が終了すると、ユーザーは特定のファイルサイズやタイプをフィルタリングして情報を表示することもできます。また、Finder の [削除] ボタンと同様に、不要なファイルやフォルダを対応するごみ箱に移動することもできます.

Measure
WhatSize for Mac は、ハードドライブのサイズをすばやく測定し、結果を並べ替え、フィルタリングし、絞り込むことができます。ファイルとフォルダは、サイズの大きいものから順に自動的にソートされます。アプリケーションはスピードの測定値をキャッシュし、ファイルシステムの変更をマージするために Apple の FSEvents を使用します live.

Chart Display
A あなたのドリルダウンを可能にし、ディスクスペースがどのように使用されているかを発見できるハードドライブのコンテンツの表示
A 視覚的な表示.

Cleaning Tools
インテリジェントツール INCLUDE CLICK ログファイルの削除、ファイルのダウンロード、キャッシュファイル、一時ファイル、nib ファイル、ローカリゼーションファイルの削除が可能です。不要なファイルや、アプリケーション開発者が削除を忘れたファイル。そのため、ディスク容量を再利用して mac.

Find Duplicates を見つけることができます
重複したファイルをごみ箱に移動したり、ハードリンクで置き換えたり、ただちに削除したりすることができます。サイズでフィルタリングするので、一番大きなファイルだけを扱うことができます。スマートキャッシングと FSEvent サポートにより、複製のリアルタイム更新が可能になります。無駄なファイルがハードドライブに何本もあるかもしれないことに驚くでしょう.

注:最大 20 GB のデータを測定します。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン Postman 7.26.0
ファイル名 Postman-osx-7.26.0.zip
ファイルサイズ 98.72 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Clyde Deda
更新日 https://www.whatsizemac.com/
更新時間 2020-06-08
ログを更新する

What's new in this version:

New:
- We’ve added support for an additional language when generating code snippets: You can now generate code snippets for Axios, to use in both the browser and node.js

Improvements:
- Navigating between tabs should be smoother and snappier now that it won’t be impacted by syncing
- When managing OAuth 2.0 tokens, you now have the options to delete all or just the expired tokens
- When working on a request body, you can now use autocomplete to insert variables more quickly and accurately
- When working with Postman variables in a JSON request body, there’s now better support for syntax highlighting and formatting
- When bringing Postman online, open API tabs will now update without going into a loading state

Bug Fixes:
- Fixed a bug when generating code where custom headers would go missing
- Fixed an issue when starting the Postman snap app on the Wayland environment, where the app wouldn’t open
- Fixed a bug when restarting the app, where tab titles for deleted requests would show CONFLICT instead of DELETED
- Fixed a bug when formatting JSON in request body, that would modify long numbers and numbers with decimals
- Fixed a bug when validating JSON syntax where numbers beginning with zero were not highlighted as a validation error
- Fixed a bug when editing a JSON file that mistook closed brackets for Postman variables
- Fixed a bug in the raw body editor where unclosed CDATA XML tags would cause the app to crash
- Fixed a bug when working with languages written from right to left, where selecting a portion of the text would return text from the opposite side
- Fixed a bug when beautifying JSON in the request body, where it wouldn’t work if there were Postman variables
- Fixed a bug when using non-monospace fonts in the text editors where the cursor position was calculated incorrectly
- Fixed a bug where checking for updates multiple times would result in an error
- Fixed a bug when adding a value to an empty environment variable where the new value wouldn’t save
- Fixed an issue when loading a request in a tab that caused the contents to flicker
- Fixed an issue that caused the unsaved changes icon to flicker when the cursor was nearby

ファイルのダウンロード Download