3DMark Basic Edition、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Rust 1.38.0

3DMark は、何百万人もの人々、何百ものハードウェアレビューサイト、世界有数のテクノロジー企業の多くで使用されている人気のゲームパフォーマンスベンチマークです.



3DMark は、1 つのアプリケーションで PC とモバイルデバイスのベンチマークに必要なものすべてを含んでいます。デスクトップ PC、ラップトップ、ノートブック、タブレットのいずれのゲームでも、3DMark にはハードウェア用に設計されたベンチマークがあります.

3DMark Basic Edition には 7 つのベンチマークテストが含まれています:

Time Spy(NEW)は、高性能ゲームの DirectX 12 ベンチマークテスト Windows 10 を搭載した PC。TimeSpy は、純粋な DirectX 12 エンジンをベースに、非同期計算、明示的マルチアダプタ、マルチスレッドなどの新機能をサポートするように構築されています。DirectX 12 のパフォーマンスをテストするための理想的なベンチマークです。 Windows 10 用の DirectX 12 ベンチマーク。2560 回でレンダリング。 1440 解像度。デモ、グラフィックテスト、CPU テストが含まれています。 Windows 用 3DMark 最新バージョンをダウンロードしてください!

Fire Strike は、今日の高性能ゲーム用 PC 向けに設計されたショーケースの DirectX 11 ベンチマークです。最新のグラフィックスカードであっても非常に要求が厳しいです。フレームレートが低い場合は、代わりに Sky Diver を使用してください.

Sky Diver は、ゲームラップトップとミッドレンジ PC の DirectX 11 ベンチマークです。メインストリームグラフィックスカード、モバイル GPU、または統合グラフィックスを使用してシステムをベンチマークする場合に使用します。これは、より厳しい Fire Strike テストで 1 桁以上のフレームレートを達成できないシステムに特に適しています.

Cloud Gate は、統合されたグラフィックスを備えた Windows ノートブックおよび一般的な家庭用 PC 向けに設計されています。ベンチマークでは Direct3D 機能レベル 10 に制限された DirectX 11 エンジンを使用しており、DirectX 10 互換ハードウェアのテストに適しています。 Windows 用 3DMark 最新バージョンをダウンロードしてください!

Ice Storm Extreme は、低コストのスマートフォンとタブレットのクロスプラットフォームベンチマークです.

Ice Storm は、モバイルデバイスのクロスプラットフォームベンチマークです.

Ice Storm Unlimited は、モバイルデバイスのオフスクリーンテストです.

注:登録されていないバージョンの機能です.8997423

ファイルのバージョン Rust 1.38.0
ファイル名 rustup-init.exe
ファイルサイズ 5.7 MB
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Futuremark
更新日 http://www.futuremark.com/benchmarks/3dmark
更新時間 2019-09-26
ログを更新する

What's new in this version:

Rust 1.38.0
Language:
- The #[global_allocator] attribute can now be used in submodules
- The #[deprecated] attribute can now be used on macros

Compiler:
- Added pipelined compilation support to rustc. This will improve compilation times in some cases. For further information please refer to the "Evaluating pipelined rustc compilation" thread
- Added tier 3 support for the aarch64-uwp-windows-msvc, i686-uwp-windows-gnu, i686-uwp-windows-msvc, x86_64-uwp-windows-gnu, and x86_64-uwp-windows-msvc targets
- Added tier 3 support for the armv7-unknown-linux-gnueabi and armv7-unknown-linux-musleabi targets
- Added tier 3 support for the hexagon-unknown-linux-musl target
- Added tier 3 support for the riscv32i-unknown-none-elf target

Libraries:
- ascii::EscapeDefault now implements Clone and Display
- Derive macros for prelude traits (e.g. Clone, Debug, Hash) are now available at the same path as the trait. (e.g. The Clone derive macro is available at std::clone::Clone). This also makes all built-in macros available in std/core root. e.g. std::include_bytes!
- str::Chars now implements Debug
- slice::{concat, connect, join} now accepts &[T] in addition to &T
- *const T and *mut T now implement marker::Unpin
- Arc<[T]> and Rc<[T]> now implement FromIterator<T>.
- Added euclidean remainder and division operations (div_euclid, rem_euclid) to all numeric primitives. Additionally checked, overflowing, and wrapping versions are available for all integer primitives
- thread::AccessError now implements Clone, Copy, Eq, Error, and PartialEq
- iter::{StepBy, Peekable, Take} now implement DoubleEndedIterator

Stabilized APIs:
- <*const T>::cast
- <*mut T>::cast
- Duration::as_secs_f32
- Duration::as_secs_f64
- Duration::div_duration_f32
- Duration::div_duration_f64
- Duration::div_f32
- Duration::div_f64
- Duration::from_secs_f32
- Duration::from_secs_f64
- Duration::mul_f32
- Duration::mul_f64
- any::type_name

Cargo:
- Added pipelined compilation support to cargo
- You can now pass the --features option multiple times to enable multiple features

Misc:
- rustc will now warn about some incorrect uses of mem::{uninitialized, zeroed} that are known to cause undefined behaviour

Compatibility Notes:
- The x86_64-unknown-uefi platform can not be built with rustc 1.38.0
- The armv7-unknown-linux-gnueabihf platform is known to have issues with certain crates such as libc


Rust 1.37.0
Language:
- #[must_use] will now warn if the type is contained in a tuple, Box, or an array and unused.
- You can now use the cfg and cfg_attr attributes on generic parameters.
- You can now use enum variants through type alias. e.g. You can write the following:
- type MyOption = Option;
- fn increment_or_zero(x: MyOption) -> u8 {
- match x {
- MyOption::Some(y) => y + 1,
- MyOption::None => 0,
- You can now use _ as an identifier for consts. e.g. You can write const _: u32 = 5;.
- You can now use #[repr(align(X)] on enums.
- The ? Kleene macro operator is now available in the 2015 edition.

Compiler:
You can now enable Profile-Guided Optimization with the -C profile-generate and -C profile-use flags. For more information on how to use profile - guided optimization, please refer to the rustc book.
- The rust-lldb wrapper script should now work again.

Libraries:
- mem::MaybeUninit is now ABI-compatible with T.
- Stabilized APIs:
- BufReader::buffer
- BufWriter::buffer
- Cell::from_mut
- Cell<[T]>::as_slice_of_cells
- DoubleEndedIterator::nth_back
- Option::xor
- Wrapping::reverse_bits
- i128::reverse_bits
- i16::reverse_bits
- i32::reverse_bits
- i64::reverse_bits
- i8::reverse_bits
- isize::reverse_bits
- slice::copy_within
- u128::reverse_bits
- u16::reverse_bits
- u32::reverse_bits
- u64::reverse_bits
- u8::reverse_bits
- usize::reverse_bits

Cargo:
- Cargo.lock files are now included by default when publishing executable crates with executables.
- You can now specify default-run="foo" in [package] to specify the default executable to use for cargo run.

ファイルのダウンロード Download
  • 3DMark Basic Edition Screenshot 13DMark Basic Edition Screenshot 23DMark Basic Edition Screenshot 33DMark Basic Edition Screenshot 43DMark Basic Edition Screenshot 5