360 Total Security、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Electron 8.4.1 (32-bit)

360 Total Security では、ウイルスやその他の新しい種類の脅威から完全に保護されています。オンラインで買い物をしたり、ファイルをダウンロードしたり、ウェブページを閲覧したりするときは、いつでもサイバー犯罪からあなたを守ることができます。さらに、ワンクリッククリーンアップ機能を使用して、PC を最適な状態に保つことができます。 360 Total Security オフラインインストーラセットアップをダウンロードしてください!
540 万人以上が選択した無料のウイルス対策ソフトウェア。ワンクリックで、より多くのスペース、スピード、セキュリティを得ることができます。誰にとっても使いやすいユーザーインターフェイス。リアルタイム保護は、ウイルスやマルウェアが PC に届く前に停止します。

あなたの PC は適切な形になっていますか?
フル検査では、賞を獲得したウイルス対策エンジンを統合し、最先端のウイルス検出および保護機能を提供します。 360 Cloud Scan Engine、360 QVMII AI Engine、Avira、Bitdefender.

あなたのデジタルライフが減速しますか?
Speedup は、あなたの人生から貴重な時間を消費する領域をスキャンして検出します。この機能は、起動時間を短縮し、次の方法で早急に処理を開始します。スタートアップアイテムとスケジュールされたタスクの管理と最適化、アプリケーションとシステムサービスの調整、アイテムとプラグインのブースト

ハードドライブスペースの再起動
Cleanup は、あなたの OS、Web ブラウザ、および Applications.

からの一時ファイルとキャッシュファイルを含む、システム上の無用なプラグインと迷惑ファイルを検出して、最新のセキュリティパッチをチェックするかどうか
パッチを適用すると、最新のセキュリティアップデート。 Patch Up を使用すると、マイクロソフトと Adobe のセキュリティアップデートを一箇所で集中管理することができ、オペレーティングシステムをワンクリックで最新の状態に保つことができます。ダウンロード 360 Total Security オフラインインストーラセットアップ!

従来のウイルス対策ソフトウェアとは異なり、重いウイルス定義を使用して PC をダウンさせることはありませんが、360 Total Security ではスマートパターンにより RAM とディスクの使用量を大幅に削減できます。

もご利用いただけます:Mac

の 360 Total Security をダウンロードしてください。あなたの PC を使用しているときはいつでも、いつでもどこでも、安全な環境を保つことを目指しています。

ファイルのバージョン Electron 8.4.1 (32-bit)
ファイル名 electron-v8.4.1-win32-ia32.zip
ファイルサイズ 64.5 MB
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Qihu 360 Software Co
更新日 http://www.360totalsecurity.com/en/features/360-total-security/
更新時間 2020-07-24
ログを更新する

What's new in this version:

Fixed:
- Fix: DCHECK failure in value.IsHeapObject() in objectsdebug.cc. (Chromium security issue 1084820)
- Fix: PDFium Javascript Active Document memory corruption. (Chromium security issue 1091404)
- Fix: XSS on chrome://histograms/ with a compromised renderer. (Chromium security issue 1073409)
- Fix: heap-use-after-free in content::NavigationRequest::OnWillProcessResponseProcessed. (Chromium security issue 1090543)
- Fix: heap-use-after-free in ui::AXTreeSerializerblink (Chromium security issue 1065122)
- Fix: integer overflow in GrTextBlob::Make. (Chromium security issue 1080481)
- Fix: javascript URI sandbox flags aren't propagated in a blank string case. (Chromium security issue 1074340)
- Fix: memcpy-param-overlap in AudioBuffer::copyFromChannel. (Chromium security issue 1081722)
- Fix: remove leaks of post-redirect URL for <script> in the CSP reports and stacktraces of errors (Chromium security issue 1074317)
- Fix: update webrtc root certificate. (Chromium security issue 978779)
- Fix: use-after-free in devtools console. (Chromium security issue 986051)
- Fix: use-of-uninitialized-value in amr_read_header. (Chromium security issue 1065731)
- Fix: usrsctp is called with pointer as network address. (Chromium security issue 1076703)
- Fixed a termination crash on Web Workers with Node.js integration enabled
- Fixed an issue where cpu and heap profiling in Node.js did not work properly with --cpu-prof, --heap-prof, and related CLI flags
- Fixed an issue where macOS window vibrancy active state did not always match the active state of the window
- Fixed broken --trace-sync-io flag in Node.js
- Fixed clipboard.readBuffer returning incorrect value
- Fixed crash when opening app in remote X server
- Fixed unresponsive window when reloading with breakpoint in devtools

ファイルのダウンロード Download
  • 360 Total Security Screenshot 1360 Total Security Screenshot 2360 Total Security Screenshot 3360 Total Security Screenshot 4360 Total Security Screenshot 5