Wireshark for Mac (32-bit)、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

WireShark 1.4.2 (32-bit)

Ethereal ネットワークプロトコルアナライザーは、Mac 用 Wireshark という名前に変更されました。名前は新しいかもしれませんが、ソフトウェアは同じです。 Wireshark の強力な機能により、ネットワークのトラブルシューティング、プロトコル開発、および世界中の教育に最適なツールとなっています.

Wireshark for Mac は世界中のネットワーク専門家によって書かれたもので、オープンソースのパワーの一例です。 Wireshark は、分析、トラブルシューティング、ソフトウェアおよびプロトコルの開発と教育に世界中のネットワーク専門家によって使用されています.

プログラムには、プロトコルアナライザで期待されるすべての標準機能と他の製品には見られないいくつかの機能があります。

Wireshark の特徴:
常に多くのプロトコルを追加した深い検査ライブキャプチャとオフライン分析標準の 3 ペインのパケットブラウザマルチプラットフォーム: Windows、Linux、OS X、Solaris、FreeBSD、NetBSD など多くのネットワークデータを GUI 経由で、または TTY モードの TShark ユーティリティ経由でブラウズすることが可能業界で最も強力なディスプレイフィルタ豊富な VoIP 解析さまざまな読み書きキャプチャファイル形式:tcpdump(libpcap)、Pcap NG、Catapult DCT2000、Cisco Secure IDS iplog、Microsoft ネットワークモニタ、ネットワーク一般 Sniffer® (圧縮および非圧縮)、Sniffer® NetScreen スヌープ、Novell LANalyzer、RADCOM WAN / LAN アナライザー、Shomiti / Finisar Surveyor、Tektronix K12xx、ビジュアルネットワークビジュアルアップタイム、WildPackets EtherPeek / TokenPeek / AiroPeek、その他多くのもの gzip で圧縮されたファイルをキャプチャする IEEE802.11、PPP / HDLC、ATM、Bluetooth、USB、トークンリング、フレームリレー、FDDI など(お客様のプラットフォームに応じて)からデータを読み取ることができます。 IPsec、ISAKMP、Kerberos、SNMPv3、SSL / TLS、WEP、WPA / WPA2 を使用することができます。迅速かつ直感的な分析のためにパケットリストに色付けルールを適用できます。XML、PostScript® CSV またはプレーンテキストにエクスポートできます。ダウンロード Wireshark for Windows

ファイルのバージョン WireShark 1.4.2 (32-bit)
ファイル名 Wireshark 1.4.2 Intel 32.dmg
ファイルサイズ 45.38 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.5 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Wireshark Foundation
更新日 http://www.wireshark.org/download.html
更新時間 2010-11-19
ログを更新する

What's new in this version:

Bug Fixes:
- Nephi Johnson of BreakingPoint discovered that the LDSS dissector could overflow a buffer. (Bug 5318)
- The ZigBee ZCL dissector could go into an infinite loop. (Bug 5303)

The following bugs have been fixed:
- File-Open Display Filter is overwritten by Save-As Filename. (Bug 3894)
- Wireshark crashes with "Gtk-ERROR **: Byte index 6 is off the end of the line" if click on last PDU. (Bug 5285)
- GTK-ERROR can occur in packets when there are multiple Netbios/SMB headers in a single frame. (Bug 5289)
- "Tshark -G values" crashes on Windows. (Bug 5296)
- PROFINET I&M0FilterData packet not fully decoded. (Bug 5299)
- PROFINET MRP linkup/linkdown decoding incorrect. (Bug 5300)
- [lua] Dumper:close() will cause a segfault due later GC of the Dumper. (Bug 5320)
- Network Instruments' trace files sometimes cannot be read with an error message of "Observer: bad record: Invalid magic number". (Bug 5330)
- IO Graph Time of Day times incorrect for filtered data. (Bug 5340)
- Wireshark tools do not detect and read some ERF files correctly. (Bug 5344)
- "editcap -h" sends some lines to stderr and others to stdout. (Bug 5353)
- IP Timestamp Option: "flag=3" variant (prespecified) not displayed correctly. (Bug 5357)
- AgentX PDU Header 'hex field highlighting' incorrectly spans extra bytes. (Bug 5364)
- AgentX dissector cannot handle null OID in Open-PDU. (Bug 5368)
- Crash with "Gtk-ERROR **: Byte index 6 is off the end of the line". (Bug 5374)
- ANCP Portmanagment TLV wrong decoded. (Bug 5388)
- Crash during startup because of Python SyntaxError in wspy_libws.py. (Bug 5389)

Updated Protocol Support:
- AgentX, ANCP, DIAMETER, HTTP, IP, LDSS, MIME, NBNS, PROFINET, SIP, TCP, Telnet, ZigBee

New and Updated Capture File Support:
- Endace ERF, Network Instruments Observer.

ファイルのダウンロード Download
  • Wireshark for Mac (32-bit) Screenshot 1Wireshark for Mac (32-bit) Screenshot 2Wireshark for Mac (32-bit) Screenshot 3Wireshark for Mac (32-bit) Screenshot 4