Wireshark for Mac (64-bit)、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Wireshark 2.4.6 (64-bit)

Ethereal ネットワークプロトコルアナライザーは、Mac 用 Wireshark という名前に変更されました。名前は新しいかもしれませんが、ソフトウェアは同じです。 Wireshark の強力な機能により、ネットワークのトラブルシューティング、プロトコル開発、および世界中の教育に最適なツールとなっています.

Wireshark for Mac は世界中のネットワーク専門家によって書かれたもので、オープンソースのパワーの一例です。 Wireshark は、分析、トラブルシューティング、ソフトウェアおよびプロトコルの開発と教育に世界中のネットワーク専門家によって使用されています.

プログラムには、プロトコルアナライザで期待されるすべての標準機能と他の製品には見られないいくつかの機能があります。

Wireshark の特徴:
常に多くのプロトコルを追加した深い検査ライブキャプチャとオフライン分析標準の 3 ペインのパケットブラウザマルチプラットフォーム: Windows、Linux、OS X、Solaris、FreeBSD、NetBSD など多くのネットワークデータを GUI 経由で、または TTY モードの TShark ユーティリティ経由でブラウズすることが可能業界で最も強力なディスプレイフィルタ豊富な VoIP 解析さまざまな読み書きキャプチャファイル形式:tcpdump(libpcap)、Pcap NG、Catapult DCT2000、Cisco Secure IDS iplog、Microsoft ネットワークモニタ、ネットワーク一般 Sniffer® (圧縮および非圧縮)、Sniffer® NetScreen スヌープ、Novell LANalyzer、RADCOM WAN / LAN アナライザー、Shomiti / Finisar Surveyor、Tektronix K12xx、ビジュアルネットワークビジュアルアップタイム、WildPackets EtherPeek / TokenPeek / AiroPeek、その他多くのもの gzip で圧縮されたファイルをキャプチャする IEEE802.11、PPP / HDLC、ATM、Bluetooth、USB、トークンリング、フレームリレー、FDDI など(お客様のプラットフォームに応じて)からデータを読み取ることができます。 IPsec、ISAKMP、Kerberos、SNMPv3、SSL / TLS、WEP、WPA / WPA2 を使用することができます。迅速かつ直感的な分析のためにパケットリストに色付けルールを適用できます。XML、PostScript® CSV またはプレーンテキストにエクスポートできます。ダウンロード Wireshark for Windows

ファイルのバージョン Wireshark 2.4.6 (64-bit)
ファイル名 Wireshark 2.4.6 Intel 64.dmg
ファイルサイズ 40.5 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Wireshark Foundation
更新日 http://www.wireshark.org/download.html
更新時間 2018-04-05
ログを更新する

What's new in this version:

The following vulnerabilities have been fixed:
- The MP4 dissector could crash
- The ADB dissector could crash
- The IEEE 802.15.4 dissector could crash
- The NBAP dissector could crash
- The VLAN dissector could crash
- The LWAPP dissector could crash
- The TCP dissector could crash
- The CQL dissector could to into an infinite loop
- The Kerberos dissector could crash
- Multiple dissectors and other modules could leak memory. The TN3270, ISUP, LAPD, SMB2, GIOP, ASN.1 , MIME multipart, H.223, and PCP dissectors were susceptible along with Wireshark and TShark

The following bugs have been fixed:
- TRANSUM doesn’t account for DNS retries in the Request Spread
- BGP: IPv6 NLRI is received with Add-path ID, then Wireshark is not able to decode the packet correctly
- Lua script calling Ethernet dissector runs OK in 1.12.4 but crashes in later releases
- PEEKREMOTE dissector lacks 80mhz support, short preamble support and spatial streams encoding
- Statistics > UDP Multicast Streams > [Copy|Save as..] is broken
- Typo error in enumeration value of speech version identifier
- In "Unsaved packets" dialog one can NOT use keyboard to choose "Continue without Saving"
- WCCP logical error in CHECK_LENGTH_ADVANCE_OFFSET macros
- Buildbot crash output: fuzz-2018-03-19-19114.pcap
- alloca() used in wsutil/getopt_long.c without <alloca.h> inclusion
- HP-UX HP ANSI C requires -Wp,-H200000 flag to c-ompile
- Makefile.in uses non-portable "install" command
- HP-UX HP ANSI C doesn’t support assigning {} to a variable in epan/app_mem_usage.c
- PPP in SSTP, HDLC framing not parsed properly
- Using the DIAMETER dictionary causes the standard input to be closed when the dictionary is read

Updated Protocol Support:
- 6LoWPAN, ADB, BGP, CQL, DNS, Ethernet, GIOP, GSM BSSMAP, H.223, IEEE 802.11, IEEE 802.11 Radiotap, IEEE 802.15.4, ISUP, Kerberos, LAPD, LWAPP, MIME multipart, MP4, NBAP, NORDIC_BLE, PCP, PEEKREMOTE, S1AP, SMB2, SSTP, T.30, TCP, TN3270, TRANSUM, VLAN, WCCP, and WSP

ファイルのダウンロード Download
  • Wireshark for Mac (64-bit) Screenshot 1Wireshark for Mac (64-bit) Screenshot 2Wireshark for Mac (64-bit) Screenshot 3Wireshark for Mac (64-bit) Screenshot 4