Xojo 2017 Release 2.1 ソフトウェア情報交換

winXmacソフトウェアコミュニティ Mac 開発者ツール Xojo, Inc. Trial Rate 90

Xojo for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Xojo 2017 Release 2.1

Xojo for Mac は、開発者が他のマルチプラットフォーム開発ツールよりも大幅に生産性を向上させるアプリケーション開発環境です。 Xojo にはドラッグ&ドロップ機能があり、ユーザーインターフェイスのデザインをすばやく作成し、コードを組み込んで機能や機能を追加することができます。 Xojo は Visual Basic との互換性が高いため、Visual Basic 開発者は Xojo で非常に迅速に作業できます。

Xojo for Mac には、チェックボックスをクリックするだけで、Visual Basic プロジェクトを Xojo に変換して OS X、Windows、Linux、Web、および iOS 向けにコンパイルできるユーティリティも付属しています。 Xojo は動作し、OS X、Windows、Linux、iOS、Web 用のソフトウェアをすべて単一のソースコードから作成します。 Xojo には、ユーザーインターフェイスウィジェットのようなプラットフォーム固有のインテリジェンスが組み込まれているため、作成した開発プラットフォームに関係なく、Xojo で作成したアプリケーションはネイティブで見た目と感触があります。 SQLite パブリックドメインデータベースエンジンに基づいて、Xojo のビルトインデータベースを使用して強力なデータベースアプリケーションを構築します。 Xojo for Mac は、ベクトルグラフィックスの標準イメージ形式をサポートしています.

Xojo 特長:

作成 Anything
グラフィックス、データベースサーバー、インターネットプロトコルなどのサポートが組み込まれているため、Xojo で想像できるものを構築することができます。 Xojo を使用すると、市販のソフトウェア製品やユーティリティを使用して、あなたの人生をより楽にしたり、プログラムを学ぶことさえできます。実際、Xojo 自体は Xojo アプリです!

Build Apps 10x Faster
複数のプラットフォームをサポートするために 1 組のソースコードを使用することができ、40 種類以上のユーザーインターフェイスコントロールが組み込まれています。どのプラットフォームでも使用できます。 Web 上では、HTML、CSS、PHP、JavaScript、または AJAX の代わりに Web アプリケーションを作成するための強力な言語を使用して、膨大な開発時間を節約できます!

Modern Development
Xojo は、オブジェクト指向のモダンな言語です。継承、インタフェース、多型をサポートしており、強く型付けされています。 OS API 呼び出しには数千の違いがあり、Xojo はこれらの詳細を抽象化し、開発時間を大幅に短縮し、アプリケーションをユニークなものにすることに集中できます.

Native、Cross-Platform
Xojo アプリにはインタプリタや仮想マシンがありません。迅速な実行と知的財産の保護のためのマシンコードにコンパイルされています。 Xojo はネイティブコントロールを使用しているため、アプリは各プラットフォーム上で正しく表示され、適切に表示されます。開発はクロスプラットフォームでもあります。お気に入りの OS でプロジェクトを作成し、Xojo がサポートする任意のプラットフォーム用にビルドします..

注:30 日間の試用版.8997423

ファイルのバージョン Xojo 2017 Release 2.1
ファイル名 Xojo2017r21.dmg
ファイルサイズ 779.28 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Xojo, Inc.
更新日 http://www.xojo.com/
更新時間 2017-09-14
ログを更新する

What's new in this version:

- Database Plugins: PostgreSQLDatabase no longer returns an error after Connect is called on an already connected database, unless of course that connection is lost
- Framework: All: Characters in single byte encodings or nil encodings with a value >= 128 now compare correctly
- Framework: Linux: Dragging a DragItem over a recipient that does not accept the drop no longer crashes
- Framework: Linux: Linux IDE no longer crashes when TextArea or ComboBox controls are on the layout editor
- Framework: Linux: Fixed placement of DisclosureTriangle, ImageWell, ProgressWheel, and SegmentedControl on a non-Transparent ContainerControl
- Framework: Linux: FillColor no longer returns a completely Transparent color on some distros
- Framework: Linux: Custom Mouse cursors (i.e. mouse cursors that are dragged into the project) no longer causes application to crash
- Framework: Windows: Strings in various DOS encodings now compare case insensitively. This was a regression in 2017r2 on Windows
- Framework: Windows: The X, Y parameters in ListBox.DropObjectOnRow are no longer offset by the Window left/top
- Framework: Windows: Screen Left/AvailableLeft are now based off the main screen DPI. This allows proper placement when dealing with multiple monitors with different DPI scales
- IDE: Code Editor: Shift-return no longer incorrectly alters the line the cursor was on when you pressed shift-return
- IDE: Inspector: Inspector no longer ignores keys when running the Japanese IDE
- IDE: Inspector: Page panels properly move thing as you reorganize the panels
- IDE: Inspector: Changing a control’s super class properly updates the Inspector
- IDE: Miscellaneous: Exception when opening run remote setup no longer occurs on Linux
- IDE: Structure Editor: Structure editor switch shows as expected

ファイルのダウンロード Download