Adaware Antivirus Free、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Wayk Now 2020 3.1.0

Adaware Antivirus Free Lavasoft の  は、インターネットの脅威に対するコアの保護を提供しています。リアルタイムのウイルス対策およびスパイウェア対策エンジン、ルートキット保護、ダウンロード保護、セーフブラウジング用の Web フィルタを搭載しているため、オンラインで自分を保護することができます。  Adaware Antivirus Free は、Lavasoft の先駆者技術である anti- 従来のアンチウイルス保護機能を備えたスパイウェア対策製品です。 Adaware Antivirus はコンピュータをオンライン脅威から守り、重要なことに集中できるようにします。

Adaware Antivirus Free 特集:

リアルタイム保護
リアルタイム保護は、仕事や遊びの際にコンピュータを保護するため、バックグラウンドで動作し、悪意のある行為の可能性があるファイルをスキャンします。スマートスキャン技術を内蔵しているため、以前スキャンしたファイルの頻度を減らしてシステムリソースを節約します.

アクティブウィルスコントロール
アクティブウィルスコントロール機能は悪意のあるプロセスをリアルタイムにスキャンし、防止します。プロセスレベルでアプリケーションの動作を監視し、マルウェアの可能性のある活動を特定します.

Email Protection
電子メール保護機能は、Microsoft Outlook などのデスクトップ電子メールクライアントを使用し、電子メールをローカルコンピュータに保存するユーザーを対象としています。この機能は、すべての受信メールと送信メールをスキャンして、マルウェアによって侵害されていないことを確認し、それに応じてユーザーを保護し、コンピュータに感染する前に悪質な添付ファイルを記録し、削除します。さらに、この機能はユーザーにスパムメッセージを通知します。電子メール保護機能が有効になっていると、電子メールにフッタが表示され、adaware アンチウイルスによってスキャンされたことが示されます.

Web Protection
Web 保護機能は、訪問しようとしているサイトがマルウェアをフィッシングまたは配布している疑いがある場合に警告します。これにより、Web ブラウザの組み込みの防御機能を超えた追加の保護層が提供されます。 Web Protection 機能は最新のフィッシング詐欺とマルウェアのリンクを複数のデータベースに照会し、最新のオンライン脅威に対する最新の保護を提供します.

Network Protection
Network Protection は、ハッカーがホームネットワークに侵入してファイルにアクセスするのを防ぐファイアウォールを有効にします。ネットワーク保護のデフォルトモードでは、ホームネットワークに侵入する潜在的なエントリポイントであるポートを閉じます。追加オプションにより、アドウェア対策ウイルスは悪意のあるプログラムによる変更のためにネットワーク上のすべてのプロセス変更やアダプターを監視できます。オプションのステルスモードでは、お使いの PC をネットワーク上で見えなくすることができます.

ペアレンタルコントロール
ペアレンタルコントロールは、保護者が子供の年齢やユニークなニーズに応じてオンラインコンテンツをフィルタリングできるウェブ保護機能を拡張したものです。保護者は、子供の年齢層に基づいて禁止されたウェブサイトの事前設定されたグループを使用できるように分類されたリストを参照することができます。また、親はカスタムフィルターをブロックして開始する独自のカテゴリの Web サイトを作成することもできます.

注:デモ版では機能が制限されています.

ファイルのバージョン Wayk Now 2020 3.1.0
ファイル名 WaykClient-x86-2020.3.1.0.msi
ファイルサイズ 7.5 MB
オペレーティングシステム Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Lavasoft
更新日
更新時間 2020-11-24
ログを更新する

What's new in this version:

Improved:
- "Automatically launch on logon" setting on macOS now enables or disables that functionality for all users when toggled, and requires administrative credentials to update
- Some settings are changed or deprecated. Custom chat log paths are no longer supported. Wayk Agent no longer supports custom file download paths or friendly names. Language is no longer a per-user setting on Wayk Agent
- Wayk Agent and Client no longer share configuration data (in most cases). Wayk Agent uses the global configuration, Wayk Client uses the per-user configuration, and configuration is no longer inherited
- Custom personal passwords (SRP) are now stored in the system credential store (Windows Credential Store, macOS Keychain and Secret Store on Linux). Existing custom passwords will be migrated into the system credential store the first time you run Wayk Agent
- Software license agreement is updated to the November 2020 version
- Updated branding for Wayk Agent and Wayk Client

Fixed:
- Fix a data corruption issue that forced us to cap file transfer speeds on all platforms. File transfer speed is now uncapped
- Fix a potential crash in Wayk Agent on Windows when ending a session after using remote execution
- Fix an issue that could prevent properly upgrading to Wayk Agent on Windows if Wayk Now is running in another user session
- Fix an issue that could prevent Wayk Agent on Windows from being completely uninstalled when running the .msi and choosing "Remove"

ファイルのダウンロード Download
  • Adaware Antivirus Free Screenshot 1Adaware Antivirus Free Screenshot 2Adaware Antivirus Free Screenshot 3Adaware Antivirus Free Screenshot 4Adaware Antivirus Free Screenshot 5