Wireshark for Mac (64-bit)、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

WireShark 1.5.0 (64-bit)

Ethereal ネットワークプロトコルアナライザーは、Mac 用 Wireshark という名前に変更されました。名前は新しいかもしれませんが、ソフトウェアは同じです。 Wireshark の強力な機能により、ネットワークのトラブルシューティング、プロトコル開発、および世界中の教育に最適なツールとなっています.

Wireshark for Mac は世界中のネットワーク専門家によって書かれたもので、オープンソースのパワーの一例です。 Wireshark は、分析、トラブルシューティング、ソフトウェアおよびプロトコルの開発と教育に世界中のネットワーク専門家によって使用されています.

プログラムには、プロトコルアナライザで期待されるすべての標準機能と他の製品には見られないいくつかの機能があります。

Wireshark の特徴:
常に多くのプロトコルを追加した深い検査ライブキャプチャとオフライン分析標準の 3 ペインのパケットブラウザマルチプラットフォーム: Windows、Linux、OS X、Solaris、FreeBSD、NetBSD など多くのネットワークデータを GUI 経由で、または TTY モードの TShark ユーティリティ経由でブラウズすることが可能業界で最も強力なディスプレイフィルタ豊富な VoIP 解析さまざまな読み書きキャプチャファイル形式:tcpdump(libpcap)、Pcap NG、Catapult DCT2000、Cisco Secure IDS iplog、Microsoft ネットワークモニタ、ネットワーク一般 Sniffer® (圧縮および非圧縮)、Sniffer® NetScreen スヌープ、Novell LANalyzer、RADCOM WAN / LAN アナライザー、Shomiti / Finisar Surveyor、Tektronix K12xx、ビジュアルネットワークビジュアルアップタイム、WildPackets EtherPeek / TokenPeek / AiroPeek、その他多くのもの gzip で圧縮されたファイルをキャプチャする IEEE802.11、PPP / HDLC、ATM、Bluetooth、USB、トークンリング、フレームリレー、FDDI など(お客様のプラットフォームに応じて)からデータを読み取ることができます。 IPsec、ISAKMP、Kerberos、SNMPv3、SSL / TLS、WEP、WPA / WPA2 を使用することができます。迅速かつ直感的な分析のためにパケットリストに色付けルールを適用できます。XML、PostScript® CSV またはプレーンテキストにエクスポートできます。ダウンロード Wireshark for Windows

ファイルのバージョン WireShark 1.5.0 (64-bit)
ファイル名 Wireshark 1.5.0 Intel 64.dmg
ファイルサイズ 40.65 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Wireshark Foundation
更新日 http://www.wireshark.org/download.html
更新時間 2011-01-24
ログを更新する

What's new in this version:

New and Updated Features:
- Wireshark can import text dumps, similar to text2pcap.
- You can now view Wireshark's dissector tables (for example the TCP port to dissector mappings) from the main window.
- TShark can show a specific occurrence of a field when using '-T fields'.
- Custom columns can show a specific occurrence of a field.
- You can hide columns in the packet list.
- Wireshark can now export SMB objects.
- dftest and randpkt now have manual pages.
- TShark can now display iSCSI service response times.
- Dumpcap can now save files with a user-specified group id.
- Syntax checking is done for capture filters.
- You can display the compiled BPF code for capture filters in the Capture Options dialog.
- You can now navigate backwards and forwards through TCP and UDP sessions using Ctrl+, and Ctrl+. .
- Packet length is (finally) a default column.
- TCP window size is now avaiable both scaled and unscaled. A TCP window scaling graph is available in the GUI.
- 802.1q VLAN tags are now shown by the Ethernet II dissector.
- Various dissectors now display some UTF-16 strings as proper Unicode including the DCE/RPC and SMB dissectors.
- The RTP player now has an option to show the time of day in the graph in addition to the seconds since beginning of capture.
- The RTP player now shows why media interruptions occur.
- Graphs now save as PNG images by default.

New Protocol Support:
- ADwin, ADwin-Config, Apache Etch, Aruba PAPI, Constrained Application Protocol (COAP), Digium TDMoE, Ether-S-I/O, FastCGI, Fibre Channel over InfiniBand (FCoIB), Gopher, Gigamon GMHDR, IDMP, Infiniband Socket Direct Protocol (SDP), JSON, LISP Data, MikroTik MAC-Telnet, Mongo Wire Protocol, Network Monitor 802.11 radio header, OPC UA ExtensionObjects, PPI-GEOLOCATION-GPS, ReLOAD, ReLOAD Framing, SAMETIME, SCoP, SGSAP, Tektronix Teklink, WAI authentication, Wi-Fi P2P (Wi-Fi Direct)

New and Updated Capture File Support:
- Apple PacketLogger, Catapult DCT2000, Daintree SNA, Endace ERF, HP OpenVMS TCPTrace, IPFIX (the file format, not the protocol), Lucent/Ascend debug, Microsoft Network Monitor, Network Instruments, TamoSoft CommView

ファイルのダウンロード Download
  • Wireshark for Mac (64-bit) Screenshot 1Wireshark for Mac (64-bit) Screenshot 2Wireshark for Mac (64-bit) Screenshot 3Wireshark for Mac (64-bit) Screenshot 4