Xojo 2018 Release 1.1 ソフトウェア情報交換

winXmacソフトウェアコミュニティ Mac 開発者ツール Xojo, Inc. Trial Rate 90

Xojo for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Xojo 2018 Release 1.1

Xojo for Mac は、開発者が他のマルチプラットフォーム開発ツールよりも大幅に生産性を向上させるアプリケーション開発環境です。 Xojo にはドラッグ&ドロップ機能があり、ユーザーインターフェイスのデザインをすばやく作成し、コードを組み込んで機能や機能を追加することができます。 Xojo は Visual Basic との互換性が高いため、Visual Basic 開発者は Xojo で非常に迅速に作業できます。

Xojo for Mac には、チェックボックスをクリックするだけで、Visual Basic プロジェクトを Xojo に変換して OS X、Windows、Linux、Web、および iOS 向けにコンパイルできるユーティリティも付属しています。 Xojo は動作し、OS X、Windows、Linux、iOS、Web 用のソフトウェアをすべて単一のソースコードから作成します。 Xojo には、ユーザーインターフェイスウィジェットのようなプラットフォーム固有のインテリジェンスが組み込まれているため、作成した開発プラットフォームに関係なく、Xojo で作成したアプリケーションはネイティブで見た目と感触があります。 SQLite パブリックドメインデータベースエンジンに基づいて、Xojo のビルトインデータベースを使用して強力なデータベースアプリケーションを構築します。 Xojo for Mac は、ベクトルグラフィックスの標準イメージ形式をサポートしています.

Xojo 特長:

作成 Anything
グラフィックス、データベースサーバー、インターネットプロトコルなどのサポートが組み込まれているため、Xojo で想像できるものを構築することができます。 Xojo を使用すると、市販のソフトウェア製品やユーティリティを使用して、あなたの人生をより楽にしたり、プログラムを学ぶことさえできます。実際、Xojo 自体は Xojo アプリです!

Build Apps 10x Faster
複数のプラットフォームをサポートするために 1 組のソースコードを使用することができ、40 種類以上のユーザーインターフェイスコントロールが組み込まれています。どのプラットフォームでも使用できます。 Web 上では、HTML、CSS、PHP、JavaScript、または AJAX の代わりに Web アプリケーションを作成するための強力な言語を使用して、膨大な開発時間を節約できます!

Modern Development
Xojo は、オブジェクト指向のモダンな言語です。継承、インタフェース、多型をサポートしており、強く型付けされています。 OS API 呼び出しには数千の違いがあり、Xojo はこれらの詳細を抽象化し、開発時間を大幅に短縮し、アプリケーションをユニークなものにすることに集中できます.

Native、Cross-Platform
Xojo アプリにはインタプリタや仮想マシンがありません。迅速な実行と知的財産の保護のためのマシンコードにコンパイルされています。 Xojo はネイティブコントロールを使用しているため、アプリは各プラットフォーム上で正しく表示され、適切に表示されます。開発はクロスプラットフォームでもあります。お気に入りの OS でプロジェクトを作成し、Xojo がサポートする任意のプラットフォーム用にビルドします..

注:30 日間の試用版.8997423

ファイルのバージョン Xojo 2018 Release 1.1
ファイル名 Xojo2018r11.dmg
ファイルサイズ 862.64 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Xojo, Inc.
更新日 http://www.xojo.com/
更新時間 2018-07-20
ログを更新する

What's new in this version:

Bug Fixes
- Compiler: Fixed a 2018r1 performance regression in 64-bit Windows built apps with optimizations on
- Crashes & Assertions » IDE Unhandled Exception: A NilObjectException that could be caused by an undo has been fixed (see 51883)
- Crashes & Assertions » IDE Unhandled Exception: Fixed a NilObjectException that could be caused by selecting a method name from the method name combo box
- Crashes & Assertions » IDE Unhandled Exception: Viewing the unicode representation of large text variables no longer causes exceptions or hangs
- Crashes & Assertions » IDE Unhandled Exception: Compilation of an iOS project that has a launch screen with an image on it that has no actual pictures in the image no longer causes an OutOfBoundsException
- Debugger: Fixed a 2018r1 regression that prevented breakpoints from working reliably in 32-bit applications
- Framework » Windows: A hidden TabPanel no longer leaves a visible blank space around
- Framework » Windows: Controls on a TabPanel no longer have a gradient background
- Framework » Windows: Sliders/Scrollbars on TabPanels no longer cause the Tabs to scroll off the TabPanel
- Framework » Windows: Drawing on a clipped Printer Graphics region now works again
- Framework » Windows: Canvas now refreshes properly after Scroll is called
- Framework » Windows: Last Tab in a TabPanel is no longer clipped when scale factor changes
- IDE: Undo no longer causes a crash
- IDE: Undo of a newly added control no longer leaves the Inspector in an odd state
- IDE » Debugger: Viewing large text variables unicode no longer hangs or causes exceptions
- IDE » Debugger: Debugger now stops at breakpoints correctly for 64-bit and ARM targets
- IDE » Debugger: Windows IDE: Global variables can now be viewed when debugging 64-bit apps
- IDE » Xojo Cloud » Statistics: Hosting Stats window no longer leaks sockets
- Lingua: Translated TextField is now disabled by default

ファイルのダウンロード Download